この時代の社会貢献 (United Devices.com)

Pocket

自宅のPCでたんぱく質の解析をする今日この頃です、なんてICQのメッセージが入った。解析?たんぱく質?

よくよく聞いてみると分散コンピューティングのプロジェクトであった。

分散コンピューティングはネットワークにつながったコンピューターの空き時間をかき集めて計算処理をさせる手法である。普通ならばスーパーコンピュータで何年もかかるような計算がこの手法だと劇的に期間を短縮できる。

United Devicesではそのような分散コンピューティングのためのツールを配布している。それを使えばさまざまなプロジェクトに参画できる。

どうせ何もしていないシステムの空き時間ならば、ガンの治療法の計算や遺伝子関係の計算やら、社会に貢献するような作業をやらせたいものである。

情報化社会における社会貢献やボランティアは新しい形をとりつつあるかもしれない。

United Devices

http://www.ud.com/

分散コンピューティングのためのツールを提供。

管理人の独り言『CFG』

axiv.comの尾関さんとがんばれ社長の武沢さんと友人を呼んでキャッシュフロー大会を決行。またしても尾関さん優勝。あの運の強さはなんなんだろう。あぁ、いかん。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

高める満足 (Doctor Goodwell.com)

Pocket

War for Talent、ERM(Employee Relationship Management)、従業員満足、などという言葉をよく聞く。労働流動性の高い現在において、優秀な人材の確保は企業にとって重要な命題になっている。

企業はいまや顧客だけではなく、従業員にもサービスする必要があるのである。

Doctor Goodwellはブロードバンドを使って、従業員が担当医とコミュニケーションを取れるような仕組みを提供する。健康診断や病気に関する相談などを、デスクを離れずにやってしまおう、というわけだ。

病院に行くという行為自体はあまり楽しいものではないので(仕事がちょっと休めるという側面もあるが)こういった仕組みは従業員にとって歓迎されるであろう。また健康相談は人と対面するよりも匿名性をもってネット上で行ったほうが気楽にできるかもしれない。

新しい技術をどうわが社の製品に活かせるか、と考えるのもよいが、どう従業員満足を高めるために活かせるか、と考えるのもたまにはいいかもしれない。

Doctor Goodwell

http://www.doctorgoodwell.com/

従業員と担当医をブロードバンドで結ぶ。

管理人の独り言『イベント』

axiv.comの尾関さんと渋谷でイベントを決行。120人ぐらいの方がいらしてくれました。ありがとうございました。楽しかったです。今後何かのつながりが出てくるとよいですね。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

(希望により掲載停止) (na.com)

Pocket

(希望により掲載停止)

na

na

na

管理人の独り言『ゼミOB会』

大学のゼミのOB会がありました。結婚やら子供やら転職やら起業やらのストーリーが満載でした。動いているね、世界は。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

部分が全体となる (2CE.com)

Pocket

人間の脳とは不思議なもので、見慣れたものならば一部の情報を見ただけでも全体をあたまの中で再構築、認識してしまう。斜めからみたショーウィンドウを正面から見ているように認識できるし、知っている人ならば顔の一部だけでも顔全体を思い浮かべたりできる。

話はかわって、最近モニターの中が大混雑である。21インチモニタなんてそこらへんの奥様も買うのを躊躇してしまう大画面モニターを持っているのだがそれでも足りない。特にブラウザを複数立ち上げたいときに困ってしまう。

という二つの事象を事細かに観察し、さもありなん、これでどうだ?と解決策を示したのが2CEである。

2CEのCUBICEYEブラウザーでは、立方体の内壁面にブラウザ画面が表示される。ちょうど自分がサイコロの中に入っていると思って欲しい。上,、下、右、左、正面にブラウザ画面が表示され、自由自在にぐりぐり回して正面に来たサイトを読むことができる。

その他の壁面に表示されるサイトは遠近法でもって歪んで表示されるが、ここが脳のすごいところで、どんな内容が書かれているかは容易に認識できる。

ちょっと癖のある表示で好き嫌いがわかれるだろうが、一部の情報から全体を想像させて認識させる、というのは混み合ったデスクトップの認識率向上のためには有効な手段かもしれない。

2CE

http://www.2ce.com/

立方体の壁面にサイトを映し出すちょっと変わったブラウザ。

管理人の独り言『多少の』

多少の困難があろうと前進するべし、という姿勢が重要な時期にきているかも。今までは慎重すぎたなぁ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

