辞書のよさ (Tech Encyclopedia.com)

Pocket

情報革命というが、それはとりもなおさず情報洪水でもあったりする。特にIT系の用語は常に勉強をしていないとあっという間にわからない言葉だらけになる。

Tech EncyclopediaではIT関連用語の「定義」を簡潔に説明してくれる。

このサイトの良いところは、ご丁寧に図解できるものは図解されていて、直感的な理解を促進してくれるところだ。またIT系の資料なんかを作っているときはそのまま流用できたりして便利だ(社内資料に限りましょう)。

また、さらに便利なのはそれぞれの語句説明の最後についているリンクである。このリンクでは、

・アルファベット順で前後に並んでいる語句へのリンク
・検索した用語を部分的に含む語句へのリンク

を表示してくれる。

思うに紙の事典・辞書の良かったところは、一つの用語を調べたらその前後に何が載ってい るかを無意識に見ていてついでにそれらも勉強してしまう、といったことだった。

今までのデジタルな事典・辞書は検索性に優れているが、その一語だけしか説明してくれなかったため、上述のような利点がなかったが、このサイトは上のように「紙の辞典・辞書」のよいところを引き継いでいる。

アナログのよいところは受け継ぎつつ、デジタル化をすすめている良い例である。

Tech Encyclopedia

http://www.techencyclopedia.com/

技術系用語を丁寧に解説。

管理人の独り言『合気道』

また合気道にいってきた。先生が行う簡単そうに見える動作一つも実は練習に練習を重ねないと習得できないものだと(ちょっと)悟り愕然とする。お、奥が深い。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

リッチネス・リッチー (Sticky Tools.com)

Pocket

昨今の「良いWEBサイト」の基準として「スティッキーネス」というものが取りざたされている。

「スティッキーネス」とは「ねばつき度」とでも訳されるのだろうが、サイトにどれだけユーザーが滞在するかを計る尺度である。ユーザーがサイトに長くいればいるほどいいサイト(字余り)、というわけだ。

そうだろうか?用途によってはさっと用事をすませて旋風のごとく帰りたい人もいるだろう。思うに、どうもスティッキーネス、というよりは「あぁ、これもある、あれもある、うれしい!」などというコンテンツの「リッチネス」(豊かさ)が結果として「スティッキーネス」を増加させているような気がする。「スティッキーネス」はあくまで間接的な尺度だと思うのだ。

そこらへんを正しく理解した上で自分のサイトの「リッチネス」(改め「スティッキーネス」)を増加させたい人にはSticky Toolsがおすすめだ。

Sticky Toolsにはいわゆるサイトの部品が並んでいる。無料であなたのサイトにお使いください、さすればユーザーはあなたのサイトに長く滞在してくれることでしょう!という謳い文句が聞こえてきそうだ。

そのような部品にはラジオステーションや株価表示、計算機やおすすめリンクなんかがある。

自分のサイトに来る人のニーズを見極めた上で、サイトのリッチネスを増強するためにこのような「スティッキ−」なツールを使いこなしていきたいものである。

Sticky Tools

http://www.stickytools.com/

スティッキーなサイトを作るためのツールを提供。

管理人の独り言『DATASECTION』

DATASECTIONさんに遊びに行きました。あれやらこれやらでいろいろ盛り上りました。末永くお付き合いしたいものです。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

マニュアル好き (LiveManuals.com)

Pocket

LiveManualsでは、製品マニュアルをWEB上に掲載し、製品を購入した人が必要な時に限って見つからないマニュアルを一生懸命探す手間をなくしている。

また、製品を実際買った人でなくても、買おうとしている人にとっては、実際にどのような機能が製品にあるか、マニュアルを参照することによって事前に確認できる。

そのためにLiveManualsでは、LIVEPRODUCTという機能を実装しており、そこではサイト上で実際の製品をマウスでいじくりまわすこともできる。こっちのボタンを押してみるとここが動く、などの動作を確認できるのだ。

さらに、LiveManualsでユーザー登録すると、自分が持っている製品及びその保証期間を登録することができる。この情報によって、簡単に自分の購入した製品のマニュアルを参照したり、故障したときに保証期間が切れているかどうかを確認できたりする。

メーカー側にしてみても、購入履歴情報により、効果的なプロモーションをうてる。「カメラに興味がある」という情報より「○○製のデジカメを所有している」という情報の方が価値が高い。

あとは掲載製品の充実を待つのみかな。

LiveManuals

http://www.livemanuals.com/

マニュアル・保証書をオンラインで管理。

管理人の独り言『友人に誘われて』

ネット系の集まりに行ってまいりました。面白かったです。刺激を受けまくって帰ってきました。人に会うのはやっぱり好きだ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

コンパニオンのすすめ (nSeeker.com)

Pocket

COMDEXでは有名企業よりもアジアのベンチャーの方が元気があって個人的にはエキサイティングだったのだが、nSEEKERもそんな企業のうちの一つだ。

nSEEKERではメタ検索エンジンがダウンロードできる。「メタ」とは「超える」とかいう意味である。メタ検索エンジンといえば検索エンジンを超えるエンジン、すなわち複数検索エンジンを同時に検索することを指す。

