楽しく、誤解なく (favemail.com)

Pocket

メールはすさまじいほどの便利さを誇るが、たまに妙な誤解を生む。そんなつもりで書いたわけじゃないのに、なぜそれほどまでに怒る!ということがたまにある。文字メディアの特性として文字以外の感情を伝えないということに起因しているのであろう。文字以外の感情は受け手(読み手)の想像力や気分に大きく左右されるから小説なんかは面白かったりするのだが、メールなどでその感情がネガティブに働いたときには手に負えない。さらにメールで弁解などすると泥沼に陥る場合が多いので、電話で直接話したり、相手の熱がさめるまでそっとしておく方がよかったりする。

さて、そんなメールに少しでも感情的なテイストを加えるべく、顔文字(^_^)が生まれたと思うが、favemailでは一歩すすめて、メールにFAVEと呼ばれるグラフィック、つまり「バナー」をつけられる。そのFAVEでこちらの感情なりをあらわしてあげよう、というのが狙い。

favemailではそのFAVEがずいぶんとたくさん用意されていて、渋谷のLOFTなどでカードを選んでいるときのような楽しさはある。またFAVEをカスタマイズしたり、最初から創ったりもできるから結構自在に「自分の感情」をFAVEで表現できたりする。また友人から送られてきたFAVEやそういった自分で作ったFAVEを自分のアルバムに保存できたりして、一種、コレクターのような楽しみも別にある。また、FAVEの中には時代の流れに素直な、広告入りFAVEも存在していて、そのFAVEからメールを受け取った人が商品を購入すればポイントが稼げる、というシステムにもなっている。

ただし受け取る方にしてみればなんだかなぁ、という感も否めない。だいたい、メールに画像がついてきた時点で、なんてことしやがるんだ!などと思ってしまうネットワークフレンドリーな方もいれば、広告じみたテイストから本来の趣旨とは逆にネガティブな感情が働いてしまったりする。

「文字メディアのメールに感情的テイストを」という狙いはよかったような気はするが、そのシステムの複雑さ(ごちゃごちゃさ)から、その感情的テイストがわかりにくいものになっているような気がする。

いまのところは顔文字が最も有力だということか・・・。

favemail

http://www.favemail.com/

メールにちょっとしたお遊びバナーを。

管理人の独り言『サイトの告知』

サイトの告知でよい方法があるだろうか。友人中心の告知もそろそろ限界。メーリングリストあたりで流すのがよいのであろう・・・。なにかクリエイティブな方法がないだろうか、と最近考える。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

手軽です (DISCOVER CARD.com)

Pocket

DISCOVERカードである。誰でも知っている。が、ここのサイトのDISCOVER DISK$HOPがすごい。

ここのサイトでDISCOVER DISK$HOPのプログラムをダウンロード、自分のクレジットカード情報(DISCOVERだけ、当然だが)を入力するとデスクトップ上に「バーチャルクレジットカード」ができる。これが便利。

ネットで買物をすると必ず住所や氏名、カード番号を入れなくてはいけない。そこでDISCOVER DISK$HOPの出番。カード番号などを入れるページの上に「バーチャルクレジットカード」をドラッグ&ドロップするだけ!名前、住所、カード番号などが一発で入力されるではないか。この手軽さ、すばらしい。

あまりの手軽さに今日はこれくらいの手軽さで筆をおくことにする。また明日。

DISCOVER CARD

http://www.discovercard.com/

クレジットカード情報を簡単入力。

管理人の独り言『メールに多謝』

最近、読者からメールをいただく。過去の記事についてここがよくわからなかったの質問から、こんなドットコムも知ってますまでいろいろいただいて感謝している。アクセス数も上がってきたようであるし、これからもがんばらなくては、と思いつつ睡眠時間を削る・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ローカルが強い国 (efrenzy.com)

Pocket

efrenzyってなんだか名前がわかりにくい。「FRENZY」と調べてみたら「熱狂、興奮」という意味なんだそうだ。

それはどうでもいいのだが。

さて、efrenzyではローカルの売り手と買い手を結びつける仲介業者である。サービスや製品を提供している売り手がefrenzyで登録すると、買い手が「これが欲しい、あれがしたい」というリクエストがきたときにefrenzyがその旨を知らせてくれる。そのリクエストに対して見積もり価格を提示、買い手は複数の売り手から提示された価格を見ながらサービスや製品を購入する。

