あのMONUMENT VALLYのチームが作ったVRゲーム『Land’s End』

Pocket

Oculus Goを購入してこちらのゲームをやってみましたが、はまった。

が、一時間ぐらい(?)で終わるので気軽にやるのに良いゲームです。

VRはあれですね、立っていると酔いますが、座っているとそうでもない、と気づきました。

それはいいとして、このLand’s End、あのMONUMENT VALLYのチームが作ったVRゲームです。

幻想的な雰囲気のまま、淡々と謎解きが進む。個人的に好きなタイプのゲームです。

なお、ほぼ説明なく進められるところも素晴らしいですよ。ゲームデザインが秀逸です。

有料ですが、「Oculus Go」で何かいいのないかなー、という方は是非どうぞ。

Land’s End

http://www.landsendgame.com/

あのMONUMENT VALLYのチームが作ったVRゲーム。

管理人の独り言 『ふー』

ひととおり素材の処理がおわった。

今日の運動記録

なし。

ページをめくるとタブレットの画面が切り替わる『MAGIK BOOK』

Pocket

体験として面白そうだ。

MAGIK BOOKはタブレット連動の本である。

ページをめくるとタブレットの画面が切り替わる、という仕掛けですな。

別にタブレットだけでよくね?という気がしないでもないが、「ページを繰る」という体験はなかなか気持ちの良いものだ(今の時点では…)。

こうしたアナログ操作でデジタルが操作できる、というアイデアは他にもありそうですね。

MAGIK BOOK

http://magikbook.com/

ページをめくるとタブレットの画面が切り替わる本。

管理人の独り言 『いかん』

ちょいと元に戻すか。

今日の運動記録

筋トレした。

インテリアにもなるおしゃれな鉄アレイ『Ubarre』

Pocket

ありそうでなかったかも・・?

Ubarreは、アーチ型のシンプルなオブジェである。

インテリアにもってこい、という感じなのだが、実は鉄アレイとしても使える、という点がユニークだ。

確かに「いかにも筋トレグッズが家にある」のは耐えられない人もいるかもしれない。

しかも話のネタになるし、悪くないですね。個人的には別のシェイプの方が好みではあるが苦笑。

Ubarre

https://www.bestustudio.com/

インテリアにもなるおしゃれな鉄アレイ。

管理人の独り言 『Go』

Oculus GoでYouTube、悪くないすね。VRなのにあまり酔わないのが良い感じである。

今日の運動記録

筋トレした。

すっごく小さな手紙を送ってくれる『Miniature Letter』

Pocket

可愛くていいかも(目の悪い人にはちょっと辛いが)。

Miniature Letterでは「とっても小さな手紙」を送ってくれるようだ。

手のひらより小さいのでなんともかわいらしい感じだ。

発注はすべてウェブ上で行われる。メッセージもブラウザから入力可能だ。

1通10ドル、とちょっと考えてしまうが、ネタ的にいいのではなかろうか…かな?

Miniature Letter

https://www.miniaturemail.com/product/little-letter/

すっごく小さな手紙を送ってくれるサービス。

管理人の独り言 『さて』

なんとか仕上げねば。

今日の運動記録

あとで。

良さそうなリモートジョブを探して教えてくれる『Remote Job Club』

Pocket

なんか人間味あふれるサービスで好感が持てますな…笑。

Remote Job Clubでは、良さそうなリモートジョブを手作業で探してくれる教えてくれるらしい。

「僕の名前はサイモン。毎日4-5時間かけておすすめのリモートジョブを探してるよ。君が探さなくていいようにね!」…ということらしい。

サイモンから無料メールを受け取りたい人はサイト上で登録してみるといいらしい。リモートジョブだけに地域が限定されないというのがこのモデルの肝ですな。

登録してみたらアフィリエイトばかりだった、みたいな結論もありそうだが(…試してない)、人間味あふれるサイトの作例として良い感じだな、と思ったので紹介してみました。

