自分だけの美術館 (Next Monet.com)

SPONSORED LINK

Pocket

サイト名は「Next Monet」。次のモネが見つかるかもしれない、という意味だ。

Next Monetでは、現代美術の芸術家たちの作品をウェブ上で鑑賞できる。歴史的に高名な芸術家達の作品ではなくて、現代美術と限定したところに、このサイトのこだわりを感じる。

なにがどう、というわけではないのだが、なんとなく好感のもてるサイトである。サイト上で芸術家達の作品を購入することもできるが、おしつけてはいない。ウェブでも芸術を鑑賞することができますよ、そう優しく語り掛けてくれる雰囲気がよい。

ユーザー登録をすれば、「MY COLLECTION」なるものをサイト上につくることができ、自分が気に入った作品だけを集めて自分だけの美術館をつくることができる。むろん、その美術館は自分だけで楽しんでもよいし、他の人と共有してもよい。

ウェブというと駆り立てられるように情報収集しなくては、という焦りが先に立ってしまうが(自分だけか?)、一歩ひいて、ウェブでも落ち着いた気分になれますよ、芸術でもいかがですか?と語りかけられたところに新鮮さを感じた。

ウェブと芸術、新しい融合の形である。

Next Monet

http://www.nextmonet.com/

癒し系、WEB上の美術館。

管理人の独り言『梅雨入り』

「梅雨入り」である。雨である。会社である。いやな季節になってきた。が、今年もがんばっていってみよう。なんといっても金曜日だ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

Comment are closed.