無料キーボード (Rocket Board.com)

SPONSORED LINK

Pocket

顧客、アクセスを集めるためのキーワードは「無料」。そんな無茶な常識がまかりとおるようになって久しい。ビジネスモデルにもよるが、やみくもに「無料」を連発すると財務体制が悪化する。

Rocket Boardもそのような無料グッズ配布サイトの一つかと思ったが、ちょっと違っていた。

Rocket Boardでは、「無料キーボード」を配布している。アメリカに住んでいる人ならば誰でも無条件で無料である(先着25万人のみ)。このキーボード、ただのキーボードかと思いきや、ちょっとした仕掛けがある。それは、キーボードの上部に位置するショートカットキーである。

サイトをみていただければわかるが、ROCKTBOARDのキーボードの上部には15個のショートカットキーが並んでいる。これらはそれぞれにネット上のサイトが割り当てられており、そのキーを押すことでブラウザが立ち上がり、割り当てられているサイトに飛ぶ、という仕掛けだ。このキーを押せばYahoo!に、このキーを押せばAMAZONに、といった具合だ。

Rocket Boardのビジネスモデルはこれらのサイトから収入を得ることによって成立している。キーボードの上での存在感は大きな宣伝になる。また、ショートカットキーは実は自分で設定変更可能なのだが、その設定情報は、すべてRocket Boardにネットを通じて送付される。どの顧客がどのキーをどのサイトに割り当てているかの情報は、顧客ではなくてRocket Boardが保有しているのである。この情報を使ったマーケティング、コンサルテーションもRocket Boardのビジネスとして可能である。

ただのキーボード配布サイトかと思っていたら結構奥が深かった。

Rocket Board

http://www.rocketboard.com/

無料キーボードを配布。

管理人の独り言『まいった。』

百式リサーチのために、サイトを見るたびに怪しげなプラグインやらプログラムやらダウンロードして試しているが、どうもそれでウィンドウズの調子が悪い。これは再インストールの予感・・・週末に行おう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

Comment are closed.