理論とシステム (New Novelist.com)

SPONSORED LINK

Pocket

理論はシステムに落ちるまで使えない。

好きな言葉である。

知人のコンサルタントが独自の問題解決手法を提唱していて、それを説明するときにそう言っていた。

そこで彼は持論を展開したあとに、紙とペンを使ってどのように問題を解決していくかを説明してくれた。

なるほど、これは使える!と思った記憶がある(それ以後、問題解決はその手法を使っている)。

そう考えるとNew Novelistのソフトウェアももっともだな、と思った。このサイトでは小説を書くためのソフトウェアを販売している。

小説の書き方なる本はたくさん出ていると思うが、それを実際の作業ステップ=ソフトウェアにまで落とした点がすばらしい。

世の中のセミナーをかたっぱしからソフトウェアにしていく会社とかあってもいいかな、と思ったり思わなかったり。

New Novelist

http://www.newnovelist.com/

小説を書くためのソフトウェア。

管理人の独り言『がんばれ社長』

先週の金曜日、がんばれ社長の武沢さんと会食。あいかわらずおもしろい。友人をまじえ、いつもどおり痛飲。いろいろと新しい企画を考えられているようで元気が出る。百式は淡々と続けることが目的だが、そろそろ何か新しい動きが欲しいなぁ、と思ったり。いや、よくよく考えるといろいろやりすぎか。絞るところは絞って集中しますかね。今日はのんびり考えよう。

今日の運動記録

今日も休日なので、ね。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.