現実を捉えなおす (Its Alive.com)

SPONSORED LINK

Pocket

外に出て遊んできなさい!と言われた思い出はあまりないが、自分の子供ができたらやはりゲームばかりしていないで外で遊んで欲しいものである。しかし外には(子供にとって)ゲームより楽しいものがあるかといわれるとちょっと微妙でもある。

だったら外でゲームができるようなシステムがないだろうか?という発想から始まったのがPervasive Gamingというコンセプトである。

このコンセプトではゲームの世界はテレビやディスプレイの中ではなく、現実の世界である。そしてこのコンセプトでのゲームを提供しているのがIt’s Aliveだ。

同社では携帯電話を使って街の中で撃ち合いやアイテム取得などのイベントを楽しむことができる。その仕掛けは携帯電話の位置情報システムにある。あらかじめ同社がしかけたイベント発生地点に行くと携帯にメールが来たり、他のプレイヤーが近づくと戦闘モードになったりするのだ。

既に三つのゲームがリリースされているが、それぞれ凝ったゲーム設定なので興味のある人は是非サイトを覗いてみて欲しい。

テレビから離れて現実を遊ぶ、というコンセプトはなかなか素敵だ。今現実にあるものに違った意味を持たせられるからだ。そう考えるとビジネスにおいてもこのコンセプトは活用することができるのかもしれない。

特に特殊なセットアップなしに、現実をゲームの世界と捉えなおす。それが出来れば、営業日誌をゲーム展開のように書かせたり、開発工程をゲーム感覚で進めたり、とかなんとかできるのかもしれない。

Its Alive

http://www.itsalive.com/

現実世界を使ってゲームを展開。

管理人の独り言『なんだか』

日本を回りたくなりました。というわけでセミナーを開催するぞ、おー。九州ですな、九州。やはり。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋050回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.