子供の教育 (iGrandparents.com)

Pocket

iGRANDPARENTSでは、おじいちゃん、おばあちゃんのためのコミュニティサイトを提供している。ただ、このサイト、ただの高年齢層向けのサイトと異なり、「おじいちゃん、おばあちゃんがどのように孫と接するか」に特化してサービスを提供している。

サービスの内容は、孫とどう接するべきかの記事、孫に関するディスカッションフォーラム、孫と一緒につくるホームページ、My GRANDCHILDRENなる孫管理(!)のためのページ、など盛りだくさんである。これだけの機能を使いこなせるサイバーおじいちゃん、おばあちゃんが現在どれだけいるかちょっと疑問だが、子供の世界にネットがどんどん浸透していることを考えると、おじいちゃん、おばあちゃんも多少努力して勉強してみてもいいかもしれない。

ただ、そのようにおじいちゃん、おばあちゃんがネットの世界を学ぶよりも、孫がこのサイトを通じておじいちゃん、おばあちゃんから学ぶことが多くなる方が個人的には重要だと思う。

親が持っているものより深い、おじいちゃん、おばあちゃんの知恵みたいなものが現代の子供には必要ではなかろうか、と思った。

iGrandparents

http://www.igrandparents.com/

祖父母と孫のためのコミュニティ。

管理人の独り言『Napster』

ついにNapsterに業務停止命令が・・・が、Gnutellaもあることだし、オンラインファイル交換はしばらくなくならないだろうな・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ビジネスの常識とマーケットの常識 (Babylon.com)

Pocket

私事ではあるが、父は昔、翻訳ソフトウェアの開発を行っていた。自分が小さいころは家に翻訳機のプロトタイプがおいてあって、よく英語の宿題などをやらせてみたものである。拙いタイプ技術でもその魔法のような技術に魅せられて一生懸命英文をタイプした思い出がある。思えばそのころから機械が好きになったのかもしれない。

最近はそのような翻訳技術も市販の翻訳ソフトに収まるようになり、あんなに働いていた父の努力が1枚のCDROMに収まったのをみると、ちょっとだけ複雑な心境である。

Babylonではそのような流れをさらにすすめて、WEB上で無料の翻訳サービス及び翻訳ソフトウェアの提供を行っている。現時点においては、英語から12ヶ国語への翻訳が可能である。また、TEXT-TO-SPEECHエンジンを加えて翻訳結果を発音までしてくれる。さらに「数値」や「時間」まで「翻訳(数値の単位変換、時差の計算)」してくれる機能もついている。Babylonがサポートする12カ国語の中には当然日本語も入っている。下手な市販ソフトよりもこれは便利である。

ビジネスの公用語は英語であることは疑いようのない事実になりつつあるが、そのビジネスが対象としているマーケットで使われているのは必ずしも英語ではない。

ビジネスの世界の「常識」とマーケットの「常識」にはまだまだ大きな乖離がある。その乖離を埋める一つが翻訳サービスであるが、まだまだ他にもこのような乖離はあるに違いない。そこにビジネスチャンスがあるような気がしてならない。

Babylon

http://www.babylon.com/

翻訳、辞書ャtトを無料で提供。

管理人の独り言『複雑系』

もともと科学少年だったが、ふと思いついて再び化学系読書再開。エントロピー増大の世界において生命などは、なぜ秩序が保たれる方向に動いているのか、深遠だ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ローカル新聞の果たす役割 (SJ Mercury.com)

Pocket

情報過多の時代においては、一次入手情報の質の高さが勝負である。もしあなたがシリコンバレー系に興味があるのだとしたら、(百式の次に)SJ Mercury(San Jose Mercury)はかなり質の高い情報ソースである。

SJ Mercuryはシリコンバレーの地元で発行されているローカル新聞のWEB版である。当然土地柄を反映してドットコム系の情報満載である。シリコンバレー在住のビジネスマンの朝はまずSJ Mercuryをチェックすることから始まる、ともいわれる。

