こころに優しいビジネス (half.com)

SPONSORED LINK

Pocket

half.COMではCDやビデオ、ゲームなど家庭でもういらない、といったものを受け付け、買いたい人に売ってくれる。流行りのオークションのようなC2C(Consumer to Consumer)系のビジネスモデルである。違うのは価格が全てhalf.COMで「定価の半額以下」に決定されていることである。というわけでオークションのように「競り(せり)」がない。競り落とせないのでは!なんて気苦労をする必要がない。

half.COM自体は在庫を持っていない。half.COMのサイトで品物を買いたい!という人がいるとhalf.COMはその品物を出品した人に連絡し、品物を送らせる、と同時に買いたい人からお金を徴収し、コミッションをちょっといただいた上で出品した人にお金をわたす。非常にシンプルなモデルである。

買いたい人も便利だが、売る人にもなにげにシンプルすぎて気持ちのよいサービスである。売る人は、自宅のいらないものをhalf.COMのサイトにリストするだけでよい。リストする際に品物を指定し、状態(よいとかわるいとか)を知らせるとhalf.COMが品物を査定してくれ、売値が確定する。あとは誰かが買ってくれるのを待つだけである。オークションのようにいくらで売れるんだろう?という気苦労をする心配もないし、ひょっとして安くうりすぎたんじゃないだろうか?などと売ってから思うこともない。

気苦労の多い現代人。やはり最後はシンプルなところに回帰していくのでは。心にやさしいビジネスである。

余談であるが、買いたいものがhalf.COMで出品されていなければ、half.COM上でオンラインショップにとぶことができる。そのときに複数のオンラインショップの価格がリアルタイムで表示されるので、価格を比較しながら購入できる。このリアルタイムで複数のサイトの値段をみてくる、というところ、すごい。便利だ。

half

http://www.half.com/

半額で物品売買できるサイト。

管理人の独り言『オークション』

いつかオークションを試したいな、と思っている。家にあるいらないものを売るという行為はこれからはやっていくだろうし、やはり自分で試しておかないと、と思う。アメリカではウルティマオンラインというネットワークゲームのアイテムをオークションで売り出し、売買成立した時点でゲーム上でアイテムを受け渡し、というわけのわからん状態らしい。うーん。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

Comment are closed.