紹介サービス (refer.com)

Pocket

ヘッドハンティング、という職業がある。よりよい職を探している人と、人材を求める企業とのマッチングを行う職業である。基本的にそのようなマッチングはさまざまな利害関係から秘密裏に行われることが多い。

ただ、このシステムはネットを使うとさらに効率的かもしれない。「自分の友達はもっといい仕事につくべきだと思うな」とか「この仕事だったらあいつがなんでやらないんだろう」と思うことは多々ある。

referではその名のとおり、お友達に仕事を紹介できるサービスを展開している。しかも紹介することによってお友達が仕事を得た場合、自分にキャッシュバックされる、という仕組みだ。まさに今までヘッドハンターがやっていたことを個人でも可能にしてしまおう、というサービスである。当然紹介の際の匿名性は保持される。

ネットの特性の一つに「匿名性」というものがあるが、そのような意味で「紹介」という行為はネットと相性が良い。他の「紹介サービス」もネットを使えばよりユーザーベースが広がるのではなかろうか。

refer

http://www.refer.com/

匿名による人材紹介サイト。

管理人の独り言『ひさしぶりに』

ひさしぶりに伯父の家に遊びにいってきた。伯父は川柳をたしなむため、やたらと新聞記事に詳しい。朝1時間新聞とにらめっこして川柳をひねりだすらしい。そんな伯父の一言はなかなかうまい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

日本独自? (PaxZone.com)

Pocket

流通経路としてのコンビニは日本の専売特許、でもないらしい。

PaxZoneでは、家を留守にしがちの人のために、小包の受け取り先を近所のスーパーや本屋とすることができるサービスを提供している(まだ地域限定だが)。

サービスの仕組みは以下のとおりだ。

まず、サービスの利用者はPaxZoneのサイトにて近所のスーパーなどを自分用の「お届け先」として登録する。その後、ネットショッピングをする際には「お届け先」をPaxZoneで登録した近所のスーパーなどに指定するだけでいい。

商品はそのスーパーに郵送され、届いた時点でPaxZoneから利用者にメールが届き、その時点で自分の都合のよいときに近所のスーパーなどで商品を受け取る、といった仕組みだ。

日本ではコンビニがその役割を担っており、日本のネットショッピングはコンビニが変える!といった意見がよく聞かれるが、コンビニに限らず、「日本独自」は本当にそうなのか、もう一度吟味してみる必要がありそうだ。

日本独自ではなく、他の国でも実施されていることがわかったならば、それはそれで研究の余地があるからだ。

PaxZone

http://www.paxzone.com/

荷物の受け取りを近くの商店で可狽ノする。

管理人の独り言『japan.internet.com』

japan.internet.comさんにコンテンツ提供を行うことになった。トップページの「WEBビジネス」カテゴリーに、百式の今日のドットコムが紹介されます。内容は1日遅れで一緒です。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

間違ってはならない情報 (ePOCRATES.com)

Pocket

情報、情報と一口にいうが、情報はその正確さがどれだけ要求されるかによって、扱いが大分違う。

たとえば、ネット上の情報でも、掲示板の書き込みに誤字・脱字があっても殆ど誰も困らないが、銀行の明細情報に0が一つついただけで多くの人が困ることになる(または喜ぶことになる)。

当然後者の「絶対まちがってはならない」情報はそれなりの対応をしなくてはいけないが、そのような情報の中でも絶対に間違ってはいけないのは医療情報である。

ePOCRATESでは携帯情報端末向けの薬剤情報提供サービスを展開している。ePOCRATESのサイトからはPalm及びPocket PC用の閲覧ソフトウェア及びそれに準拠した薬剤情報をダウンロードできる。

ユーザーであるお医者さんは定期的に薬剤情報をダウンロードし、最新の情報を常に自分の手元におき、必要に応じて参照しながら医療業務をとり行うことができる。

常に正確な情報を活用することによって、一人でも多くの人を救って欲しい。

ePOCRATES

http://www.epocrates.com/

処方箋情報ポータルサイト。

管理人の独り言『合宿』

KNN神田さんのご好意で、関西でセミナーを開くことにあいなりました。いままでのリサーチ結果が少しでもみなさんのお役にたてれば幸いです。詳細はこちらから。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

自動サーフィン (Robocast.com)

Pocket

ウェブを見ながらランチを食べていて、汚れていない指なんかで無理にマウスを操ってウェブサーフィンしたり、検索サイトの検索結果を見ているときに「進む」、「戻る」ボタンを多用したりしなかったり。