シリコンバレーがあれほど発展したのは、そこに存在する企業間で人材の流動、しいては情報の流動が活発に発生したからだと言われている。そういった意味でローカルな新聞が果たした役割は大きい。

思うに日本にもそういった思い切りローカルな新聞があってもいいように思う。SHIBUYA MERCURY、なんてどうだろう。誰が隣のビルで何を考えている、というのは意外に知らなかったりするんじゃないかな。全国紙でもなく、週刊でもない、ローカルな「日刊の新聞」。

これは結構いけているような気がするな。

SJ Mercury

http://www.sjmercury.com/

シリコンバレーのローカル新聞。

管理人の独り言『雨』

なんだか拍子抜けするぐらいの雨である。先週は暑くてまいってはいたが、炎天下の太陽の下で遊ぶのは気持ちがよかった。今週末に期待だな。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

日常的な意識を喚起する (Ergo2Go.com)

Pocket

さまざまな技術が生まれ、本当に生活は便利になったと思うが、人間の健康という面からいえば犠牲になっている部分もあるような気がする。なんらかの新技術が人体に与える影響を厳密に調べるにはそれなりの年数がかかると思うのだが(多分)、この業界のスピードで調査結果を待っているわけにはいかない。

電磁波などは顕著なもので、人体にどのような影響を与えるか、特に世代を超えて、子や孫にどれだけの影響が出るかは厳密にはわかっていない。もしかしたらとっても危険なものかもしれない。でも電磁波の便利さにはかえられないのでそこはみんななんとなく目をつぶっている。

そんな危険を無意識にでも感じているのか、健康グッズなどはコンスタントに売れている。Ergo2Goでは、人間工学に基づく、「体によい」製品のみを集めて提供している。使っていても疲れない、キーボード、マウス、椅子などを販売している。

このような製品は、確かにそれ自体からだによさそうだが、それを使っている行為が「健康に気をつけなくては」という意識を喚起する。日常的にこのような意識を喚起することが大切であると思う。

日常的な意識を喚起する製品、は他にもあるかもしれない。他にも気をつけなくてはいけないことがたくさんあるのだから。

Ergo2Go

http://www.ergo2go.com/

エルゴノミクスデザイングッズの販売。

管理人の独り言『ジム』

現在の職場にはジムがある。いままで行かなかったが今日はじめて行ってみた。なかなか、ではないですか。安全のため、フリーウェイトがないのが残念だが十分である。これから鍛えましょう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

センスを磨く (Video Greetings.com)

Pocket

映像、というものは見るほうは楽しくても作るほうが大変である。ビデオ編集が簡単になったといってもやはりマシンパワーは必要であるし、なにより「センスのよい映像」を作るためにはそれなりの技術が必要である。そのような技術は実は驚くほど偏在していると思う。

デジカメで撮る画像の場合ならば、こんなイメージで撮りたいなぁと思えばなんとなく素人さんでも撮ることができる。ただ映像というとそうはいかない。マトリックスのあんな感じの映像が撮りたいと思っても何からはじめていいやら全く見当もつかない。その前にどんなイメージで?というところがまず浮かばない。

将来映像がコンテンツとして流通することはまず間違いない。WEB上でもそうだろうし、多分かなりの確率で携帯電話などのモバイルでも動画コンテンツが流通していくだろう。そのような時にそなえ、編集の技術まではいかないまでも、どんな映像がかっこいい、おもしろい、といったセンスは磨いておきたい。そのためには多くの映像をみる、ということが必要かもしれない。ちょうど画家になりたい人が多くの名画をみてセンスを磨くように。

そういった意味では、多数ストックされている動画の中から一つ選び、メッセージをつけて友人に送ることのできるVideo Greetingsなんかいいかもしれない。

Video Greetings

http://www.videogreetings.com/

メール添付用の動画集。

管理人の独り言『ロボット』

HONDAが開発している、CMで有名な人の形をしたロボット。あれ、夢があります。本当は人が入っているんじゃないの?とか疑ってしまうぐらい人っぽい動きをする。あと10年、いや5年ぐらいするとびっくりするようなロボットが出てくるのだろうな・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ブラウザに限定しない (Nano.com)

