人だかりを見る (NicheBOT.com)

SPONSORED LINK

Pocket

勝負をするのにのこのこ敵が多いところに出て行くことはない。強そうな人がたくさんいそうなところに喧嘩にいく人はいないのである。

ただしインターネットだとこの感覚がつかみにくい。誰がどこにどれだけむらがっているのかがわかりにくいのだ。

そこで登場するのがNicheBOTである。このサイトを使えば、どれだけの人がどこでしのぎを削っているのかが一目瞭然だ。検索サイトにおける検索語の話しなのだが。

検索エンジン最適化作業においてどのキーワードで自分のサイトを最適化するかはとても重要だが、安易にキーワードを選んでしまっては激戦区にふらふらでかけていくようなものだ。ただだからといって誰も検索していない語句を選んでしまっては成果を得ることができない。

そこでNichBOTでは、特定の語句に対して、どれぐらいの人が検索していて、それに対してどれぐらいのページが存在しているかを提示してくれる。またその比、つまり一検索あたり存在しているページ数も計算してくれるので、どこが競争しやすいかが一目瞭然だ。いわゆるキーワードの需給状況である。

これはとてつもなく便利だ。日本語版も誰かつくって欲しいものである。「人だかり」が見えないインターネットにおいて、こうしたツールはもっと出てきてもらいたいですね。

NicheBOT

http://www.nichebot.com/

キーワードの需給状況を教えてくれるサイト。

管理人の独り言『サイトつくらなくちゃ』

つくらなくちゃいけないサイトがた、たくさん・・・百式も5周年も迎えるのでリニューアルしたいところ。一つずつ片付けますかね。一歩、一歩、です。

ときにベストセラーになっていた「血と骨」を二日かけて読破しました。凄絶・・・ですね。いつどうなるかわからないのでやりたいことはやっちゃいますかね。

» 血と骨

今日の運動記録

腕立て50回やりましたよ。ちゃんとね。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.