アイデア商品 (Sharper Image.com)

Pocket

そういえば、最近あまり行かなくなったが、「王様のアイデア」という店が好きである。ちょっと変わったアイデア商品のお店であるが、眺めているだけで飽きることがない(あまり買わないが・・・)。

SHARPERIMAGEは「王様のアイデア」の米国版と思ってもらえればよい。アメリカで見かけるとつい立ち寄ってしまう。このSHARPERIMAGEのサイトでは、同店が取り扱っている商品を掲載している。なかなか愉快な(?)アイデア商品が揃っているのでお勧めである。

実際にサイトを見ていただきたいが、たとえば、現代版十徳ナイフのようなキーホルダーなるものが紹介されている。このキーホルダー、手をたたけばその音を感知してビープ音がなるためカギを無くす心配がなかったり、ちょっとしたドライバーがついていたり、はたまた20秒のボイスレコーダーになったりと、よくもこんなに詰め込んだねぇと感心する商品である。

また、一方では首にかけると冷風を発するという「Personal Cooling System」やら、机の上に置くデスクトップ冷蔵庫やら、インテリアっぽい(ちょっと怪しい)夏の夜に虫を集める機械だとか、怪しさ満点である。

本当に使うのかいな?という気はしないでもないが、発想の転換、話のネタにたまに覗いてみるといいかもしれない。

Sharper Image

http://www.sharperimage.com/

「王様のアイデア」米国版。

管理人の独り言『YONDA?』

今年も新潮文庫のYONDA?携帯ストラッププレゼントがはじまった。2冊単行本を買うと「必ず」もらえる!という仕掛け。去年は6冊買って3本もらった。今年も6冊買おう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

FLASHで踊れ (SwishZone.com)

Pocket

ウェブの技術はそもそも「標準」というものが極めてあいまいなのであるが、「多くの人が使っているから」という意味でデファクトスタンダード(事実上の標準)となっているものはある。

その1つがマクロメディア社のFLASHである。最初見たときはやたら感動したものだが、最近はあらゆるところで使いはじめられており、プラグインの中でもシェアナンバー1だとかなんとか。

ただ、そのFLASH、ちょこっとだけ使いたいんだけど、買うほどでもないし、覚えるのが面倒くさい、という人も多い。FLASHでムービーを作るにはそれなりのコツがいるし、たった1つの簡単なムービーを作りたい時に1から覚えるには時間がかかりすぎる。

SwishZoneでは、そのような人たちのために、「文字列が躍るFLASHムービーを作れるソフト」を提供している。SwishZoneのソフト自体はFLASHではないのだが、そのソフトが吐き出すファイルはFLASH形式である。FLASHを持っていなくてもそのソフトを使うことができる。もちろんSwishZoneのソフトで吐き出したファイルはFLASHで読み込んで編集することもできる。

SwishZoneのそのソフト、使い方は非常に簡単。文字列の「躍り方」を選んで、文字列を指定するだけである。文字が向こうからやってきて爆発するように消えていくだとか、一文字ずつ踊るように集合していくだとか、簡単に「おぉ!」ということができる。ちょこっとタイトルだけとかバナーだけとか使いたい場合には非常に便利であるので是非使ってみて欲しい。

そうそう、最近、日本語版もでたらしい。

SwishZone

http://www.swishzone.com/

文字列が踊るFLASHを簡単作成。

管理人の独り言『Diablo II』

lo II】
週末、お、Diablo IIが出ているじゃないか!と衝動買いしてはや2日。いかん、はまってしまった。昔もはまったが、今回もはまりそう。あまりゲームはしないのだが、Diabloだけは別だったりする。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

チャット内容を検索 (eNow.com)

Pocket

情報は、フローとストックの2種類に分けることができる。フロー情報とは、保存される必要のない、その時だけ意味のある情報である。対して、ストック情報は後々参照するために保存される情報である。

ネットの世界では、ニュースを含め、殆どの情報はストック情報である。しかしながらフロー情報もないわけではない。その代表的なものは「チャット」である。チャットで流れた会話は短期的には保存されるが、たいていの場合、それほど長い間保存されることはない。その場の会話をいちいち保存していても意味がないし、保存する容量だってたいへんなことになる。