Pocket

またしてもなかなかインテリジェントな検索エンジンが登場しつつあるようだ。Nanoでは、今現在見ている情報に関連のある情報を瞬時に表示してくれる。

例えばPLAYSTATIONのサイトを見ているとする。その場で右クリックするとメニューにNanoが現れる。Nanoを選択すると「ブラウザとは独立した」Nanoアプリケーションが起動され、今見ている情報(PLAYSTATION)に関連のある情報を、(1)WHAT TO READ(他関連記事)、(2)WHAT TO BUY(関連製品ショッピング情報)、(3)WHAT TO DO(関連するチャットや掲示板等)、(4)REFERENCE(語句に関する情報)の4つにきれいに分けて表示してくれる。それらの中から自分が探していた情報を見つけたり、探していなかっとしても役に立つ情報が見つかる、といった具合だ。

いままでもいくつかこのような検索エンジンはあったが、Nanoはブラウザから独立した一つのアプリケーションであるところが今までのものと異なる。

Nanoがブラウザから独立したアプリケーションであるために、このような機能はWORD文書やメール、EXCELにまで拡張して使うことができる。今読んでいるメールに関連した情報を検索することも可能なのである。

よくよく考えるとなぜ「検索機能はブラウザに限定」されていたのだろう?と不思議に思うぐらい自然な機能である。

今まであたりまえであったような機能も一歩下がって考えてしまうな、うん。

Nano

http://www.nano.com/

アクティブアプリケーションの関連情報提示。

管理人の独り言『わがまま企画』

大変わがままな企画で申し訳ないが、今日から下に自分の運動履歴をつけることにした。腕立て、腹筋、背筋を行った数だ。今日はとりあえず腕立て30回。かなり弱っちいが、そこはほら、ね、な?がんばるぞ、と。応援よろしくお願いします(だめ?)。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

週末にできること (Weekends.com)

Pocket

月曜日に職場に行く。仲間に会う。「週末何した?」と訊く。変わらない質問。かわらない返事。変わらない月曜日。

こういった変わらない月曜日が来るたびに「ひょっとして人生、ルーチン化していないか?」と空恐ろしくなったりする。やはり人生波乱万丈でいきたい。週末も一つ一つ大事に過ごしたいのだ。

Weekendsではその名のとおり、週末をどうすごすか?に着目している情報提供サービスである。それだけであり、提供されている情報も「スカイダイビングツアー」とか「クルーズ」とか普通だったりするのだが、「週末を大事にすごそう」というその思想に共感した。

「LIFE IS TOO SHORT」という概念が良いか悪いかは別として、ふと気が付くと圧倒的な事実としてそれが、ある。

何を、なすべきか。

Weekends

http://www.weekends.com/

週末を大事に過ごそう。

管理人の独り言『修行』

修行。森の中で修行。滝に打たれて修行。道場で修業。誰もいないところで修行。精神と時の部屋で修行。自分に必要なのは。どれだ。ろう。なん。だろう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

プロバイダーができること (iWeb.com)

Pocket

iWEBでは「iNote」と呼ばれる、ネットを通じてユーザーに情報を伝えるアプリケーションを提供する。よくある、ブラウザーの横にちょっとだけウィンドウが開いて、広告などを表示する、といったあれである。

ただ、iWEBでは、そのアプリケーションを実際にネットを見ているユーザーではなくて、そのユーザーが使用しているプロバイダーに対して提供している。iWEBのサービスを使用しているプロバイダーに契約している人がiWEBのサービスを受けることになる(あぁ、ややこしい)。

今まであまり考えられていなかったが、実はこの方法はすごく理にかなっているように思われる。ユーザーの情報を一番確実に把握しているのはプロバイダーであり、その情報をもとに「プロバイダーができること」は実に多岐にわたる。ローカルなプロバイダーなら地元商店街の買い物情報を提供できるだろうし、ユーザーの年齢に応じてタイムリーな広告がうてたりもできる。

