広告媒体の発掘 (BuzzCar.com)

Pocket

未来では、誰もが「広告手術」を受けている。企業からお金をもらうかわりに、ある条件反射でその企業の宣伝をするように自らの身体を手術するのである。「広告手術」を受けた子供の頭をなでると、「○○のチョコレートって本当においしいな!」と条件反射で子供がしゃべる、といった具合だ。

と、いうようなSF小説を小さいころに読んだことがある。なぜか印象に残っていて今でも覚えている。子供なりに、「なんでも広告媒体になるんだ」と空恐ろしく思ったのだろう。

BuzzCarは上の小説ほどではないが、かなり思い切った広告手法をそのサービスとしている。なんと、企業の宣伝がペイントされた車を「無料」で希望者に配っているのだ(希望者が審査に合格した場合)。企業の広告がはいったグッズなどはよく無料で配布されており、最近は広告を見せるかわりにPCをあげますよ、の無料PCが話題になったが、BuzzCarではさらに一歩すすんで「無料車」を配布している。

ただ、希望者がその車をもらうにあたっては結構な制限があり、「車は誰もが見えるところに駐車しなくてはならない」、「車をもらったあともBuzzCarの社員と定期的に会わなくてはいけない」などを守らなくてはいけない。

たしかに広告媒体としての「車」は結構目を引くかもしれない。FEDEXの車や飛行機はやはり目立つものである。

そう考えると、まだまだ発掘されていない「広告媒体」って多数存在しているのかもしれない。

BuzzCar

http://www.buzzcar.com/

無料で広告付き車をもらおう。

管理人の独り言『ドメイン』

ご周知のとおり、ネットのドメイン取得は早いもの勝ちである。昨日これだ!と思ったが、1日待ってみようと思っていたドメインが今日取られていた。がーん!と思ったら取得したのは昨日話をしていた友人だった。かわりにとっておいてくれてありがとう。いや、一瞬ひやっとしたね。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

自信を積む (LevelEDGE.com)

Pocket

いろいろな書籍を読んでいても感じるが、自信がある状態、とうのが人間が能力を発揮できるベストの状態であるらしい。自信に満ち溢れてゆったりとした気分で勝負に挑む、そんな境地にいずれたどり着きたいとつねづね思う。では、そのような状態にどうやってたどり着くか。それには日々の小さな小さな「成功体験の積み重ね」を行っていく他ない。

(多少強引ではあるが)「成功体験の積み重ね」のためにはスポーツが有効だと思う。自分の力で勝負して、だめだったら努力して、そしてまた自分の力で勝負する。そうして積み重ねた努力と勝利が自信につながっていく。そうした体験を小さなころから重ねていきたいものである。

LevelEDGEでは、スポーツを行う子供たちを総合的にサポートするサービスを提供している。子供たちのトレーニング状況をコーチが管理したり、親が子供の試合の結果をみることができたり、はたまたプロのチームが優秀な子供をスカウトしやすいように子供の情報を検索・閲覧できたりする。子供は自分のトレーニング状況を数値やグラフで管理しながら、コーチから適切なアドバイスを受け、親に見守られ、あわよくばスカウトされることを夢見つつスポーツに励む。適度な緊張感からくる訓練によって成功体験を積み重ね、自信にあふれた人間に成長するのである。

LevelEDGEがどのように儲けているか、それが不明であるが、「自信を積み重ねる活動」に人は価値を見出す。そのような活動を行うコミュニティに対してのビジネスはまだまだありそうである。

LevelEDGE

http://www.leveledge.com/

スポーツをする子供をサポート。

管理人の独り言『ジム』

ジムにランニングのためのマシンがある。走るんだったらマシンは使わない!と思っていたのだが、あのベルトコンベアに有無をいわさず走らされる感覚は、あれはあれでいいかもしれない。つい歩いてしまう、というようなことがない。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

情報の総合管理 (SimulRing.com)

Pocket

固定電話から始まって、ポケベル、PHS、携帯と、「自分の電話番号」が増えてきている。どの機械(番号)にかけようと「自分」にかかるのになぜ番号が違うのか?