このnSEEKERを使えば一回キーワードを入力するだけで、複数の検索エンジンを同時に検索することができる。Yahoo!で検索して、gooで検索して、とあっちこっちいかなくてもよいのだ。

こういったメタ検索エンジンは既に他のサイトでも提供されているが、nSEEKERは次の2点において優れている。

まず、nSEEKERでは検索結果で出てきたURLをスライドショーのように次々と表示してくれる機能がついていて、それがかなり便利である。あるキーワードで探してきたサイトが次々と表示され、興味のありそうなサイトが出てきたら表示をとめてじっくり見ればいいのである。今までのように1つずつURLをクリックしていた手間が省ける。また暇な時にこのようにネットサーフィンするのも結構おつである。

次に検索結果を後日使うときのために保存、管理できるのがよい。フォルダー構造でもって、これは仕事のためにした検索、これは趣味のため、と分けて保存しておくことができる。あとで「あのとき調べたサイトどれだっけ?」などという時に便利である。

メタ検索エンジン、って便利だなぁ。

nSeeker

http://www.nseeker.com/

メタ検索エンジン。

管理人の独り言『なべ』

友人と鍋。最近百式の更新が遅い、遅くても謝らない、腹筋やっていないとかさんざん言われた。やれ、そろそろ気合入れねば。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

コンパニオンのすすめ (Kick.com)

Pocket

Kickでは、Music Companionというソフトウェアがダウンロードできる。

MP3等の普及のおかげでPCで音楽を聴く人たちが増えてきた。PC上の主な音楽プレイヤーはWinampやReal Jukeboxがあるが、それらで「今」再生している曲に関連のある情報をMusic Companionはリアルタイムに表示してくれる。

例えばPC上でマドンナの曲を聞いていたとしよう。するとMusic Companionには自動的に今聞いている曲のアルバム情報、マドンナに関連するニュース、マドンナのバイオグラフィー等々が表示される。次の曲がベイビーフェースの曲だとしたらMusic Companion上の情報はベイビーフェースのそれに自動的に変わる、といった具合だ。

また、Music Companionは今まで聴いた曲からその人がどんな音楽に興味があるか学習しする、という賢さだ。

今起動しているプログラムを自動的に検出し、関連する情報を自動的に表示するという、「Companion」のコンセプト、結構素敵かもしれない。

今メールを書いている人のプロフィールが自動的に表示されるE-mail Companion、今書いている論文に関連する記事が自動的に表示されるWord Companionなんてのもできそうだ。

Companion、おすすめです。

Kick

http://www.kick.com/

今PCで再生している曲に関連する情報を提示。

管理人の独り言『ふらふらと』

呑みに行ってしまいました。いやぁ、いろんなことがあるものです。この季節、忘年会だパーティーだと大変できすが、飲みすぎには注意しよう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

持ち主を探してあげるさ (Unclaimed Baggage.com)

Pocket

世の中には不思議なこともあるらしく、空港で受取人が見つからなくて置き去りにされる荷物が結構あるらしいのだ。

当然航空会社が持ち主調査を行うのだが、90日を過ぎて持ち主が見つからない場合、その荷物は「持ち主不明荷物」として処理される。

Unclaimed Baggageではそのような置き去りになった荷物の販売を行っている。ちょっとうしろめたいビジネスではあるが、持ち主がいないならしょうがないのである。

しかしビジネスとしてはきちんと価値を提供している。なにせ、旅行に持っていくぐらいだからそれらの荷物は、ある程度新品かつ完動品が多いのである。実際これらの荷物を一度購入した人はリピーターとして定着するぐらい成功しているビジネスらしい。

また、注目すべきはこのサイト中の「What is it?」のコーナーである。これは持ち主不明荷物の中でも「なんだよ、これ?」といった荷物を取り上げており、その用途をみんなで当てましょう!というコーナーだ。なんだか不思議なアイテムが並んでいるので見ているだけでも楽しい。

持ち主がいなくなったアイテムにまた持ち主を提供、と考えるとちょっと感動的なビジネスかもしれない。

Unclaimed Baggage

http://www.unclaimedbaggage.com/

持ち主がわからなくなった荷物を販売。

管理人の独り言『合気道』

まず更新が遅れ申し訳ない。さて昨日は実に久しぶりに合気道の稽古へ。なんだか体が覚えていた動作をいろいろ忘れていて結構とまどってしまった。年末で忙しいがなんとか時間を見つけて稽古にはげむさ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ペットと情報技術 (neopets.com)

Pocket

ペットは欲しいが世話が面倒、だったら最近流行りのロボット系と思うがお金もない。つまるところ、ロボットにしろリアルにしろそもそも場所がない、なんていうむきにはわりとneopetsは素敵かもしれない。