ただ、そのようなチャットの中に実は自分のもっとも欲しい情報が流れていることがある。チャットは即時性の高いものなので、誰かがストック情報として情報をまとめる前にチャット上で情報が流れていることも多い(多分)。

eNOWでは、そのような「チャット」の会話を検索するブラウザプラグインを提供している。ChatScannerと呼ばれるそのプラグインでは、自分の興味のある語句で、過去5分以内のチャットの内容を検索してくれる。検索結果であるチャットセッションで会話を眺めたり、参加したりして、自分の欲する情報を得る、という仕組みである。

チャット、という情報に着目したところはすごい。が、掲示板でも同様のサービスを提供してもらいたい、とちょっと思った。チャットよりも掲示板の方が趣味別に構成されていることが多く、よりまとまった情報が得られるからである。

eNow

http://www.enow.com/

チャットのデータベース化と検索。

管理人の独り言『Illustrator』

strator】
今まで避けてきたのだが、どうもIllustratorを勉強しなくてはいけない時期にきたようだ。Photoshopはそこそこ使えるのだが、Illustratorは今までなんとなく苦手だった。ちょっとがんばってみよう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

誉めて伸ばす (Awards.com)

Pocket

誉めて伸ばす、という教育方法を実践しているのがアメリカという国である。何年かアメリカで教育を受けたことがあるが、その「誉め方のうまさ」には舌を巻く。どんなにとんちんかんなことをいってもとりあえず誉めてもらえる。

それがドライブとなってどんどん発言するようになって、クラスのディスカッションが活発になり、というようにいい循環を生んでいる。もちろん、叱って伸ばす方法も時には必要だとは思うが、やはり誉められて伸びる方が精神衛生上いいような気がする。

Awardsでは、その「誉める」ための道具をオンラインで販売している。具体的には賞状、楯、その他記念品を名前入りで販売するサービスである。誉められるときはやはり記念品があったほうがよい。しかもその記念品に自分の名前が刻まれていたらどうだろう。

日本では誉める、という習慣自体があまり根付いていないが、今後はこういった「道具」をうまく使うことによって、人を誉めることも多くなり、人間関係や仕事のアウトプットにおいて好循環が生まれるのではないか。

そう強く願う。

Awards

http://www.awards.com/

「誉める教育」のすすめ。

管理人の独り言『オールナイト』

ルナイト】
先行オールナイトでミッションインポシブル2を観てきた。友人と飲んでいたらなんとなくそんな気分になったのである。映画の批評は他に任せるとして、驚いたのは、午前3時ごろの回にもかかわらず、会場はほぼ満席だったことだ。さすが大都会、渋谷。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

常時接続で家からなくなるもの (Encyclopedia.com)

Pocket

友人がついにADSLを導入した。ADSLは地域限定なので、自分の家ではまだ試すことができず、NTTのIP接続サービス(正式名称なんだっけ?)も申し込んでみたら設備不足で待ってくださいとのこと。常時接続とはどんなもんだろう、と思いを馳せていたところでの友人からのお知らせだった。かなり快適らしい。感覚が麻痺するらしい。生活の一部としてインターネットが受け入れられるのである。わが家族にようこそってなもんである。

そうしてインターネットが生活の一部になり、情報が水や電気のように使えるようになると、それぞれの家で情報を確保しておく必要がなくなる。水道が敷かれたことによって、それぞれの家に生活用水を蓄えておく必要がなくなったのと同じことである。

それぞれの家に蓄えられている情報のうちの一つが事典、辞書の類である。前置きが長くなったが、Encyclopediaはネットを通じてその名のとおり、百科事典を提供してくれる。ネットが常時接続になり、気軽にネットが使えるようになると、百科事典などは家において置く必要がない。必要なときに最新の情報をネットから入手することができるのである。

それぞれの家に蓄えられている情報を、常時接続を見据えてネットに置き換えたところにビジネスがあるかもしれない。もう一度家を見回してみよう。

Encyclopedia

http://www.encyclopedia.com/

WEB上の百科事典。

管理人の独り言『2000年』

年】
2000年も半分が過ぎてしまった。2000年後半の初日は真夏かと思われる天気。後半は飛ばしていきましょう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

お手軽プレゼンテーション on the web (Presenter.com)

Pocket

新興ネット企業によるサービスによって、マイクロソフト社の製品はいらなくなる、という議論がある。ASPなどによって、ワープロや表計算をネット上で利用できるようになるとマイクロソフトオフィスがいらなくなるだろう、ということである。