サービスや製品のオークション版だと考えればわかりやすい。

このサービス、双方にとって結構なメリットがある。売り手は客が向こうからやってきてくれるし、買い手は複数の売り手からベストな選択が簡単にできる。しかもサービスや製品のリクエストが結構あいまいにできる。「○○日に飲み会をしなくてはいけないから、よさげな店を探してくれ」、とこんなリクエストでもefrenzyがよきに計らってくれ、サービスの売り手を探してきてくれる。

ただ、買い手がこのサービスを使うには売り手がたくさんいなくては魅力を感じない。いかに多くの売り手をefrenzyに登録させるか、がカギである。局所的なローカルにしぼって事業を展開すれば結構いいサービスかもしれない。

ただ、日本ではこのモデルちょっとむずかしい。なんといっても売り手のネット化が進んでいない。飲み会の例ではないが、こリクエストを出して受けるサービスなんてローカルなサービスが多いと思う。そのときにローカルな売り手がインターネットなんて知りません、などという人だと困る。ネット上の登録もできなければメールのやりとりもできない。結果として多大な人件費がかかるし。

こういったサービスがなりたつアメリカという国にちょっとだけ脅威を感じた。

efrenzy

http://www.efrenzy.com/

ローカルビジネスのマッチングサイト。

管理人の独り言『PiloWeb対応』

今日で連休も終わり。休日中はPiloWeb対応を成し遂げたので満足。PiloWebおよびPalmは実に優れているのでお勧めです。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

こころに優しいビジネス (half.com)

Pocket

half.COMではCDやビデオ、ゲームなど家庭でもういらない、といったものを受け付け、買いたい人に売ってくれる。流行りのオークションのようなC2C(Consumer to Consumer)系のビジネスモデルである。違うのは価格が全てhalf.COMで「定価の半額以下」に決定されていることである。というわけでオークションのように「競り(せり)」がない。競り落とせないのでは!なんて気苦労をする必要がない。

half.COM自体は在庫を持っていない。half.COMのサイトで品物を買いたい!という人がいるとhalf.COMはその品物を出品した人に連絡し、品物を送らせる、と同時に買いたい人からお金を徴収し、コミッションをちょっといただいた上で出品した人にお金をわたす。非常にシンプルなモデルである。

買いたい人も便利だが、売る人にもなにげにシンプルすぎて気持ちのよいサービスである。売る人は、自宅のいらないものをhalf.COMのサイトにリストするだけでよい。リストする際に品物を指定し、状態(よいとかわるいとか)を知らせるとhalf.COMが品物を査定してくれ、売値が確定する。あとは誰かが買ってくれるのを待つだけである。オークションのようにいくらで売れるんだろう?という気苦労をする心配もないし、ひょっとして安くうりすぎたんじゃないだろうか?などと売ってから思うこともない。

気苦労の多い現代人。やはり最後はシンプルなところに回帰していくのでは。心にやさしいビジネスである。

余談であるが、買いたいものがhalf.COMで出品されていなければ、half.COM上でオンラインショップにとぶことができる。そのときに複数のオンラインショップの価格がリアルタイムで表示されるので、価格を比較しながら購入できる。このリアルタイムで複数のサイトの値段をみてくる、というところ、すごい。便利だ。

half

http://www.half.com/

半額で物品売買できるサイト。

管理人の独り言『オークション』

いつかオークションを試したいな、と思っている。家にあるいらないものを売るという行為はこれからはやっていくだろうし、やはり自分で試しておかないと、と思う。アメリカではウルティマオンラインというネットワークゲームのアイテムをオークションで売り出し、売買成立した時点でゲーム上でアイテムを受け渡し、というわけのわからん状態らしい。うーん。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

管理しまくれ (pay my bills.com)

