業務の再構成 (Which Wich.com)

SPONSORED LINK

Pocket

アウトソース、というと仰々しいが、このコンセプトはどんな細かいところにも使えると思うべきだる。要は必要な業務を誰にやらせるか、である。うまくやればお客が自分のやるべき業務を代わりにやってくれることもあるのだ。

そう考えるとWhich Wichのようなシステムはもっと出てきてもいいのかもしれない。Which Wichはフロリダとテキサスで展開されているサンドイッチ店である。

このお店がユニークなのはサンドイッチの袋がそのまま注文票になっている点だ。お客は店頭で袋を受け取り、自分の名前、欲しいサンドイッチの種類、トッピングなどを袋に記入し店員に渡す。店員はその指示通りにサンドイッチを作り、その袋に入れ、お客の名前を呼ぶ、サンドイッチを渡し、会計を済ませる。

この方式だと面倒で(ときにとても時間のかかる)注文プロセスをまるごとお客に投げてしまえる。しかも急いでいるお客にとっても、手の空いている店員を探して会話するよりも自分の注文をささっと書いて渡してしまえば時間も節約できる。

店員との会話が重要な業態もあるので全てに応用できるとは思わないが、時間が貴重になりつつあるビジネスシーンでは、最適な業務配分をお客とサービス提供者で常に再構成する必要があるのかもしれないですね。

Which Wich

http://www.whichwich.com/

サンドイッチの袋がそのまま注文票になっているサンドイッチ屋。

管理人の独り言『プーアル茶』

上海では友人にお茶屋さんに連れて行ってもらった。中国の茶師に入れてもらうお茶はその作法、雰囲気、味、会話(通訳してもらったけど)、どれをとっても一級だった。

いただいたのはプーアール茶。ウーロン茶よりも脂を洗い流す効果が高い。鶏肉を(しこたま)食べた後だったが、一杯飲むとのどごしから実にすっきり。中国文化恐るべし。知らなかったのだが、プーアール茶は年数が経つほど、または産地によって品質が大きく違うのですね。飲ませていただいたのはかな〜り高級なものでした。

プーアール茶は友人が運営しているこちらのサイトが詳しいですよ。勉強になります。

» プーアール茶.com

今日の運動記録

近所を30分走りました。ふー。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.