マンガのムーブメント (Kid Cartoons.com)

Pocket

赤ちゃんならともかく、5〜6歳の子供へのプレゼントって結構迷ってしまう。何が欲しいのかさっぱり検討がつかないからだ。

そんなときはKid Cartoonsが素敵かもしれない。Kid Cartoonsでは子供の写真から起こしたイラストをもとに、その子供が登場するマンガを作ってくれるサービスだ。子供の写真とどんなストーリーがいいかを選ぶだけで簡単に作ってくれる。

このサービス、アメリカで展開されているものだが、是非マンガ大国、日本でも実現してもらいたいものである。持論であるが、日本人(特に男の子)が性格形成においてマンガから受ける影響とは多大であると思うのだ。

なぜか道徳の授業よりも、正義とか勇気とかという概念はマンガから学んだような気がしないでもない。想像力や創造力もそうであると思う。

マンガとITが融合することによってまだまだ新しいサービスが登場すると思う。マンガを媒介にした価値観の共有ということでは、冗談ではなく世界平和への道もそこに模索することができるのはないだろうか。そしてそのムーブメントは日本から始まるかもしれない。

Kid Cartoons

http://www.kidcartoons.com/

子供のイラストを主人公に漫画を作成!

管理人の独り言『風邪気味』

風邪気味だが気のせいだと割り切ることにした。仕事はたくさんあるのだ。がんがん片付けちまいましょう。天気もいいし。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

視覚でサーフィン (girafa.com)

Pocket

先週、データセクション&アクセス向上委員会の橋本さんから熱いメールをいただいた。「久々に便利さに感動したツールを紹介させてください!」

とんでもない数のサイトリサーチをこなす橋本さんが感動するなんて!?などと思い早速チェックしてみた。

た、た、確かに感動。

girafaは「サイトのスクリーンショットの縮小画像」を用いる便利サービスを可能にするブラウザのプラグインを提供してる。

一番便利なのは、さまざまな検索エンジンと連動していて、検索結果リストに出てくるサイトの「スクリーンショット」を表示してくれることだ。

検索結果リストは、眺めていてもどのサイトがよさげかわかりにくいため、結局一つ一つ開いていくことになりがちだが、これを使えば画面のイメージが表示されるので、どれがよさげか一発で判断できる。WEBデザインとWEBの内容はだいだいにおいて比例するものだからである。しかもリンク切れの場合は画像が表示されないので無駄な画面を開く必要もない。

とにかくこの機能が便利で、橋本さんから紹介された日から使い続けている。Googleと連動させると便利この上ない。また日本語がちゃんと利用できるのもポイントが高い(メニューは全部英語)。

他にもまたブックマークをスクリーンショットで管理するという機能もあり、こちらも楽しげである。

視覚に訴える直感的かつ効率的なWEBサーフィンをこのgirafaは可能にする。とにかくおすすめです。橋本さんありがとうございました。

girafa

http://www.girafa.com/

これはおすすめ!検索結果リストを縮小画像で表示。

管理人の独り言『日本にて』

日本に帰ってきました。ひさしぶりに日本はいいものです。ご飯なんか炊いてしまった。さて、がんばりますかね。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

説明するツール (Qarbon.com)

Pocket

PCが日常生活に入り込んでくるにつれ「ソフトウェアの使い方を説明するシーン」が結構多くなってきた。

厄介なのはソフトウェアの説明というのは、他のことを説明する場合に比べて、目の前にソフトウェアがあるのとないのとでは説明の効率にえらい差が出てくることだ。電話で「そのメニューのここを」なんて具合に説明していると教える方も教わる方もフラストレーションがたまってしょうがない。

それじゃあ、ということでQarbonではソフトウェアの操作説明に特化した便利ツール、VIEWLETを提供している。VIEWLETはソフトウェアの動作をコメント付で説明するデモアニメーションである。

Qarbonで提供されるVIEWLETビルダーを使えば誰でも簡単にこのVIEWLETを創ることができる。こうして創られたVIEWLETは友達にソフトウェアの動作を説明するときにも使えるし、当然企業が自社ソフトのデモとして使ってもいい。

ソフトウェアに限らず、世の中に出てきた新しいツールやコンセプトを説明する、そんなところにおもしろいビジネスアイデアが潜んでいるかもしれない。

Qarbon

http://www.qarbon.com/

ソフトウェアの説明、に特化した技術を提供。

管理人の独り言『ロスにて』

今日はロスの友人宅にてのんびり。犬と遊んで昼寝とかしてしまった。さらにおいしいコロッケをいただきました。さて、日本へ帰りますか。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

欲望を知る (I wanna be famous.com)

Pocket

オーディション番組からスターが出る時代である。素人さんでも有名になるチャンスは結構あるのかもしれない。

「有名になりたい?」と聞かれるとなかなか素直に答えられなかったりするのだが、人間誰しも有名になりたいという潜在的欲望を持ち合わせているのではないだろうか。

だったら正直に行きましょうや、ということでこのサイトを紹介。

I wanna be famousはその名のとおり、有名になりたい人が有料で自分の写真とアピール文を掲載できるサイトである。で、どうなるの?というところがクエスチョンマークでもあるが、チャンスが転がっている現代、桶屋が儲かる式に有名になれるかもしれないと軽く納得しておく。

このサイトを眺めているとひとそれぞれに有名になりたい理由があるのだなぁ、と感心したりする。「私は美人だから有名になる資格がある」という女性から「俺は有名になりたくないからここにいる」なんて哲学君まで十人十色である。

しかしこういったストレートな欲望を聞いていると世の中の人が何を求めていて、どこにビジネスチャンスがあるのかわかってきそうだからおもしろい。多分。

I wanna be famous

http://www.iwannabefamous.com/

有名人になりたいか?

