何もできない時間 (HeartStart Home.com)

SPONSORED LINK

Pocket

アメリカでは毎年25万人もの人が突然の心臓停止によって亡くなられている。心臓停止が起こった際には10分以内に電気ショックを与えないと生存が危うい。そして心臓停止の70%以上が家庭で起きている。

ならば家庭で電気ショックを与えられるような設備があるべきである。

そう考えたのがHeartStart Homeである。このサイトでは家庭用に認可された電気ショック機器を販売している。大事な人が心臓停止に陥ってしまい、救急車が着くまで時間がかかる場合には有効な手段であろう。

救急車に限らず、何か(や誰か)が着くまで何もできない、というシーンは他にもありそうだ。そんなシーンでなんらかの行動をすぐとれるような仕組みがあるといいのかもしれない。

HeartStart Home

http://www.heartstarthome.com/

家庭で電気ショックを。

管理人の独り言『Type-G』

普段愛用しているバランスボードのまるみつさんからメールが。「新製品のType-Gが出来ました!」とのこと。Type-Gって何だろ?と思い、早速サイトを見てみると・・・。そ、そういうことだったのか。これはいい!
Type-G詳細

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.