リアルなセキュリティ (Wherify Wireless.com)

Pocket

この前友人がこう言っていた。「夜道を一人で歩くときは携帯でしゃべりながらがいいよ。本当に電話をかけてもいいし、かけなくてもいい。誰かとしゃべっているとわかれば襲われる可能性は低くなるからさ」。

なるほど。しかしそんなに物騒な世の中になったのかと思うとちょっと悲しい。

Wherify Wirelessでは腕時計にGPSとPHSの機能を組み込んでの位置確認サービスを提供する。迷子になりやすい子供やペット、老人につけてもらっておけば、万が一の時に位置を確認できる、というわけだ。

おもしろいのはWherify Wirelessの腕時計には「緊急用ボタン」がついていることだ。この緊急用ボタンは夜道で襲われたときや誘拐されたときなどに押すとすぐ警察が駆けつけてくれる、という優れものだ。電話で警察を呼ぶと今どこにいるか伝えなくてはいけないが、この場合ボタンを押すだけでいい(ちなみにボタンは2つあるのでうっかり押してしまうことはない)。

この腕時計とサービス、2001年夏にサービス開始予定である。価格は腕時計が$300前後、あとは位置確認情報サービス及び緊急時対応サービスを組み合わせて月々の費用がいくばくかかかる(値段は未公開)。

認めたくはないが、物騒な世の中になっているのは事実である。リアルなセキュリティのビジネスに情報技術がどのように活用できるかもう一度考えてみたい。

Wherify Wireless

http://www.wherifywireless.com/

腕時計を使った位置確認情報サービス。

管理人の独り言『人に会う』

最近仲のよいaxiv.comの尾関さんとイベントすることにしてみました。どうなるかよくわかりませんが、まぁ、何もしないよりはやっちゃえ、という感じです。日常に刺激を求めてみたい方はこちらをどうぞ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ビデオコミュニケーション (oediv.com)

Pocket

そんな意味じゃないのになぁ、と思うことがある。好意で書いたはずのメールを誤解されたときだ。悲しいことに、だいたいにおいてメールは冷たく取られることが多い。

だったら、ということでoedivはビデオによるコミュニケーションを推奨している。いわゆるビデオメールのようなものだ。ただoedivの試みはそこにとどまらない。

おもしろいのはMyoedivと呼ばれるシステムだ。これは一言でいうと「ビデオ掲示板」である。自分や自分の友達のメッセージを1分ぐらいのビデオクリップでポストすることができる。最近いい感じだよ、なんてことが映像で伝われば、メールの冷たい文面よりもぐっと親しみが増すであろう。

その他の使い勝手は普通の掲示板と一緒だ。ただ掲示板のメッセージが映像になるだけでがらりと印象がかわる。Myoedivはみんながみれるパブリック掲示板と特定の人だけがみれるプライベート掲示板を作れる。

ネット上のビデオというととかく音楽ビデオやスピーチなどの「受信するもの」という感が強い。しかしそろそろ自分で発信する側にまわってもいいのではないだろうか。映像に「双方向」という軸を加えると新しいサービスが生まれてくるような気がする。

oediv

http://www.oediv.com/

ビデオコミュニケーションの提唱。

管理人の独り言『飲みすぎ』

データセクションの面々と飲みに行く。いつも盛り上がるのだが、今日は小橋さんもいてなんだかすごいことになってしまった。飲みすぎです。楽しかったです。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

邪魔にならない (qMGN.com)

Pocket

素敵なツールの登場である。

よくサイトを読んでいて、ここのリンクを辿りたいんだけど、とりあえず先を読み進めたい、という場合がある。この場合、いままではリンク先を別ウィンドウで開いていたり、読み進んだ後にもう一度もとにもどってリンク先を開いたりしていた。

ただ上のような方法は結構面倒である。もっとスマートにできんだろうか、と思っていたらQの登場である。

Qはブラウザと同時に立ち上げておくアプリケーションである。ここに今は見ないんだけど後でみたいリンクをぽんっとドラッグ&ドロップしておけばリンク先を先読みしてHDDに落としてくれる。読み込んだページは後で読むことができる。当然先読みしているから読み込み時間はないし、HDDに保存されているからオフラインでも読める。