そんな議論がされているなか、「マイクロソフトのオフィス製品なしにビジネスが成り立つか?いや成り立たない」という記事をどこかで見た。現実的にはビジネス社会にて使われているドキュメントの殆どがWORD、EXCEL、POWERPOINTで作られているというのだ。当分はマイクロソフト社の製品を使うしかないのである。

Presenterでは、そこのところを素直に捉え、POWERPOINTのファイルをWEB上にアップロード、配信できるサービスを展開している。ここでPOWERPOINTと言い切ってしまったところがよい。他のサイトでは、WEB上で新しくプレゼンテーションを作ったり、独自のWEB仕様のソフトを使用させたりするサービスも存在しているが、やはり過去作った資産を生かし、今後も他のビジネスシーンとの整合性をとるために、プレゼンテーションはPOWERPOINTを使うべきである。

さて、このPresenterのサービス、実に素直な出来である。Presenterでユーザー登録をし、POWERPOINTで作ったプレゼンテーションをアップロードする。その次に必要ならば、電話を使って、プレゼンテーションのナレーションを吹き込む。それが終了するとPresenterからアップロードされたプレゼンテーションのURLがメールで届く。あとはそのURLを顧客や取引先に配信し、プレゼンテーションをみてもらうだけである。非常に簡単である。また、電話で解説を吹き込める、というお手軽さもよい。

お手軽にプレゼンテーションを配信したい方は試してみてはいかがだろう。

Presenter

http://www.presenter.com/

WEBプレゼンテーションを実現。

管理人の独り言『お気に入り』

に入り】
Internet Explorerのお気に入りがどうも壊れてしまったようだ。自分のせいだが。しかし肥大化していたお気に入りを整理し、最初から作り直す、というのも楽しいはずだ。週末がんばってみます。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ホワイトボードの悩み (e-Beam.com)

Pocket

職業柄、ホワイトボードを使う。なにかを説明するときは話すだけでなく、図などを書きながらの方が効率的であるからだ。ただ、その書いた図は、後で書き写すのが面倒である。最近はコピー機能のついたホワイトボードがあるのだが、なぜか印刷のトナーが切れていたり、故障中であったりすることが多い。

e-BEAMではそのような悩みを解決してくれる。e-BEAMは、ホワイトボードに取り付けるちょっとした機械およびホワイトボードに文字や図を書くマーカーに取り付けるちょっとした機械を提供する。ホワイトボードにとりつけた機械からはケーブルが延びていて、それがPCにつながっている。それらの機械をホワイトボード、PC、マーカーに接続して、いつものようにホワイトボードに文字や図を書き始めると、あら不思議、リアルタイムでホワイトボードの内容がPCの画面に映し出される。

これはホワイトボードにつけた機械が、マーカーにつけた機械の位置を無線で読み取り、PC上にマーカーの軌跡を再現することによって可能となっている。また、マーカーにつける機械は色別に分かれており、色の違いをPC上で再現できる。PC上に再現された図や文字はすでに電子データとなっているので、印刷や保存は思いのままである。

このe-BEAM、もっと発展してくれば、PC上に再現された図や文字をネット上でリアルタイムに共有し、簡易ネットミーティングを開催することもできるようになるだろう(現在はそういった機能は提供されていない)。マイクロソフトのNetMeetingにもホワイトボード機能があるが、やはりホワイトボードは実際のボード上にマーカーで書いていくほうがしっくりくるし、アイデアも出やすい。e-BEAMを使えばリアルなホワイトボードをネットに統合することができそうである。

このe-BEAM、これらの機能がついて$549也。

e-Beam

http://www.e-beam.com/

ホワイトボードの内容をPCへ転送。

管理人の独り言『SONY版Palm』

版Palm】
SONY版Palmが発表された。ジョグダイアル、メモリースティックと予想されたスペックは搭載されているようだ。が、しかし、あのデザインはあれでいいのだろうか?もっと劇的に変わると思っていたのだが・・・次のモデルを待とう・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ことば遊び (I-C-U II.com)

Pocket

英語の言葉遊びは日本のそれとまた趣が異なり、「へぇ」などと素直に関心してしまう。本来の意味とは違うつづりだが、発音してみると本来の意味がわかるものはその1つである。