Remote Job Club

https://remotejobsclub.com/

良さそうなリモートジョブを探して教えてくれるサービス。

管理人の独り言 『雨』

うーむ。今週はあまり動けないなぁ。

今日の運動記録

あとで。

食材のムダを無くすためのアプリ『FoodCache』

Pocket

計測できるものは改善できる、という意味でいいかも。

FoodCacheは、「あなたはこんなに食材を無駄にしているかもですよ…」という意識を高めてくれるアプリだ。

使い方は簡単で、スーパーで買った食料品をリスト化し(レシートをスキャンすることもできる)、食べたものをチェックしていくだけだ。

入力が面倒そうではあるが、たしかに「あ、食べ忘れちゃった」ということがなくなりそうだ。

もうちょっと良い方法があるような気もするが、面倒でも計測してみることで日々の意識が高まるかもですね。

FoodCache

https://foodcacheapp.com/

食材のムダを無くすためのアプリ。

管理人の独り言 『むー』

またしても…いかん。

今日の運動記録

なし。

FacebookやUberなどでどんな機能がいつリリースされたかを教えてくれる『Product Timeline』

Pocket

資料としていいかも。

Product Timelineでは、Instagram、Uber、Facebookなどのサービスにおいて、どんな機能がいつリリースされたかを教えてくれる。

どんな機能なのか画像と出典リンクで示してくれるのでとてもわかりやすい。

自分がよく使っているサービスの沿革を眺めていると、懐かしい気分に浸れるかもですね。

ネット好きな友人と「こんな機能あったなぁ!」的に盛り上がってもいいかもしれない。

Product Timeline

http://www.producttimelines.com/

FacebookやUberなどでどんな機能がいつリリースされたかを教えてくれるサービス。

管理人の独り言 『いかんな』

うーむ

今日の運動記録

なし。

教室で使える集計ツール『Plickers』

Pocket

なかなかいいかも?

Plickersは教室で使える集計ツールだ。

使い方は簡単で、生徒に事前にシートを渡しておき、「わかったかなぁ?」というタイミングで適切なシートを掲げてもらうだけだ。

あとはスマホのカメラをかざせば誰がどの回答をしたかを認識してくれる、というわけだ。

数人のクラスだったら要らないかもしれないが、大教室などになったらいいかもですね。

Plickers

https://www.plickers.com/

教室で使える集計ツール。

管理人の独り言 『さて』

そろそろ終わりですね、連休。

今日の運動記録

なし。

それってミーティングじゃなくてよくない?を提唱する『Should It be a Meeting?』

Pocket

プレゼンうまいなー、と思ったのでご紹介。

「だいたい普通の人は仕事の45%をミーティングに費やす。年間でいえば3ヶ月だ。30秒、たった30秒で、この数値を劇的に減らしてみないか?」

そう訴えかけてくるのがShould It be a Meeting?だ。

このサイトでいくつかの質問に答えていくと「それってミーティングじゃなくてよくない?」「チャットでいいじゃん?」「数分の電話で終わるよ?」と教えてくれるのだ。

なんとなく惰性でミーティングをしている人も多いだろう。

ただ、あらためてそう言われるとまぁ、そうかもな、と思えてくる。いつものやり方をちょっと変えてみて、いつもと違う結果を生み出すのもいいかもですね。

Should It be a Meeting?

https://shoulditbeameeting.com/?ref=producthunt#/

それってミーティングじゃなくてよくない?を提唱するサービス。

管理人の独り言 『ふー』

連休気分ですねぇ。

今日の運動記録

あとで筋トレ予定。

Unicodeの一文字ドメインを販売する『Weird One Character Domain Superstore!』

Pocket

なんか振り切っていていいな。

Weird One Character Domain Superstore!では「一文字」のドメインを販売しているようだ。

もちろんアルファベットはすべて取られている感じだが、Unicodeなら話が違う。

ただデメリットは「読めない」「理解できない」「タイプできない」という三拍子なので、まぁ、ネタですよね。

もらって困るギフトアイデアとかそういうのにいいかもしれない。

Weird One Character Domain Superstore!

https://weirdonecharacterdomainsuperstore.com/

Unicodeの一文字ドメインを販売するサイト。

管理人の独り言 『さて』

一段落。

今日の運動記録

筋トレした。