また、今まであまり存在していなかった「プロバイダーとユーザー間のコミュニケーションチャネル」を確立することができる。よくプロバイダーなどから来てすっかり忘れていたりする、「何時から何時までサーバーメンテナンスです」といった情報もタイムリーに伝えることができる。「今はこのアクセスポイントが混んでいるのでこっちのアクセスポイントの方が空いています」といった情報もリアルタイムで伝えられるかもしれない。

アメリカの電話の世界では「ラストワンマイル(ユーザーに届く最後の一マイル)」を押さえた企業が勝ち、という法則があるが、これはプロバイダーにもいえると思うな。

iWeb

http://www.iweb.com/

プロバイダーからのお知らせをブラウザ上で。

管理人の独り言『締め切り』

今日は仕事の締め切りであった。なんとか間に合った。あぁ、あぶなかった。 それにしても締め切りぎりぎりまでやる気が出ない、といった姿勢は困ったものである。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

「内容」を解析する (fizzylab.com)

Pocket

ネット上の検索に慣れてくると、検索エンジンで検索した結果のリストを一つずつ探っていくよりも、一つよさげなサイトを見つけて、そのサイト中のリンクから他のサイトを見つけていった方が効率がよかったりする。特にニュース系の記事を追っているときなどは、ある記事の「関連リンク」が載っているサイトは非常に便利である。自分が今読んでいるニュースの前後関係が把握できるからである。

ただ、サイトを作る側にしてみれば、これとこれは関連があって、とマニュアルでそのような「関連リンク」を作っていくのは結構大変である。記事が増えれば増えるほど過去の記事をひっくり返さなくてはいけなくなる。百式のように個人でやっている場合はまだよいが、複数のメンバーでサイト更新している場合は目もあてられないだろう。

fizzylabでは、そのような作業を独自のロジックで自動化するエンジンを開発している。文章の内容を解析し、その文章に関連する記事を自動的に検索するエンジンである。検索した結果が「関連リンク」となるため、いままでのように苦労してマニュアル作成する必要がなくなる。

「文章の内容を解析」するエンジンがfizzylabのコアとなる技術だが、この技術、ちょっと考えるだけでかなりの応用ができることがわかる。「似たような文書を検索する」だけでなく、「この記事に関連する人を探す」、「この記事に関連した商品を探す」でもよいし、「この記事の雰囲気にあるBGMを流す」も可能かもしれない。

うむ、夢が広がる。

fizzylab

http://www.fizzylab.com/

自動で関連文書へリンクをはる技術。

管理人の独り言『Cube』

アップルの新しいコンピュータが出たようだ。ちいさい!かっこいい!iMacが出たときのような衝撃だ!

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

自信を育む (Code Warrior U.com)

Pocket

CODEWARRIORといえば知る人ぞ知る、プログラミングの代表的なツールである。というわけで今日はプログラミングのオンラインコースを提供するCode Warrior Uを紹介する。最後の「U」はUniversity(大学)の「U」である。

いきなり個人的な意見であるが、日本の義務教育でこれは必要だと思うものが3つある。一つはタイピングの授業、もう一つはボランティアの授業(というか体験)、最後はプログラミングの授業である。タイピングは日本人の生産性をいきなり30%向上させるには非常に有用でしょう。ボランティアは実際に体験してみないとボランティアとはなんだ?するべきか?しないべきか?ということがわからない。プログラミングの授業は論理的思考を育むためには是非とも必要である。

残念ながら現在は義務教育にプログラミングが入っていないので、自分に時間を投資してみたい人はCode Warrior Uなどでプログラミングを学んでみて欲しい。自分の指先から自分の好きな世界を好きなように作れるその感覚は論理的思考能力どころか、絶大なる自信につながる。

「自信」が結局本当の「人の強さ」なのだ、と思う。

Code Warrior U

http://www.codewarrioru.com/

プログラミングの教材を提供。

管理人の独り言『やれやれ』

心を入れ替えたはずだが、結局朝まで飲んでいたら寝てしまった。今日は祝日だし・・・などと自分なりに言い訳を考えてみるが、いかんな・・・花火行ってきます。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。