管理人の独り言『ロスにて』

インターネットワールドに行ってきた。株式市場の影響を受けてか、あまり盛況とは言えなかったなぁ・・・。それでも分野的にはコンテンツ管理ソフトウェアがこれから主流になるのかなぁ、とちょっと思った。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

変化を止める (clicVU.com)

Pocket

たまに「これ、おもしろい!」なんていうバナー広告にであったりする。今までで一番おもしろかったのは、おばあさんが自分の肩を指差して、「ここ、ちょっと押しておくれ」という奴だ。ついついクリックしそうになってしまった。

こういったバナー広告は人に見せてあげたかったりするのだが、次にそのサイトに来たときには既になかったり、ランダムに出てくるためなかなか出現しなかったりするので困る。

clicVUでは、そんな悩みをかかえる人達にとって便利な技術を提供する。

clicVUの技術を使ったバナー広告にマウスオーバーすると「このバナーを保存する」「広告主のサイトを訪れる」「このバナーを友達にメールする」の3つのメニューが現れる。

おもしろい!と思ったものは保存しておいたり友達にメールしたりすることによって、「あのバナーもう一回見たいな」なんて時にいつでも見ることができて便利だ。

変化のスピードの激しいこの業界、変わるのが早すぎてもう一度見つけるのが難しい!ってものは結構ある。「変化の早いものを保存するサービス」にビジネスチャンスが潜んでいるのかもしれない。

clicVU

http://www.clicvu.com/

保存したり友達に転送できたりするバナー広告。

管理人の独り言『ロスにて』

NyQuilという風邪薬を飲んだ。眠い。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

クリエイティブな作業 (Paramark.com)

Pocket

ネット広告の世界では、うちだした広告の効果がデータとして簡単にとれるようになった。それはそれで便利なのであるが、その結果をもとに新しい広告を打ち出したり、効果のない広告を取り下げたり、という業務が新しく加わることになり、マーケッターにとってはなかなかつらい生活になっている。

また、この広告はこっちのサイトでは効果的だが、こっちのサイトではそうではない、という場合もある。さらに時間帯によっても広告を使い分けた方が実は効果的なんじゃないか?なんて最適な広告ミックスを考え始めると頭の中の方がいい具合にミックスされてくる(ごめん)。

そんな悩みを解決するのがParamarkのADPILOT技術である。この技術は「広告のオートパイロット」よろしく、上で述べたような広告に関する試行錯誤を自動でシュミレーション・実行してあげましょう、というものだ。

マーケッターにしてみれば、これとこれの広告、ここのメディアとこのメディアに出したいんだけど、あとはうまくやっておいて!というだけでよい。それだけでADPILOTが広告効果が最大になるように広告ミックスをシュミレーションして実行してくれる。あとはのんびりと次の広告に思いをめぐらせるだけでいいのだ。

やはり人はクリエイティブな作業にこそ時間を使うべきなのだ。

Paramark

http://www.paramark.com/

ネット広告の効果を自動最適化するツールを提供。

管理人の独り言『風邪』

風邪は飛行機の中でさらに悪化。ピンチ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

話す言葉を学ぶ (Speech Tips.com)

Pocket

先日友達の結婚式でスピーチをする機会があった。なぜか題材にとてつもなく難解なトピックを選んでしまったので非常に説明に苦しんでしまった。あぁ、もっと練習しておけば良かった、とか、もっと簡単な話にすればよかった、とか悩んでみたが後の祭り。

どうも日本の教育には「スピーチの練習」というものが欠けている。

アメリカの教育ではPublic Speakingという科目があって、クラスのみんなの前でスピーチする練習を小さいころからある。よく政治家などがとっさに口にするウィットに富んだ会話も、小さいころからの相当の練習の積み重ねからひねり出されてくるものなのである。

Speech Tipsではそうしたスピーチの基本を教科書形式の簡易な文章で学ぶことができる。スピーチの計画、スピーチライティング、実際のスピーチ、の三段階にわけて懇切丁寧に、スピーチはこういう順序を経て練習しなさいね、ということが書いてある。

スピーチの技術は結婚式だけでなくビジネスシーンにおいても重要であることは明らかだ。ちょっと弱いんだよねぇ、なんて考えている人はここらへんで基本を学んでみては。

Speech Tips

http://www.speechtips.com/

スピーチのコツを提供。

管理人の独り言『インド』

先日インドの医療について友人に話を聞いてからインドの神話なんかに興味をもっちゃったりしている。ちょっと調べてみようかな。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