SimulRingでは、複数の自分専用の電話番号を持っている人たちに「SimulRing番号」を与え、その番号にかかってきた電話をすべての機器に「同時に」転送する。「同時に」ポケベルやら携帯やらが鳴ることによって、どこにいようが、どの機器をもっていようが、もっとも手近な機械で通話をすることができるというわけである。また、SimulRingではそれらの全ての機器を鳴らしたあとで誰も出なかった場合の留守番電話機能も提供する。

よく、家に帰ってきて携帯を充電している最中などは携帯の着信には気づかないものである。家にいるときは家の固定電話にかけてくれればいいのに、と思っていたがその問題をSimulRingは解決してくれる(一人暮らしの場合だけだが)。

思うに「個人を特定できる情報」が現在増えすぎているのではないだろうか。電話番号もそうであるし、住所もビデオレンタル屋の会員番号もそうだ。クレジットカードの番号やプロバイダーのIDなんかもそうだ。SimulRingはその中の電話、という分野にかぎって番号の総合管理サービスを行っている。他の番号や情報を総合管理するサービスも出てきてもよい、と思う。

SimulRing

http://www.simulring.com/

自分の連絡先をひとつにまとめる。

管理人の独り言『ねすごした』

文章の構想を練っているうちにねすごしてしまった。現在8:25。まずい!

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

広告の技術 (ePod.com)

Pocket

今までサイト上の広告というと、いわゆるバナー広告しかなかった。バナー広告は、広告を掲載する側にしてみれば2つの点で不都合があった。一つはバナー広告を入れることによって、そのサイトのデザイン/メッセージが崩れるということ(百式ではこの理由によりバナー広告は入れないことにしている)。もう一つは、せっかくサイトを見にきてくれた人がバナーをクリックすることによって、他のサイトにいってしまうことである。

ePODはこの2つの問題を、SHOWCASEと呼ばれる新しいバナー広告の手法を用いて解決している。SHOWCASEはぱっとみるとブラウザ上に存在するもう一つの小さなブラウザウィンドウのようである。このSHOWCASE、実に高機能で、そのウィンドウ内だけで「情報提供から販売」までを完結させている。

SHOWCASEにて提供される情報はいままでのバナー広告のようにただ目を引くだけのコピーではなく、ダイナミックに変化する、顧客にとって有用な情報であるため、自分のサイトのRICHNESS(情報の濃さ)を高めてくれる。例えば音楽業界のサイトであれば、SHOWCASEに今週のランキング等をダイナミックに表示することが可能である。

また、SHOWCASEではその小さなウィンドウ内で販売までを完了することが可能である。したがって、サイトを見ている人は今見ているサイトの他にウィンドウを開く必要がない。SHOWCASEを掲載しているサイトにしてみれば、自分のサイトのSTICKINESS(どれだけそのサイトにとどまってくれるか)を高めることができるのである。

よくよく考えれば、ネット上でサービスを展開している会社のうち、広告収入が主な企業がこれだけいても、「広告」の技術はさほど発達していない。ここらへん、なにかチャンスがありそうだ。

ePod

http://www.pingtel.com/

バナー内で商業活動が完結。

管理人の独り言『週末』

週末は友人のうちに呼ばれた。ちょっとしたパーティーだったが、そこで出たワインの味が忘れられない。多分いままで飲んだ中で一番おいしかったのではなかろうか。感動、の一言。ワインにはまる人たちの気持ちがはじめてわかったような気がする。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ハードとソフトとソフトの進化 (Pingtel.com)

Pocket

電話の進化はついつい携帯の方が注目されがちだが、固定電話の方もさまざまな進化をとげつつある。その中でもPingtelが発表した、世界初JAVAを使用したVoIP(Voice over IP)電話機はなかなか、である。

さて、このPingtelの電話機、今までの電話とどこが違うかというと、2つある。1つはVoIP技術であり、もう1つはJAVAを使用したプログラムが走ることである。

VoIPはひらたくいうとインターネット電話のことである。インターネットに音声をのせてしまおう、というわけでどこにかけようが、インターネットにつなぐのと同じ料金で通話ができてしまう。国際電話でも従来のように高い料金を払う必要がなくなるのである。

それだけでも凄いが、もう一つのJAVAプログラムが走る、という事実も注目に値する。Pingtelの電話機には小さなディスプレイがついていて、その画面上で電話帳の管理、スケジュールの管理、はてはかかってきた相手に応じて着信音を変えたり、あらかじめ登録してあった相手の情報を表示したりすることができる。しかもそれらの機能はすべてJAVAを使用して作られているため、機能のアップグレード、カスタマイズが容易にできてしまう。従来までの固定電話(携帯電話もそうだが)は、新しい機能を手に入れるには、新しい端末を購入しなくてはいけなかった。ソフト部分を切り離したことで機能のアップグレードがハードに依存しなくなったことの意義は大きい。

