終わりを見通す (State Ends.com)

SPONSORED LINK

Pocket

「あー、大変だー」などと思ってしまうときは「大変だ」という言葉のイメージに圧倒されているだけで、実際はそんなに大変じゃないことが多い。

そんなことを先日、本で読んだ。そういった状況に陥ったときは、ただ「大変だ!」と思うのではなくて、勇気をもって「最悪の場合どうなるんだろう?」と一歩進めて自問してみる。そうすれば冷静に対処できる場合が殆どである、というのがその本の主張だった。

読んだときはなるほど、と思ったのだが、実際に使ってみるまでこの威力がわからなかった。

この前ちょっとやりにくい人たちと仕事をしたときに、「最悪どうなるんだろ?」と考えてみた。最悪でもたいしたことにならないや、と気付いて冷静に物事を運ぶことができた。単純だが、もう一歩先を考えることでこんなに楽になるものか、と感動した。

漠然と物事のイメージを捉えるのではなく、その先に具体的に何があるか考えてみる。そんな能力が今必要なのかもしれない。

そんなことをState-Endsのサイトを見ながら思い出した。このサイトでは米国のハイウェイの終点に何があるか、その写真を撮って掲載しているサイトである。

どこまでも続くと思われるハイウェイにも終わりがある。同じように、辛いと思われる状況にも必ず終わりがある。

そうした終わりを見通す能力を身につけたい。

State Ends

http://www.state-ends.com/

ハイウェイの終わりの写真を掲載。

管理人の独り言『そろそろ』

東京で百式ナイトでもやりますかねぇ。と思ったり、思わなかったり。ネタも溜まってきたし、総集編とか銘打ってやりたいですね。

今日の運動記録

腕立025回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.