Pocket

pay my billsではその名のとおり、電気やガス、電話などの請求書の支払代行をしてくれる。

アメリカではこういった公共料金などはなぜか銀行自動引き落としができない。支払いは全部小切手である。月末になるとみんな請求書の山にかこまれて小切手をせっせと書いていたりする。ハイテクなんだかローテクなんだかよくわからない国である。

さて、pay my billsでは支払代行してくれる。たとえば、ガス代はpay my billsで払いますよ、とAさんがガス会社さんにいうと次から請求書はpay my billsの会社の方にいく。pay my billsはそれを受け取るとメールでAさんに「いくらいくらガス会社から請求がきています」と知らせてくれる。Aさんはそのメールを受け取ってpay my billsのホームページへ。そこでボタン一発で支払いを済ませることができる。必要なら請求書をスキャンしたデータを見ることもでき、明細が確認できる。

全てデータで管理できるところがよい。ガス代などの公共料金は結構いわれるがままに払っている。大抵管理されているものではなくて、生活に必要なものだから、といくら請求が来てもあきらめる。だんだん値段を気にしなくなる。今月のガス代ちょっと高くついちゃったなぁ、なんていっている人はあまりいないのではないだろうか。

pay my billsのように一括して公共料金の記録を管理してくれると、自分の支払いパターンを把握できてよい。節約のチャンスもぐんとあがるだろう。

管理していたようで管理していない、そんなことがまだまだたくさんあるのではないだろうか。そういったビジネスもありだな、と思いつき、なにも思いつかないまま筆を置く。

pay my bills

http://www.paymybills.com/

請求書管理サイト。

管理人の独り言『朝の空気』

朝の空気というのは気分がいい。特に朝の4時〜5時ぐらいは実に新鮮。夕方頃には人に吸われまくって吐かれまくってなんだか新鮮ではない。なんだか生ぬるい感じだ。朝の空気を吸うとやる気が出る。仕事も午前中調子がいいのはそのせいだろう。というわけで連休中も早起きが続く。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

待てぬなら待っててもらおう (webvan.com)

Pocket

webvanのオンライングローサリー(八百屋やスーパーとかという意味)では、予約した時間に注文した品物を届けてくれる。

このサイト、まずそのユーザーインターフェースの優秀さが目につく。機能的にして美しい。実に洗練されたサイトである。サイトのデザインでまず好感が持てる。実際これはオンラインショップの重要なポイントである。デザインのちゃんとしていないサイトは信用を失う。「信用としてのデザイン」がこのサイトではまず優れている。

webvanのビジネスモデルは今までのオンライングローサリーの頭を悩ませてきた配達というプロセスを実にうまく処理している。今までのオンライングローサリーでは、「配達時に人が誰もいないときにどうやって商品を置いてくるか」という問題を必死に解決してきた。その解決策がガレージに置く冷蔵庫であったりした。

しかしwebvanでは、「お客さんには家で待っていてもらおう」というように発想を転換した。ただし、いつ配達するかわからないのではお客は待ってくれない。webvanではまずオンラインショッピングの前に配達時間をネット上でお客に予約してもらうようにしたところがえらい。これでお客はストレスなく配達を待つことができる。webvan側としても配達スケジュールをたてやすくなり、配達員などのリソースを効率的に配分できる。

このwebvan、現在はサンフランシスコ周辺のベイエリアのみ限定でサービスを展開しているが、将来的には全米に広がっていくことであろう。

日本ではオンライングローサリーが流行るかは疑問であるが、「必ず人がいる時間帯に配達する」というwebvanのビジネスモデルを借りるとすれば、夜間だけのオンライングローサリーなんかは流行りそうな気がする。

webvan

http://www.webvan.com/

オンライングローサリー(食料品)。

管理人の独り言『連休です』

金曜日から3連休。いろいろ達成したいことがある。でもたくさんありすぎて、「あぁ、どうしよう!」なんて時は紙に書いてみる。そうすると意外にたくさんなかったりするものである。「たくさんやらなくちゃ!」という感情が絡み合って実際よりも多くのことをしなくてはならないような気になっている。気楽にいきましょう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

当初のねらいとその現実 (Odigo.com)