そういえば昔のコンピュータもハードとソフトが一体になっていた。ハードとソフトが分離することで機能アップが容易になる機器って実はもっとたくさんあるのかもしれない。そこを狙って出てきたはずのJAVAが、ようやく台頭してくるのだろう。

Pingtel

http://www.pingtel.com/

VoIPとJAVA付きの電話機を販売。

管理人の独り言『腹筋』

いつも腹筋ばっかりではないか、といわれても腹筋が好きだからしょうがない。でも腕の方も鍛えないとな、と思う。ときにNapsterはもうちょっと議論がありそうだ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

子供の教育 (iGrandparents.com)

Pocket

iGRANDPARENTSでは、おじいちゃん、おばあちゃんのためのコミュニティサイトを提供している。ただ、このサイト、ただの高年齢層向けのサイトと異なり、「おじいちゃん、おばあちゃんがどのように孫と接するか」に特化してサービスを提供している。

サービスの内容は、孫とどう接するべきかの記事、孫に関するディスカッションフォーラム、孫と一緒につくるホームページ、My GRANDCHILDRENなる孫管理(!)のためのページ、など盛りだくさんである。これだけの機能を使いこなせるサイバーおじいちゃん、おばあちゃんが現在どれだけいるかちょっと疑問だが、子供の世界にネットがどんどん浸透していることを考えると、おじいちゃん、おばあちゃんも多少努力して勉強してみてもいいかもしれない。

ただ、そのようにおじいちゃん、おばあちゃんがネットの世界を学ぶよりも、孫がこのサイトを通じておじいちゃん、おばあちゃんから学ぶことが多くなる方が個人的には重要だと思う。

親が持っているものより深い、おじいちゃん、おばあちゃんの知恵みたいなものが現代の子供には必要ではなかろうか、と思った。

iGrandparents

http://www.igrandparents.com/

祖父母と孫のためのコミュニティ。

管理人の独り言『Napster』

ついにNapsterに業務停止命令が・・・が、Gnutellaもあることだし、オンラインファイル交換はしばらくなくならないだろうな・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ビジネスの常識とマーケットの常識 (Babylon.com)

Pocket

私事ではあるが、父は昔、翻訳ソフトウェアの開発を行っていた。自分が小さいころは家に翻訳機のプロトタイプがおいてあって、よく英語の宿題などをやらせてみたものである。拙いタイプ技術でもその魔法のような技術に魅せられて一生懸命英文をタイプした思い出がある。思えばそのころから機械が好きになったのかもしれない。

最近はそのような翻訳技術も市販の翻訳ソフトに収まるようになり、あんなに働いていた父の努力が1枚のCDROMに収まったのをみると、ちょっとだけ複雑な心境である。

Babylonではそのような流れをさらにすすめて、WEB上で無料の翻訳サービス及び翻訳ソフトウェアの提供を行っている。現時点においては、英語から12ヶ国語への翻訳が可能である。また、TEXT-TO-SPEECHエンジンを加えて翻訳結果を発音までしてくれる。さらに「数値」や「時間」まで「翻訳(数値の単位変換、時差の計算)」してくれる機能もついている。Babylonがサポートする12カ国語の中には当然日本語も入っている。下手な市販ソフトよりもこれは便利である。

ビジネスの公用語は英語であることは疑いようのない事実になりつつあるが、そのビジネスが対象としているマーケットで使われているのは必ずしも英語ではない。

ビジネスの世界の「常識」とマーケットの「常識」にはまだまだ大きな乖離がある。その乖離を埋める一つが翻訳サービスであるが、まだまだ他にもこのような乖離はあるに違いない。そこにビジネスチャンスがあるような気がしてならない。

Babylon

http://www.babylon.com/

翻訳、辞書ャtトを無料で提供。

管理人の独り言『複雑系』

もともと科学少年だったが、ふと思いついて再び化学系読書再開。エントロピー増大の世界において生命などは、なぜ秩序が保たれる方向に動いているのか、深遠だ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ローカル新聞の果たす役割 (SJ Mercury.com)

Pocket

情報過多の時代においては、一次入手情報の質の高さが勝負である。もしあなたがシリコンバレー系に興味があるのだとしたら、(百式の次に)SJ Mercury(San Jose Mercury)はかなり質の高い情報ソースである。