そんな不便をRobocastは解決してくれそうだ。

RobocastのSEQUENCE ENGINEを使えば、PLAYボタンを一回押すだけで指定したWEBページ群を次から次へと紙芝居のようにめくっていってくれる。

検索エンジンで出てきた検索結果リストもRobocastを使えば、リストの最初から次々とページをめくっていってくれるため非常に便利。また、ページをめくっている間もさまざまなコントロールが可能で、巻き戻しや一時停止は当然、めくる速さの調節などもできる。また、次のページにいくまでにどれぐらいの時間があるか、ページ上部にゲージで示されるのも便利だ。

「ウェブサーフィンの自動化」というこのスタイル、次のトレンドたりえるか。

Robocast

http://www.robocast.com/

複数のサイトをパッケージ化して送信。

管理人の独り言『20kmマラソン』

に朝5時起床で参加。目標通り「歩かずに」完走。でも遅かった。腹筋ばかりしていても足は速くなりません。無念。軽く抜いていってくれた鶴保祐介くん(HP)、途中で棄権した篠原誠くん(電通)、一緒に走ってくれてありがとう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

まずは自分のPCを知る (PC Pitstop.com)

Pocket

WindowsもMillennium Editionが発売され、Windows 2.0なんてのを知っている自分からすれば、かなり使いやすくなったなぁ、と感慨深いものがある。

ただ、使い方が簡単になったため、「裏」がよく見えなくなった。最近はDOS窓を開くこともDOSで起動することもない。そうなると、コンピュータってどうやって動くんだっけ?ということに対しての理解が低くなり、トラブルが起こったときにどうしていいやらさっぱりわからない。ある程度仕組みがわかっていれば何らかの対策が浮かぶのであるが。

PCの知識をつけるにはまず、自分のPCを知ることからはじめましょう。

PC Pitstopでは、ブラウザを通して自分のPCをがんがんチェックしてくれる。そのがんがんさたるや、ちょっと怖いぐらいなので自己責任で試してもらいたい。

PICPITSTOPでチェックが終わった後は、それぞれのコンポーネントごとに状態及び、あまりよくない状態の場合はそれに対する処置方法を示してくれる。ハードディスクの速さが充分でないからデフラグをかけた方がいいよ、といった具合だ。

まずは自分のPCに興味を持つことからはじめ、あぁ、コンピュータってこんな仕組みなのね、とわかれば、PCとのいい感じのお付き合いができることでしょう。

PC Pitstop

http://www.pcpitstop.com/

あなたのPCの状態をWEB上で診断。

管理人の独り言『恩師』

今日は大学の恩師の誕生日パーティー。恩師には公私ともども半端じゃなくお世話になっており、ある意味、自分の人生を変えた人です。パーティーは異常な盛り上がりを見せ大成功。恩師にはいつまでも健康でいてほしいです。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

希少リソースの有効活用 (Top Tutors.com)

Pocket

家庭教師もついにオンライン化。Top Tutorsではネットを通じて家庭教師に勉強を教わることができる、というサービスだ。

教師と生徒はWEB上の同じ画面をみながら、Top Tutorsが用意した教材を一緒に解いていく。わからないところがあればその場で聞けるし、解き終わった問題はその場で採点してくれる、という家庭教師のよさはそのままだ。

また生徒の出来によって、StarPointというポイントがもらえて、ポイントがたまれば、生徒はTop Tutorsが用意したプレゼントをもらうことができる。オンライン学習というとモチベーションが落ちがちだが、このような仕掛けによって、楽しく学習できるようにしている。

家庭教師を雇う際に問題は、優れた家庭教師はなかなかつかまりにくい、ということである。ただ、このようにネットを活用することにより、優れた家庭教師の受け持てる生徒の数を増やすことができる。通勤時間はなくなるし、授業のできる時間帯も増えることであろう。

「希少なリソース(この場合は優れた家庭教師)の有効活用」を考えたときに、ネットの技術がどのように活用できるか、そこを考えれば「希少なリソース」をもっと使い込むことができるだろう。

Top Tutors

http://www.toptutors.com/

オンライン家庭教師。

管理人の独り言『パスネット』

私鉄間共通のプリペイドカード(でも改札通れるやつ)、「パスネット」が今日から運用開始。これは便利そうだ。JRも乗り入れできればいいのにな。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

言語を超える (AMIKAI.com)

Pocket

「AMI」はラテン語の「友達」、「KAI」は日本語の「界」。友達の世界を広げましょう、という素晴らしいサービスが存在する。

AMIKAIでは多言語間でコミュニケーションを促進するための同時自動翻訳技術をもとにした、チャット、メール、ブラウザのサービスをASPにて提供している。

今はまだBETA版であるらしいが、実際に試してみたら、これが結構いける。英語から日本語への変換なんか、難しい慣用句でなければそこそこ意味が通じる。しかも速い。WEBを通じてこの速さであれば、チャットでの同時翻訳も充分実用的であろう。