シンプルにシンプルに (Dir(ectory) Engines.com)

Pocket

いつでもどこでもアクセスしたいデータの筆頭は「住所録データ」ではないだろうか。しかし中小企業ではいまだエクセルでの管理が精一杯で、WEBによる管理なんてしばらく実現できそうもない。

せめて住所録だけでもWEBで管理できたら自宅や出張先から見れていいのになぁ。

な〜んて思っている社員を抱えている企業にはDir(ectory) Enginesがおすすめだ。Dir(ectory) Enginesのミッションは非常にシンプルである。「住所録に関する一切の作業を簡単にして差し上げましょう。マル。」である。そのように実際書いてあるんだからその潔い姿勢に惚れるってなぁもんである。

Dir(ectory) Enginesの使用方法は極めて簡単である。まず自社の住所録データをエクセルなりテキストファイルなりで送る。するとDir(ectory) EnginesがデータをWEBに入力してくれて、そのデータにアクセスできるURLを送ってくれる。それだけである。マル。

Dir(ectory) Enginesのサイトには出来上がりの住所録のデモがあるが、データの参照、更新、追加、削除と必要十分な機能がきれいに揃っている。これだけあれば十分でしょう。うん。

シンプルな機能をシンプルに提供。ASPモデルの鑑みたいな企業である。マル。

Dir(ectory) Engines

http://www.direngines.com/

名簿管理をASPで提供。それだけ。潔い!

管理人の独り言『ちょっくら』

ロスアンジェルスに行ってまいります。更新が不定期になるかもしれないですがお許しを。でも毎日更新です。というわけで今日も遅れました。昨日のインド話があまりにも興味深かったのです。嗚呼。ごめんなさい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

映画でも見ますか (Zaxel.com)

Pocket

最初はGAPのCMだった。次はマトリックス。今度はミッションインポシブル2などなど。

Freeze&Rotateというそうだ。

例の場面が止まって、カメラがぐるりと回りこむ、あの視覚効果のことだ。

ZAXELではその視覚効果を複数のカメラ(最低3台)とPCで実現してみせましょう、という技術を提供する。機器とソフトウェアをセットアップすれば準備OKだ。あとは「ここだ!」というタイミングさえ渡せばわずか数秒で例のFreeze&Rotateの視覚効果が自動生成される。ZAXELのサイトではダンクシュート時のFreeze&Rotateの映像があるので是非見てもらいたい。

いろいろな考え方があると思うが、自分が思うに、「映画」とはいかに情報を新鮮に映し出すか、の最先端の技術であると思う。そういった意味で、映画の技術はプレゼンテーションや情報提示の分野に応用がきくと思う。

これはどうやったらインパクトのある伝え方ができるかな、なんて時はのんびりと映画を見てみるのが一番かもしれない。

Zaxel

http://www.zaxel.com/

かの有名なFREEZE&ROTATE技術を提供。

管理人の独り言『寝床』

風邪も大分よくなったのだが念のため、合気道もさぼって病床に伏していた。で、あまりに暇なのでLANケーブルを引っ張ってきて(15mケーブルがあるから凄いね)寝床でネットしていた。でも肩はこるわ、腰は痛いわ。ネット対応ベッドとか欲しいね。まじで。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

リアルに踏み込む (CardSmith.com)

Pocket

最近は「バイラルマーケティング」なんていう言葉が流行りである。一言で言うとネットを活用してより効果的に「口コミ」をマーケティングに活用しよう、というものである。

その手法のうち、現在最も使われているのが「この記事を友達にメールする」機能であろう。あ、この情報いいな、とサイトを見ている人が友達にメールすることによって、企業側が何もすることもなく、情報がどんどん広範囲にいきわたることになる。

CardSmithではその機能にさらに一ひねりいれている。このサイトが提供するのは、「この記事を友達に郵便はがきで送る」という機能である。メールではなく、リアルな郵便はがきなのである。

ちょっと変わっているのは、そのはがきを送る前に、はがきの受取人(つまり友人)の興味ありそうな事柄を選ばせることである。その情報をもとに、送りたい情報の他、受取人が興味を示しそうな広告も印刷される、という仕組みだ。

宣伝効果、という面ではやはりメールよりも郵便はがきの方がインパクトがある。メールと違い転送ができないとかコストがかかるとかデメリットもあるだろうが、うまく使えば効果的なマーケティングができそうだ。

メールではなく郵便はがき、に目をつけたところが古くて新しい。人にインパクトを与えるマーケティングだからこそ、リアルな世界に一歩踏み込んで発想してみるといいことがあるかもしれない。

CardSmith

http://www.cardsmith.com/

友達にメールする、ではなく、友達にはがきで教える。

管理人の独り言『悪寒2』

風邪は直ったんだけど、鼻の調子が悪いんだよなぁ、と言っていたら友人に「それは風邪が直ってないんですよ」と言われ妙に納得。再び寝込む。やれやれだ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。