Pocket

ちまたで噂のOdigoをいまさら試してみた。Odigoでは「同じページを見ている人達とのコミュニケーション」が実現できる。

ネット上のコミュニケーションはメールからはじまり、掲示板、チャット、インスタントメッセンジャー(ICQなど)へ進化を遂げてきた。その最新形がOdigoである。

Odigoを立ち上げるとあたかもレーダーのような画面が現れ、そこに「同じページを見ている人達」がアイコンで現れる。その人たちは同じページを見ているわけだから興味が同じ、つまり話がはずむだろう、ということらしい。確かに論理的にはそうであろうが、実際に試してみると、5分ぐらいでそうだろうか?と疑問が湧いてくる。

だいたい、チャットなんかをしたいという時は暇なときである。ある特定の目的をもってページを見ている時は逆に忙しくてチャットなどはしたくはない。また、チャットをしたい時は話相手が大勢の中から選びたいのが心情。したがって、「暇だ」、「大勢の中から話相手を選びたい」、「大勢がいそうなYahoo!なんかにいこう」という順で思考する。

すると結局Odigoユーザーはアクセス数の多いであろう検索サイトやコミュニティサイトに自然あつまることになり、「特定の興味をもった人の集まり」が形成されるのではなくて「暇な人の集まり」が形成されるだけである。

Odigoが当初予想していた(多分)「ある特定の興味をもった人が集まり、そこかしこで質の高いコミュニティが形成される」という構想は、「暇な人がいままでと変わらないコミュニティを形成」するという現実になってしまっているのではないだろうか。

Odigo

http://www.odigo.com/

今同じページを見ている人とチャット。

管理人の独り言『またしても』

飲みすぎです。ごめんなさい。これが限界、とは思わないが酒とは恐いなり。でも楽しかった。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

アナログからディジタルの効率化 (Nuance.com)

Pocket

Nuanceでは音声認識のシステムを構築している。同社はいくつかデモ用のシステムを電話にて公開しているが(アメリカ国内ならばフリーダイアルで試用可能)、これが実に感動的である。電話の向こうにいるのはただのシステムのはずなのに、僕のような拙い英語でも飛行機の予約などができてしまう。「声による操作」の登場である。

この「声による操作」、ビジネスに与える影響はとてつもなく大きい。ネットとこの技術が融合すると、圧倒的なコスト削減、ユーザー数の増大が予想される。

ユーザーサポートセンターや予約センターを考える。高い人件費を払わずとも音声認識の技術があれば無人でも顧客へのサービスが実現できる。また、誰もが使っている「声という操作法」はそのままユーザー層の拡大を意味する。ネットの普及率が激増しているといっても、PCを買ったり、操作を覚えたりとハードルは結構高い。これらで実現できる機能がただ「しゃべるだけ」で実現できるならば誰もがすぐに使いこなせるだろう。

思うに、「情報の流れ」は究極的には「人」から「人」への伝達と思っている。簡単にいうと以下のようなものである。

(1) 人からの情報がディジタル情報に変換される。
(2) ディジタル化された情報が伝達される。
(3) ディジタル化された情報が人に理解される。

デジタル技術は上の(2)を飛躍的に効率化した。情報がディジタル化によって圧縮され、伝達効率が増大したからである。ただ、(1)と(3)に関してはまだまだ効率化の余地があると考える。

(1)はいわゆるアナログ情報を「ディジタル化」することである。いかに人間が知っている情報をディジタル化するか、いままではキーボード、マウス、ディジカメ、スキャナーなどがその役割を担ってきた。これらの方式は必ずしも万人にとって便利な方式であるとはいえなかった。これからはNuanceがこの作業に大きく貢献するはずである。「声」によるアナログ情報のディジタル化、これから爆発的に利用されていくことであろう・・・

ちなみに(3)の部分は、「デザイン」が貢献していくはずだと思っている。いかにディジタル情報を「効率よく」人に伝達するか、このサイトのテーマの一つでもある。

Nuance

http://www.nuance.com/

音声認識技術の提供。

管理人の独り言『ミッション』

「百式」とは?というページがなかったので、左側のメニューに「About」のページを設置、昨日から公開した。ただ昨日書いた「百式」のミッションがあまりにもこっぱずかしい内容だったのでちょっとまじめに書き直した。やはり夜遅く(朝早く)作業をしているとどうもだめだ・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ひとつの画面、多くの場所 (myWebOS.com)

