注意書きを外す (Remote Lounge.com)

SPONSORED LINK

Pocket

以前ニューヨークでRemote Loungeに行った時は、入口の看板にびっくりした。

「このバーにはプライバシーはありません。何が起ころうとも責任はとりません」(だったかな?)といったようなことが書いてあるのだ。

どういう意味だろうと思いつつ中に入ると納得した。バーには数十のカメラが取り付けられており、テーブルに備え付けられたコントローラーで自由に操作し、自由に写真をとることができるのだ。

しかもその写真はすべてRemote Loungeのサイトに問答無用でアップロードされてしまう。たしかにプライバシーがないのである。

しかしプライバシーという制限を外したからこそ、このような面白い仕掛けが可能になる。

そう考えるとお店や製品に掲げられているさまざまな注意書きを外す方法を考えてみると発想が広がるのかもしれませんね。

Remote Lounge

http://www.remotelounge.com/

プライバシーのないNYCのバー

管理人の独り言『イラストレーター』

ちょっとした機会からイラストレーターの新しい知識を入手。フォトショップはよく使うがイラストレーターはあまり使わないのでなんだか新鮮で楽しかった。勉強してみようかな。

今日の運動記録

腕立020回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.