操作的にもドラッグ&ドロップだけでいいので読みすすめていく作業にとってそれほど邪魔にならない。

この「邪魔にならない」ためのツールって結構これから重要かもしれない。世の中だいぶ便利になったので、便利になります、というよりも、邪魔にならない、という発想が今後ビジネスにも必要かもしれない。

qMGN

http://www.qmgn.com/

気になるリンクを選択、先取りしてロードするツール。

管理人の独り言『天気』

合気道の稽古の後、代々木公園のぶらぶら散歩する。いい天気でした。さて、週末も終わり。本気出しますかね。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

目標があるか、ないか (My Goals.com)

Pocket

情報化社会の現代において、個人的に疑問に思っていることが一つある。

なんでこんなに忙しくなってしまったのだろう?

ということだ。誰もがあれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ、と右往左往するばかりで何を一体達成しているのだろう。

根本的な解決策は未だに思いつかないが、一つ思えるのは目標設定が重要なキーだということだ。目標を設定しないことにはあれもこれも手を出すことになってしまうからだ。

My Goalsはそのような思想に基づいているかどうかわからないが、自分でたてた目標を達成するためのさまざまな仕組みを提供する。

目標の設定、目標を達成するためのタスクの切り出し、タスク達成プロセスのトラッキングやアラート、専門家のアドバイス等々。

最近「自分が将来何をやりたいかわからない」という人が多い。まだ若いから、とか、今はまだいい、とかいう問題ではないような気がする。目標が年代とともに変化するのは当たり前とし、問題なのは目標がないことであると思う。

My Goals

http://www.mygoals.com/

目標達成のためのサポートサイト。

管理人の独り言『遊び』

三味線のコンサートと演劇、帰りはお気に入りの居酒屋で舌鼓を打つ。幸せだ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

つながりを知る (People Stream.com)

Pocket

人の持っている知識をデジタルに管理しようという動きがある。よくいわれるナレッジマネジメントというやつだ。このナレッジマネジメントには実は2種類のアプローチがある。

一つは人の有する知識を利用しやすいように編集してデジタル化、その知識そのものをデータベースなりで管理する方法だ。一般にナレッジマネジメントといわれる手法はこちらの方だ。

一方、知識を完全にデジタル化するのは現在の技術では無理、もしくはコストがかかりすぎるからやめましょう、という考えに基づいているのがもう一つの手法である。この手法ではどんな「人」がどこでどうつながっているかのみを管理する。

後者の手法は何かの知識を得たいときに一番それをもっていそうな人にすばやくアクセスできることを目指しており、システム上で知識を得るようなことは想定していない。知識は人と直接柔軟に対話することによってしか得られない、という仮定である。

People Streamでは後者の考え方に基づき、知り合いの信頼できる知り合いを検索できる。自分を中心とした人間関係マップが構築できる、と考えればよいだろう。このサイトを使えば誰にどのようにアプローチすればどのような知識が得られそうかがわかる。

人と人とのつながり、知識そのものだけでなく、こちらに目を向けてみることも必要である。

People Stream

http://www.peoplestream.com/

信頼の出来る友達の友達の・・・ネットワーク。

管理人の独り言『洋食屋』

洋食屋に行く。パスタを箸で食べなくてはいけなくてなんだか変な感じではあった。でもおいしかったけどね。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

レトロで発想 (SkyStation.com)

Pocket

人口がそれほど多くない地域においてはケーブルをわざわざひっぱって通信環境を構築するよりも衛星通信にしてしまった方がよい場合がある。

実際そうなっているのだが、困るのは中途半端に人口が少ないところである。ケーブルをひくのもなぁ、でも衛星を使うと今度はちょっと割高になってしまう、なんてところだ。

じゃあ、衛星のかわりに飛行船でどうだろう。

と大胆に発想したのがSkyStationである。SkyStationでは飛行船をそういった地域に飛ばし、衛星のかわりに無線通信環境を提供している。

衛星やケーブルなど既存の仕組みにとらわれずに「空に浮いてりゃいいんだろ?」ってな具合に発想してしまったところがすごい。

この時代だからこそ、飛行船なんてレトロな感覚のあるアイテムを再検証してみるとおもしろい使い道が発想できるかもしれない。

SkyStation

http://www.skystation.com/

衛星ではなく飛行船で通信環境を提供。

管理人の独り言『決めた』

今週末は馬鹿みたいに遊ぶことに決めた。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。