有名なものでは、インスタントメッセージングのソフトである「ICQ」。「ICQ」自体は意味がないが、発音してみると、「I seek you」となり、意味をなす。プリンス(今はなんと呼ばれているのだ?)などはよく歌詞で「You」を「U」と表現していた。このような遊びはチャットなどでよく出くわす。チャットではいかに早くタイプするかが重要だからである。以前チャットでカナダ人とたまたま話す機会があったが、「I 1 2 come to Japan someday」などといわれ、「1 2」で「want to(ワン トゥー)」と気づくまでちょっと時間がかかってしまった。

I-C-U IIもそのような遊びの部類に入る。「I see you, too」がその意味である。I-C-U IIでは、「僕(私)もあなたが見える」の意味どおり、ビデオチャットのサービスを展開している。ビデオチャットは、カメラがついたPCどおしをネットでつなぎ、相手の映像をみながら会話をする、といったものである。いわゆるテレビ電話である。この類のソフトはNetMeetingが有名であるが、この機能に特化している分、I-C-U IIの方が評価が高い、といわれている。

このソフトで遠く離れた外国人とチャットをして、英会話の練習ができるようなサービスが今後出てくるのだろう。そのときにはもっと言葉遊びが楽しめるはずだ。

I-C-U II

http://www.icuii.com/

ビデオチャットサービスを提供。

管理人の独り言『ねじまき鳥クロニクル』

まき鳥クロニクル】
友人に薦められて村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいる。村上春樹を読んだのは数年ぶりだが、おもしろい。おもしろいの定義は人それぞれにあるだろうが、自分の場合は、勢いをつけて読めるかどうかだ。今のところだいぶハイペースで読んでいる。うん。いい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

逆想 (Return Central.com)

Pocket

製造業をはじめ、ビジネス界ではサプライチェーンが流行している。おおざっぱにいうと、製造から販売までの流れを情報技術を駆使して一括管理し、効率的な製造、販売を実現する、といったものだ。

サプライチェーンを管理するソフトウェアは上記のような機能を実現するが、Return Centralではちょうどサプライチェーンの「製造から販売までの流れ」の「逆の流れ」をサポートする。一言でいってしまえば「返品業務」のサポートである。

Return Centralで提供されるソフトウェアは、WEBベースの返品業務をサポートする製品である。このソフトウェアを使えば、いままできちんと定義されていなかった返品ポリシー、手続き等をきっちり定義し、サプライチェーンに絡む事業部(企業)間にて効率的な業務が行える、という触れ込みである。

Return Centralは、その着眼点がよい。世間がサプライチェーンだと騒いでいるときに、ちょうど誰もが目を向けたがらない分野に着目した。返品業務は必要ではあるが、誰も考えたくないものであり、本当ならあってほしくない、と思っている業務である。

実在はしているが、心理的に人が見ることを嫌がる分野にビジネスチャンスがあるのかもしれない。

Return Central

http://www.returncentral.com/

返品業務の効率化。

管理人の独り言『再インストール』

ンストール】
ウィンドウズが調子悪かったため、再インストールにとりかかる。夜中ちょっと寝てからやり始めたのだが、やはり時間をとる。結局現在午前5時半。2時間しか今日は眠れていない・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

遥かなる地球 (Earth Browser.com)

Pocket

世の中は選挙一色であるが、党や区での争いを見ていると、大変であることは理解できるが、どこか滑稽なところもある。同じ人どおし、しかも同じ日本人どおし、もっと仲良くできないものか、と思う。

EARTHBROWSERでダウンロードできるソフトでは、世の中の喧燥から一歩離れ、我らが青く美しい地球をゆったりと眺めることができる。しばらく地球儀も見ていなかったので、この「地球」を見たときには軽い感動を覚えた。この「地球」の表面は衛生写真をもとに準リアルタイムで更新される為、限りなくリアルな地球が楽しめる。是非、自分のお手元で見てみて欲しい。

また、この「地球」はマウスによる回転、拡大、縮小はあたり前として、主要都市の気象情報、火山の活動状況、最近起こった地震状況を参照することができる。また、インターネットらしく、WEBCAMが設置されている都市からはリアルタイムでその都市の映像がネット配信される。

地球の美しさには、いろいろと考えさせられる。

Earth Browser

http://www.earthbrowser.com/

地球をリアルタイムで見ることができる。

管理人の独り言『選挙』


昨日は選挙一色であった。ちゃんと選挙には行ったが、あのような結果になるとは。さて、これからのお手並み拝見である。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。