SJ Mercuryはシリコンバレーの地元で発行されているローカル新聞のWEB版である。当然土地柄を反映してドットコム系の情報満載である。シリコンバレー在住のビジネスマンの朝はまずSJ Mercuryをチェックすることから始まる、ともいわれる。

シリコンバレーがあれほど発展したのは、そこに存在する企業間で人材の流動、しいては情報の流動が活発に発生したからだと言われている。そういった意味でローカルな新聞が果たした役割は大きい。

思うに日本にもそういった思い切りローカルな新聞があってもいいように思う。SHIBUYA MERCURY、なんてどうだろう。誰が隣のビルで何を考えている、というのは意外に知らなかったりするんじゃないかな。全国紙でもなく、週刊でもない、ローカルな「日刊の新聞」。

これは結構いけているような気がするな。

SJ Mercury

http://www.sjmercury.com/

シリコンバレーのローカル新聞。

管理人の独り言『雨』

なんだか拍子抜けするぐらいの雨である。先週は暑くてまいってはいたが、炎天下の太陽の下で遊ぶのは気持ちがよかった。今週末に期待だな。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

日常的な意識を喚起する (Ergo2Go.com)

Pocket

さまざまな技術が生まれ、本当に生活は便利になったと思うが、人間の健康という面からいえば犠牲になっている部分もあるような気がする。なんらかの新技術が人体に与える影響を厳密に調べるにはそれなりの年数がかかると思うのだが(多分)、この業界のスピードで調査結果を待っているわけにはいかない。

電磁波などは顕著なもので、人体にどのような影響を与えるか、特に世代を超えて、子や孫にどれだけの影響が出るかは厳密にはわかっていない。もしかしたらとっても危険なものかもしれない。でも電磁波の便利さにはかえられないのでそこはみんななんとなく目をつぶっている。

そんな危険を無意識にでも感じているのか、健康グッズなどはコンスタントに売れている。Ergo2Goでは、人間工学に基づく、「体によい」製品のみを集めて提供している。使っていても疲れない、キーボード、マウス、椅子などを販売している。

このような製品は、確かにそれ自体からだによさそうだが、それを使っている行為が「健康に気をつけなくては」という意識を喚起する。日常的にこのような意識を喚起することが大切であると思う。

日常的な意識を喚起する製品、は他にもあるかもしれない。他にも気をつけなくてはいけないことがたくさんあるのだから。

Ergo2Go

http://www.ergo2go.com/

エルゴノミクスデザイングッズの販売。

管理人の独り言『ジム』

現在の職場にはジムがある。いままで行かなかったが今日はじめて行ってみた。なかなか、ではないですか。安全のため、フリーウェイトがないのが残念だが十分である。これから鍛えましょう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

センスを磨く (Video Greetings.com)

Pocket

映像、というものは見るほうは楽しくても作るほうが大変である。ビデオ編集が簡単になったといってもやはりマシンパワーは必要であるし、なにより「センスのよい映像」を作るためにはそれなりの技術が必要である。そのような技術は実は驚くほど偏在していると思う。

デジカメで撮る画像の場合ならば、こんなイメージで撮りたいなぁと思えばなんとなく素人さんでも撮ることができる。ただ映像というとそうはいかない。マトリックスのあんな感じの映像が撮りたいと思っても何からはじめていいやら全く見当もつかない。その前にどんなイメージで?というところがまず浮かばない。

将来映像がコンテンツとして流通することはまず間違いない。WEB上でもそうだろうし、多分かなりの確率で携帯電話などのモバイルでも動画コンテンツが流通していくだろう。そのような時にそなえ、編集の技術まではいかないまでも、どんな映像がかっこいい、おもしろい、といったセンスは磨いておきたい。そのためには多くの映像をみる、ということが必要かもしれない。ちょうど画家になりたい人が多くの名画をみてセンスを磨くように。

そういった意味では、多数ストックされている動画の中から一つ選び、メッセージをつけて友人に送ることのできるVideo Greetingsなんかいいかもしれない。

Video Greetings

http://www.videogreetings.com/

メール添付用の動画集。

管理人の独り言『ロボット』

HONDAが開発している、CMで有名な人の形をしたロボット。あれ、夢があります。本当は人が入っているんじゃないの?とか疑ってしまうぐらい人っぽい動きをする。あと10年、いや5年ぐらいするとびっくりするようなロボットが出てくるのだろうな・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。