カラオケ+ウェブ (EastSleepMusic.com)

SPONSORED LINK

Pocket

カラオケ、である。日本が世界に誇る文化の一つである。「カラ」は「空(からっぽ)」、「オケ」は「オーケストラ」の略、ということはあまり知られていない。

さて、それはどうでもいいのだが、EastSleepMusicでは、ネット上でカラオケが楽しめるサービスを展開している。REALAUDIOで流れる音楽に合わせて歌詞が表示され、それにあわせて歌える、といったものだ。まだまだ曲が少ないが、メジャーどころから順次充実させていく予定であろう。また、歌い方レッスンから、自分の声を録音、までカラオケに関する小粒なサービスも展開している。

さて、このサービスどうであろう。2つぐらい疑問が湧く。

まずは、英語のカラオケ、というのはそもそも無理な発想であるとつねづね考えている。英語の歌というのはカラオケ用にできていない「本物の歌唱力が必要な」歌ばかりである。マライヤ・キャリーを歌い上げられる素人が何人いるだろうか。カラオケがいまいちアメリカで盛り上がっていないのはそこらへんが問題だと思う。

もう一つの疑問は、PCの前で歌うか?ということである。いくら練習でもモニターを見ながらはちょっときつい。プレゼンテーションの練習で壁を見ながらプレゼンをしてみる(聴衆の反応がなくてもしゃべりつづける練習)、というものがあるが、それぐらいつらそうだ。やはり練習は気のいい仲間とカラオケボックスに行ったほうが何倍も効率がよさそうだ。

個人的にカラオケが苦手なので辛口評になってしまったが、リアルな部分でのカラオケと、ウェブでのカラオケを結ぶ、というアイデアはもっと発展できそうである。自分の持ち歌&設定(音程とか)を常にWEB上で管理していて、カラオケボックスではそのウェブにアクセスして一発選曲できたりすると面白い。i-modeがそのままカラオケボックスのリモコンとして使えたり、というアイデアも友人が言っていた。

ニッチではあるが、まだまだネット活用の余地が残される業界である。

EastSleepMusic

http://www.eatsleepmusic.com/

WEB上でカラオケを楽しむ。

管理人の独り言『SONYビデオレコーダー』

SONYが9月にHDDを内蔵したビデオレコーダーを発売するそうだ。定価20万円ぐらい。デザインもよし、だし結構食指が動く。だんだんVHSもなくなっていくんだろうなぁ・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

Comment are closed.