楽しい広告 (Million Penny Homepage.com)

SPONSORED LINK

Pocket

先日表参道を歩いていたら「古着、100グラムで○○円」という看板が出ていた。以前にも聞いたことがあるが、見たのははじめてかも。なかなかユニークな価格設定である。

そう考えるとMillion Peeny Homepageも同様にユニークだ。

このサイト、広告スペースを提供しているのだが、「1ピクセル=1ペニー」という明快な値段設定なのである(最小購入単位は100ピクセルから)。

すでに7,100ピクセルが販売されている。広告を購入した人はその広さに応じて自由にバナーなりアイコンを掲載することができる。もちろんリンク先も指定することができる。

また当然のことながらサイトのページビューも公開されている。まだまだはじまったばかりだが、とてもキュートなアイデアだ。

広告と言うとなんだかギスギスした雰囲気があるが(それはビジネスだから当たり前なのだが)、このサイトのように気軽に楽しく広告出稿できる仕組みがあればいいかもしれませんね。

Million Penny Homepage

http://www.millionpennyhomepage.com/

1ピクセル=1ペニーという明快な値段設定で広告出稿できるサイト。

管理人の独り言『もろもろセール!』

地味に販売している百式関連の各種レポートですが(誰も気づかないという噂がありますが・・・)、突然ですがセールを行います。レポート系は全部半額で販売しますです。発行から時間がたってリンク切れが多くなってきたというのが理由です。ただリンクが切れていても紹介されているアイデアはきちんと紹介していますのでご活用いただけると思います。

個人的におすすめなのは「世界で見つけたちょっといい話」レポート。ひさびさに読み返してみたら結構ぐっときました。ウェブやそれ以外のサービスでもエモーショナルな仕掛けが求められていますがいろいろ応用可能かな、と。

他レポートもよろしければ。増刷はもうしない予定ですので在庫がなくなってしまった場合はご容赦を。よろしければどうぞ。

・百式セレクトショップ
http://shop.100shiki.com/

今日の運動記録

今日はジムに行きますよー。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. はかり売り広告

    日本でも同じようなサービスが始まりました。

  2. 【web】100万画素で100万ドル稼ぐ

    ■英大学生、斬新なウェブサイトで大もうけ

    自身のホームページを100万ピクセル(画素)からなる広告掲示板に作り変え、ロゴマークの掲載希望者に対し、…

  3. 何でうまくいくの?最近の広告ビジネス(1)

    最近の広告ビジネスは熱い。イギリスの大学生が始めたThe Million Dol…

  1. No trackbacks yet.