100ドル札をみんなでよってたかって模写した『Ten Thousand Cents』

SPONSORED LINK

Pocket

ちらほらと聞く「クラウドソーシング」というコンセプトですが、そのコンセプトを広めるためのアートプロジェクトが展開されています。

クラウドソーシングはネットを使って仕事を分散化させ、自由に働ける環境を作ろう的な動きです(ざっくり合っていると思う)。

そのコンセプトを体現したのが今回のプロジェクト。1万人にある画像を模写してもらい、1人につき1セント支払う、という仕組みです。そして模写の様子は動画で記録され、Ten Thousand Centsのサイトで公開されています。

さてその模写された画像ですが、1万人分を組み合わせるとなんと100ドル札になります。100ドル使って1万人が作った100ドル札、というわけですね。なるほど。

小さな仕事でもネットを使って大勢が集まればインパクトのある成果が出せる、というメッセージですね。さてさて、クラウドソーシングの未来はどうなっていくのでしょうかね。

追記: 百式で紹介した『Ten Thousand Cents』の作者からメール来た | IDEA*IDEA

Ten Thousand Cents

http://www.tenthousandcents.com/

1万人が1セントずつもらって書いた100ドル札。

管理人の独り言 『コーディング熱』

R*PADのメンテナンスをしながらやっぱりコーディングは楽しい!と思い始めたよ。午前中はブログ、午後はコーディング、とかって規則正しい生活を送ろうかな・・・。

今日の運動記録

特になし・・・今日はばたばた・・・。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.