チャネルの開拓 (Relevant Reach.com)

SPONSORED LINK

Pocket

尊敬している経営者の方がいる。彼は毎月自分の近況や、思いついたビジネスなどをニュースレターで配信してくれる。ただしニュースレターといっても、メールではなく、きちんとした郵便である。

この時代になぜ郵便なのか、と聞いたことがある。「確かにコストはかかるが、郵便だと確実に読んでもらえる。この効果は大きい。『あのニュースレターの・・・』と会った瞬間から親近感をもってもらえるのも大きい」、と彼は言う。

確かにメールは便利であるが、メールのチャネルが混みすぎると一通一通の注目度は俄然落ちる。そしてそれは企業にとって問題である。ただし、だからといって郵便にシフトするのも考えものだ。そこには多大なコストがかかるからだ。

だったら、ということでその中間のソリューションを提供しているのがRELEVANT REACHだ。この企業は、ソフトウェア開発会社のためにユーザーとメール以外で連絡をとる方法を提供している。

具体的にはソフトウェアのメニューから、そのソフトウェア専用のメーラーが立ち上がる仕組みを提供している。ユーザーはメールアドレスを登録する必要はない。そのソフトウェアが使われた時点でユニークなIDがユーザーに振られ、そのIDを通してアップデートなどの情報が提供される。

この方式だとメールというチャネルを使わないので他のメールに埋もれることはない。またそうしたメッセージを受け取るのはそのソフトウェアを使っている時だけなのでより積極的に情報を受け取ることができる。

コミュニケーションのチャネルは混みすぎると注目度が下がる。なんでもかんでもメール、という風潮の中、それ以外のコミュニケーションチャネルを開拓していく姿勢が今必要なのかもしれない。

Relevant Reach

http://www.relevantreach.com/

メール以外のコミュニケーションチャネルを開拓。

管理人の独り言『姉』

実の姉に会って食事する。何回言っても『百式』を「ももしき」と記憶している。しかも「何のこと書いてあるのだか、お姉さん、さっぱりわからないわ」とのたまう。やれやれだ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.