Pocket

myWebOSでは、ブラウザ上でOSを再現してくれる。そう、「OS」である。現在myWebOSはベータ版であるが、その目指しているものにはなかなか夢がある。

myWebOSが実現するものは、「自分のPC」に縛られない自分だけのデスクトップ環境である。ブラウザさえあればそれが自分のデスクトップなのでどこにいこうが作業のやり方が変わらない。何台PCを持とうが、どこのPCを使おうが、同じ画面が現れるのだ。

となると、PCに必要なソフトは本当にブラウザだけになる。ブラウザだけのPCなど非常にコストを抑えて生産できるだろう。また、myWebOSで提供されるアプリケーションもWEBを通じて提供されるため、パソコンショップにソフトを買いにいかなくても、ネット上から買えたりするだろう。もしかしたらそういったソフトは買うものじゃなくて、使った分だけお金を払う形式になっていくかもしれない。

ただし、myWebOSがこういった使われ方をするには、ネットワークへの接続がストレスないほど高速なこと、魅力的なアプリケーションがmyWebOSで走ることが必須条件である。実現は簡単ではないだろうが、可能性のない話ではない。

PCの機能をすべてネット上に置いてしまうことによって、「自分のPC」とかいった概念が消えていく、そういった将来は結構楽しいかもしれない。この作業をやりたいからこのPCで、とか、こっちのPCにはあのファイルなかった!(よくある・・・)ということに悩まなくなり、より生産的な作業に時間が割けるようになる。

夢多し。

myWebOS

http://www.mywebos.com/

ブラウザがOSに。

管理人の独り言『読者?からのメール』

今日初めて、自分の知り合い以外の方からメールをいただいた。このサイトの最大のチャレンジは「毎日更新」なのだが、こういったメールは自分にとって最大の励ましとなる。学生の時にプレゼンテーションの練習法として、よく壁に向かって話をする仕方を訓練させられた。「壁」はご存知のように何のリアクションもしてくれない。結果として厳しい聴衆に対してもプレゼンができるようになるらしいのだが。これがつらいこと、つらいこと。こういった経験からも自分のしたことに対しての反応は否定的なものであって非常にうれしかったりする。これからもよろしくお願いいたします。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

「人間力」を鍛える (OpenTable.com)

Pocket

OpenTableではネット上でレストランの予約ができる。それだけである。i-modeの普及した日本から見れば、レストランの予約など電話でやればよいと思うのだが、アメリカではどうせレストラン情報はネットで調べるのだし、そのまま空席情報や予約などのサービスがシームレスに受けられれば、それはそれで便利、ということであろう。

こういったサービスは一見便利そうに思えるが、ちょっと考えると「?」な部分も多い。一番疑問なのはこういったサービスが、「人との交流を排除している傾向」にあることである。

レストランの予約などは店員と話して、店員の態度から店の雰囲気を察することができる場合も多い。確かに混んでいる時期(時間)にかたっぱしからレストランに電話するのは面倒かもしれないが、そういった店員とのやり取りはそれはそれで何かしらの店の情報を与えてくれるものであり、それは体験として人の中に定着する重要な知識である。

なんでもかんでもネットにのせてしまえばよいものではない、と思う。技術があまりにも進歩してきた現代だからこそ、人としての「感覚」を磨くことは怠らないようにしたい。

「人間力」とでもいうようなものを、こんな時代だから鍛えていきたい。

OpenTable

http://www.opentable.com/

レストランの空席管理システムを提供。

管理人の独り言『週末の更新』

ホームページの中には、「毎日更新」と思いきや、それは平日だけで週末はお休み、というところが多い。このサイトは毎日更新だが、それは当然、「平日だけ」ではない・・・だよね?うん、そう、そうに決まってるじゃん。葛藤する自分はなかなか手ごわい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。