以前このサイトを見つけた時はたまごっちとポケモンを足してみました、というぐらいの印象しか持たなかったが、今一度見てみるとこれがなかなかよく出来ている。

サイト上でユーザー登録すると自分だけのバーチャルなペットが作成できて、餌をあげたり、芸(魔術みたいなんだな、これが)を憶えさせたり、他のペットと交流してみたり。それだけなのだが、なかなかよく出来ていて下手なゲームよりちょこっとだけおもしろいかもしれない。

ペット、というコンセプトがここに来て急激に変化をとげてきているような気がする。かわいがるリアルなペットから世話のいらないロボットペットへ。その次には買い物をしてくれたり子育てをしてくれたりするペットが出てくるのだろうなぁ。

ペット、というメタファーが情報技術と融合したときのサービスって結構あるのかもしれない。

neopets

http://www.neopets.com/

WEB上でペットを買いましょう。

管理人の独り言『漫画喫茶』

漫画喫茶にて深夜まで原稿書いていたらすっかり体調が崩れ気味。いかん。でも原稿書くのには最適です、漫画喫茶。なんていっても漫画、雑誌とネタには困らない。下手な喫茶店より安いし。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

心をもつ (Here2Listen.com)

Pocket

情報革命の次は、絶対、精神革命だ!というと大抵の人はひいてしまう。「何言っているのだ?」という冷たい視線だ。

ただ、進みすぎた技術に精神的な面がついていっていないような気がする。アトランティス大陸の例をひくまでもなく(実在したとすれば)、高度文明が間違った技術の使い方をすれば悲惨な結果が待っているのは極めて明白であろう。

精神的な修養をどのように行えばよいか、それは個人それぞれで考えていくのが一番よいと思うが、大事なのは、常にそういった意識を有して生活していくことであろうと思う。

Here2ListenではWEBを通じてのカウンセリングサービスを提供している。ここでは、さまざまな悩みを抱える人たちとの対話もできるし、必要であれば専門家の意見も聞くことができる。

WEBを通じてのこのようサービスが登場してきたこと自体、どこかにゆがみが生じてきている証拠ではないか、と思うのである。

心をしっかりと持とう、と思う。

Here2Listen

http://www.here2listen.com/

精神を病む人のための情報サイト。

管理人の独り言『漫画喫茶』

漫画喫茶は恐ろしい。待ち合わせ時の時間調整に非常に便利なのだが、長編漫画を読み始めると待ち合わせ時間ぎりぎりまで読んでしまい、用事が済んだ後も結局戻ってきて最後まで読んでしまう。いかんな。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

これに対応 (NAVIXO.com)

Pocket

NAVIXOはショッピングサイトを楽しく、便利にするためのブラウザプラグインである。

NAVIXOを導入すると、NAVIXO対応のショッピングサイトであれば、サイトマップ、お得情報なんかがブラウザのツールバーからアクセスできるようになる。またツールバーの外観を自由に変えられるスキン機能などもついていて、なかなか楽しげ。

この「ツールバー」というところに着目したところが、なかなかである。たしかに「今週は書籍の送料無料!」などのプロモーション情報はツールバーに「お得情報!」と書いてあった方がついクリックしてしまったりする。

またサイトマップも結構必要であるにもかかわらずわかりにくいところにあったりするので、ツールバーの左上に位置しているのは、なかなかポイントが高い。

さらに、このNAVIXOは直接的には消費者にメリットがあるものだが、NAVIXOはショッピングサイトに「あなたのサイトをNAVIXO対応にしませんか?」と持ちかけることによってB2Bのモデルを確立しているところも、なかなかである。

なかなか、という言葉が大変気に入っている今日このごろである。

NAVIXO

http://www.navixo.com/

今見ているサイトに関連する情報をツールバーに。

管理人の独り言『久しぶりに』

久しぶりにPCゲームなどやってしまった。COMDEXで衝動買いしたものだ。やり始めてみると、なんと、マシンパワーが足りないのか、動きが鈍い。そろそろ買い替え時かなぁ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

コミュニティ予測 (OPION.com)

Pocket

今、ここでこうして文章を書いている瞬間に、世界中のネット上の掲示板、チャットボードにどれだけの情報が入力されているか考えると、ちょっとくらっときてしまう。

よくよく考えれば、そういったコミュニティ内での情報はそこから外へ出ることはめったになく(例外はあるが)、それぞれのローカルな範囲で消化されていく。

そのようにローカルで静かに消化されていく膨大な情報をなんとか活用できないだろうか。

OPIONのREALTIME TRENDS技術はそういったコミュニティの活動から市場のトレンドをリアルタイムに抽出、分析、そして予測する。

また、この技術を使えば、分析の対象となる情報は一般に公開されている情報であるため、プライバシーの問題に抵触しない点も利点である。

Internet-Based Market Forecastignと呼ばれるこのOPIONの手法、はたして今後のトレンドとなりうるか?

OPION

http://www.opion.com/

コミュニティからマーケットを卵ェする技術を提供。

管理人の独り言『村上春樹』

村上春樹にはまりぎみです。小説って、文章って、何がおもしろくて、何がおもしろくないか、そんなことをつらつらと考えてしまいます。うまく言えないけどそんな感じです。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。