あなたの社名がドメインやSNSのユーザー名ですでに使われているかチェックしてくれる『Startup Name Check』

Pocket

似たようなのもあるが、ちょっとしたツールで便利かも。

Startup Name Checkを使えば、あなたの社名がドメインやSNSのユーザー名ですでに使われているかどうか教えてくれる。

起業前にざっとチェックしておけば余計なトラブルを防げていいのではなかろうか。

またこうしたツールはその場でドメイン購入ができたりもするが、そうした機能を排除してシンプルにしている点も好感が持てますな。

Startup Name Check

https://startupnamecheck.com/

あなたの社名がドメインやSNSのユーザー名ですでに使われているかチェックしてくれるツール。

管理人の独り言 『うーむ』

macbook proにしてから打ち間違えが多すぎる…キーボード微妙だなぁ。

今日の運動記録

なし。最近運動していないが大丈夫なのか。

ノーパソにくっつけて3画面を実現する『Le Slide』

Pocket

ちょっとごっついけどアリかも。

Le Slideはノーパソのディスプレイにくっつけるアタッチメントだ。

このアタッチメント、なんと液晶を2画面内蔵していて、ぐぐっと引き出して使うことができるのだ。

贅沢に3画面自分で使ってもいいし、2画面は他の人に向けて使っても良い(プレゼンやゲームが捗りそうだ)。

接続はUSBということなのでラグがありそうな気がしないでもないが、画面が広ければそれだけ生産性があがるので、選択肢としてアリかもですね。

Le Slide

https://www.leslide.com/

ノーパソにくっつけて3画面を実現するアタッチメント。

管理人の独り言 『むむ』

眠い…。

今日の運動記録

なし。

今日、今月、今年が「何%経過したか?」を教えてくれる『Progress Bar OSX』

Pocket

$5の有料アプリだが、その場で購入してしまった…。

Progress Bar OSXは、macOS向けのアプリである。

このアプリ、何をしてくれるかというと、今日、今月、今年が「何%経過したか?」を教えてくれるのだ。

画面上にちょこんと配置されるので視線を移動させるだけでいい。

やらなくちゃなぁ、という作業は、「終わり」を意識することで着手しやすくなる。

「もう今年は31%経過したのか…」という気付きを得るのにいいですな。

Progress Bar OSX

https://www.progressbarosx.com/

今日、今月、今年が「何%経過したか?」を教えてくれるアプリ。

管理人の独り言 『いかん』

どうにも終わらん。

今日の運動記録

うーん。

新しいタブを開くたびに美麗写真が現れる『National Geographic Photo of the Day』

Pocket

キレイな写真、といえばNational Geographicだ、という人も多いだろう。

そこで登場したのがNational Geographic Photo of the Dayである。

そのままだが、National Geographicのきれいな写真をタブを開くたびに紹介してくれるChrome拡張である。

壮大な自然に癒やされながら仕事ができそうでいいですな。

National Geographic Photo of the Day

http://natgeopicoftheday.com/

新しいタブを開くたびに美麗写真が現れるChrome拡張。

管理人の独り言 『うむ』

今日、明日が勝負である。

今日の運動記録

あとで。

Intercomのデータをワンクリックで書き出せる『Intercom Export』

Pocket

学習系のライブラリが充実してきたからいいかも。

Intercom Exportを使えば、チャットツールであるIntercomのデータをワンクリックでCSV形式にしてくれるようだ。

あとはGoogle DocsやEXCELなどで好きな処理をすればインサイトが得られるのではなかろうか。

自然言語処理が発達していなかったころはもてあましてしまうようなデータだが、今ならそうでもないかも…ですよね。

ちょっと分析するだけでFAQに載せるべき情報などを抽出できそうですな。

Intercom Export

https://www.intercomexport.com/

Intercomのデータをワンクリックで書き出せるツール。

管理人の独り言 『ふむ』

今日はばたばただったなぁ。

今日の運動記録

なし。

ピッチの映像がひたすら追加されていく『Always Be Pitching』

Pocket

自分の製品やサービスを売り込むための「ピッチ」。

その「ピッチ」映像を投稿することができるのがAlways Be Pitchingだ。

内容としても興味深いが、自分がいざピッチしなくてはいけないときに良い資料になるのではなかろうか。

しかしこれを見ていると世界中でさまざまなアイデアが生まれているのだなぁ、と感慨深いですな。

Always Be Pitching

https://www.alwaysbepitching.com/

ピッチの映像がひたすら追加されていくサイト。

管理人の独り言 『いかん』

どうにもペースが。

今日の運動記録

なし。

セルフィーから3Dアバターを作ってくれる『AVATAR SDK』

Pocket

思っていたよりずっと近い未来にこういうのが普通になるのだろうなぁ、という気がする。

AVATAR SDKを使えば、一枚の自撮り写真からAIを使って3Dアバターのモデルを作ってくれるようだ。

いままでは360度撮影などをしないといけなかったのだが、これがあればぐっとお手軽になりますな。

なお、サイト上ではデモを試すこともできる。ちょっと試してみたが、さっと頭部のモデルを作ってくれていろいろな表情をさせることができてなかなか楽しい。

興味がある人は一度触ってみるといいですね。

AVATAR SDK

https://avatarsdk.com/

セルフィーから3Dアバターを作ってくれるSDK。

管理人の独り言 『さて』

もう木曜日とは…。

今日の運動記録

あとで。

写真を良い感じの位置でレスポンシブにしてくれる『Salieo』

Pocket

なるほど、いいかも。

Salieoを使えば、画像解析アルゴリズムを使って、写真を良い感じの位置でレスポンシブにしてくれるようだ。

たしかにブラウザ幅が狭くなったときに写真の位置がずれて「ん??」となってしまうと微妙だろう。

使い方は簡単で、同サイトにて提供されるスクリプトを埋め込んだ後に、レスポンシブにしたい画像に「salieo」クラスを付けるだけだ。

利用量によっては有料になるが、無料で試せるプランもあるので気になる人はチェックしてみるといいかもですね。

Salieo

https://www.salieo.com/

写真を良い感じの位置でレスポンシブにしてくれるサービス。

管理人の独り言 『天気』

体調に気を付けないといけないお天気ですねぇ。

今日の運動記録

なし。

世界中のどこからでも友達とセルフィーが撮れる『Unifie』

Pocket

セルティーを一緒に撮りたいけど、一緒にいるわけではない。

そうしたシーンで使えるのがUnifieだ。

このアプリを使えば通話をしながら一緒にポーズをとって、ぱちり、と写真を撮ることができる。

まぁ、それだけだが、単なるビデオ通話よりも思い出が残る感じでいいかもしれませんね。

Unifie

http://unifieapp.com/

世界中のどこからでも友達とセルフィーが撮れるアプリ。

管理人の独り言 『いかんな』

リズムを取り戻さねば。

今日の運動記録

あとで。

点字としても機能するフォント『Braille Neue』

Pocket

これ、いいですね。

Braille Neueは点字としても機能するフォントである。

そのまま読めるし、点字としても「触って理解する」ことができる。

このフォントを使うようになれば自然と点字が使えるようになった…ということもありうるのかもしれない。

日本語でも使えるといいですね・・・。

Braille Neue

http://brailleneue.com/

点字としても機能するフォント。

管理人の独り言 『むー』

いかんすね。

今日の運動記録

なし。