Archive for the ‘ スマートフォンアプリ ’ Category

自分の好きな温度に保ってくれるスマートマグ『Ember』

Pocket

これ、いいな。

Emberは自分の好きな温度に保ってくれるスマートマグ(タンブラーもある)だ。

これがあればいつでも好みの熱さでコーヒーを楽しむことができる。

しかもスマホから温度調節をできるらしいので、ミーティング中にデスクの上にあるマグの温度をコントロール、なんてこともできるのかもしれない。

マグだと$80もするのだが、コーヒー好きな人にはいいかもですね。

Ember

https://ember.com/

自分の好きな温度に保ってくれるスマートマグ。

管理人の独り言 『ふむ』

あっという間に週末が終わってしまったな。

今日の運動記録

なし。

釣った魚を自動認識してくれる釣果アプリ『DEEP FISH』

Pocket

画像認識の正しい使い方ですな。

DEEP FISHは釣った魚を自動認識してくれる釣果アプリである。

釣った魚の記録を自動でとれたり、「この魚・・・なんだっけ?」というときに便利だろう。

釣りに限らず、このように入力の手間を省いてくれる仕組みはいいですな。

それにしても画像認識の技術はどんどん進みますねぇ。

DEEP FISH

https://getdeepfish.com/

釣った魚を自動認識してくれる釣果アプリ。

管理人の独り言 『いけません・・・』

すっかり更新忘れてました・・・。

今日の運動記録

なし。

愛犬と一緒に楽しめる運動を管理できるアプリ『Rundogo』

Pocket

コンセプトにほっこり来たのでご紹介。

Rundogoは、愛犬と一緒に楽しめる運動を管理できるアプリだ。

ランニング、自転車、散歩、といったアクティビティを選んで距離などを記録しておくことができる。

一人で運動は億劫だなぁ、という人にいいのでは?

iOS向けの無料アプリなのでペット愛好家の方はいかがですかね。

Rundogo

https://www.rundogo.com/

愛犬と一緒に楽しめる運動を管理できるアプリ。

管理人の独り言 『さて』

今日も出かけなくては。

今日の運動記録

今日は厳しいな。

Uberで使える手話アプリ『Uber Sign Language』

Pocket

お、これは良い試みなのでは…。

Uber Sign Languageでは、Uberのドライバーが耳の聞こえない人だった場合に使えるアプリを提供している。

端的にいうといくつかの単語を手話で教えてくれるだけだが、Uberに関連する単語に特化しているので使いやすいだろう。

なお、サイト上で簡単にデモを体験することもできる。

Uberについてはいろいろあるが、多様な働き方を推奨するという考え方は良いですね。

Uber Sign Language

http://www.ubersignlanguage.com/

Uberで使える手話アプリ。

管理人の独り言 『いい感じ』

月曜日から運動できていていい感じだ。

今日の運動記録

あとでやる。

ARで楽しめる鉄道ゲーム『Conduct This』

Pocket

鉄道が好きそうな子供なら大喜びしそう..?

Conduct ThisはARで楽しめる鉄道ゲームだ。

机の上などをタップしてステージを出現させ、鉄道に命令を与えながら爆破や衝突を避ける、といった具合ですな。

iOS11の評判がいまいちあれだが、こうしたアプリでARの起爆剤となってほしいですな・・・。

Conduct This

https://conductthis.com/

ARで楽しめる鉄道ゲーム。

管理人の独り言 『リセット』

先週、筋トレをさぼったので今週はがんばる。

今日の運動記録

筋トレした。

週末に晴れているかどうかで旅行先が選べる『Sunny Weekend』

Pocket

コンセプトがシンプルでいいかも。

Sunny Weekendは「次の週末で晴れているところはどこかな?」で旅行先を選べるアプリだ。

まぁ、それだけだが、晴れた日や抜けるような青い空をイメージできてなんだか幸せになれるアプリですね。

こういうアプリがあれば平日の仕事も乗り切れそうな気分になる・・・かな?

Sunny Weekend

https://sunnyweekendapp.com/

週末に晴れているかどうかで旅行先が選べるアプリ。

管理人の独り言 『うーむ』

涼しくなってきた。こういうときこそ体調管理に気を付けねば。

今日の運動記録

あとで。

ARを使って好きな家具を部屋に配置することができる『Housecraft』

Pocket

新しいアイデアではないが、iOS11でぐっと身近になるような気もするのでご紹介。

HousecraftではARを使って好きな家具を部屋に配置することができる。

自分の部屋のここにこれを置いたらどう見えるだろう…がぐっとリアルに把握できて楽しそうだ。

なお、配置する様子を映像に撮ってシェアする機能もあるらしい。なかなか楽しそうですね。

Housecraft

http://www.housecraftapp.com/

ARを使って好きな家具を部屋に配置することができるアプリ。

管理人の独り言 『うむ』

ちょっと筋トレさぼり気味だな。

今日の運動記録

今日はムズい。

あらゆる距離や長さをアプリだけで測定できる『MeasureKit』

Pocket

iOS11になってARが一気に身近になりそう…と思わせるアプリのご紹介。

MeasureKitを使えば、あらゆる距離や長さをアプリだけで測定できるようだ。

詳しくはサイトのデモ映像を見てもらいたい感じだが、壁の長さとかだけではなくて、壁までの距離とか、はては動いた距離まで測定できるらしい。

精度については使ってみるまでわからないが、便利そうであることは確かだ。

これがあれば家にメジャーは必要ありませんな・・・。

MeasureKit

http://measurekit.com/

あらゆる距離や長さを測定できるアプリ。

管理人の独り言 『いい天気』

このぐらいの涼しさがベストではありますねぇ。

今日の運動記録

あとで。

次、お茶をいれるのは誰だっけ・・・?を教えてくれる『Cuppa』

Pocket

スモールオフィスでいいかも?

Cuppaは、「次にだれがお茶いれるんだっけ?」を解決してくれるアプリだ。

また誰が何を飲みたい、などのオーダーをとってくれるので、順番が回ってきた人はそのとおりにお茶をいれるだけでいい。

しかも細かい注文(砂糖はいくつ、とか、ティーバッグをあまり浸さないで欲しいとか)までコメントで残せるようだ苦笑。

個々人で意見がわかれるだろうが、オフィス内のコミュニケーションアプリとしていいかもですね。

Cuppa

https://itscuppatime.com/

次にお茶をいれるのは誰か教えてくれるアプリ。

管理人の独り言 『おっと』

連休だったか。それにしても暑かったな・・・。

今日の運動記録

あとで。

写真を撮ってすぐ活用!『Instashot』

Pocket

地味に便利そうなのでご紹介。

Instashotを使うと、画像中のテキストを高精度で読み取ってくれて即活用することができる。

街中で撮ったチラシを文字認識して検索したり、スクショを撮ってそこからテキストを共有したり、といったことが可能だ。

iOS向けの$2アプリだが、アイデア次第でいろいろ使えそうですな。

Instashot

https://www.instashot.com/

写真を撮ってすぐ活用できるアプリ。

管理人の独り言 『ST3』

SublimeText3、アップデートしたのか…。

今日の運動記録

今日はなし。