実際、AMIKAIでは今回のシドニーオリンピック開催時にさまざまな国の人が母国語で他の国の人とチャットできるようにOlympic Chat開催まで行っている。

言葉を超えて世界中の人とコミュニケーションがとれる。夢だと思っていた世界が現実としてここにあった。

なんだか気分のいいサービスである。

AMIKAI

http://www.amikai.com/

翻訳してくれるWEBアプリケーションを提供。

管理人の独り言『無念だ』

今日は合気道の稽古だから早く帰ってきて準備をした。まだ稽古まで20分ぐらいあるのでソファで本など読んでいたら案の定、居眠り。起きたらとっくに稽古は終わっている時間なり。無念。だめな感じだ。しゃあない、家で運動だ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

サービスの通信化 (SelectPlay.com)

Pocket

どうも昔からゲームにはすぐ飽きてしまい、投資効率がかなり悪い。

だったら、好きなゲームだけ好きなだけ遊んで、遊んだ分だけ払ってね、という、ありそうでなかったサービスをはじめたのがSelectPlayだ。SelectPlayでは市販されているCDROMタイトルのゲームを上述のような料金体系でネットワーク経由で楽しむことができる(広帯域幅必須)。

カラオケが通信カラオケになったように、ゲーセンもいずれ通信ゲーセンになり、プレステも通信プレステになるのだろう。そう考えるとサービス業は全部通信化していくのかもしれない。

「通信ウェイター」:中央管理されたサーバーから状況に応じてイヤホンを通じてサービス方法を指示。マニュアル要らず。

「通信手相占い」:あの虫めがねに実は無線通信機能。手相を瞬時にデータ転送。結果は1秒以内に虫めがねに表示される。

「通信おまわりさん」:まじでなんでも知っている。

なんてね。

SelectPlay

http://www.selectplay.com/

遊んだだけ払うオンラインゲームサイト。

管理人の独り言『忘れていたが』

今週末は河口湖マラソンではないか。でも正式名称は「勝沼ぶどう郷トークマラソン大会」というもの。トーク、らしい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

新システム構築手法 (CrossCommerce.com)

Pocket

SCM、SFA、CRM、ASPなどの3文字言葉にCSP(Commerce Service Provider)が加わりそうだ。e-Commerceを構築する上でのモジュールを切り売りしてあげましょう、というサービスである。

e-Commerceの技術もだいぶ成熟して、その一つ一つの技術は標準的な部品として扱えるようになった、ということらしい。

CrossCommerceでは、そのようなCSPサービスを展開している。CSPを使えば、e-Commerceサイト構築期間が劇的に短縮される。

思うにWEBにおけるシステム構築はいままでのシステム構築論とは違い、短期間で「設計>開発>テスト>運用>効果測定>再設計>」と繰り返していくアプローチでなければならない。いままでの「じゃあ、このシステム作ったからあとはよろしく使ってね」ではすぐに時代遅れのものになってしまう。

ウェブ時代の新システム構築方法論、ここが次の勝負どころであろう。

CrossCommerce

http://www.crosscommerce.com/

Commerce Service Provider。

管理人の独り言『好きな女優は?』

ときかれたら、Rachael Leigh Cookです。と答える自分が相当かわいいと思う。でも女優として好きなわけではないかもしれませぬであられえるさ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

メールという知識 (TACIT.com)

Pocket

新しい技術を学んでいて困ったときに一番役に立つリソースは、メーリングリストの過去記事検索だと個人的に思う。

データベース構築やプログラミングをたまにやったりするが、つまったときはそのような技術専門のMLサイトに行って過去記事検索をするとだいたい解決する。メールという形式の「知識データベース」はその読みやすさもさることながら、メールをするだけでデータベースが出来上がる、という構築の容易さもあいまってかなり有用なものであると考える。

と、同じことを思ったのかはわからないが、TACITでは、メールのやりとりを「知識データベース」として構築・活用する技術を提供している。社内でとびかっているメールから、「だれがこの顧客とコネクションがあるか」、「こういった問題が発生したときにどのように対処するのがベストか」といった「知識」を抽出する、という仕組みだ。

当然のことながらTACITではプライバシーの問題も考慮しており、TACITの知識データベースに掲載する「知識」は個人が設定することができるので安心である。

インターネットの真のキラーアプリ、メールをどこまで「社内の知識」として活用するか、が今の企業にとって実は一番必要なのかもしれない。

TACIT

http://www.tacit.com/

メールをベースとしたナレッジマネジメント。

管理人の独り言『体操は』

器械体操はやはりいい。自分の限界に挑戦だ。現役時代にもっと果敢に技に挑戦しなかったことが悔やまれる。なり。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。