改善ポイントの発見 (Invisible Library.com)

SPONSORED LINK

Pocket

INVISIBLE LIBRARYは小説の中に出てくる架空の書物を紹介しているサイトである。小説の中で小説を書く、というのは「二重の創造性」を発揮しなくてはいけないので、なんだかかっこいい。

そう考えると百式も「仮想のドットコム紹介サイト」を紹介したらおもしろいのではないか、などと思ったりもした。ややこしくはあるが。

そしてそこまで考えてみるとおもしろい事実に気が付いた。つまり二重の創造性を発揮することというのは、一つ目の創造性の「改善」ポイントを洗い出しているのではないか、という点である。

自分で小説を書いてみたけれども、この小説に登場させる小説は今自分が書いている小説よりおもしろいことを書いてやろう、といったような心理である。

そう考えると、なにかを作り出している人に、「その中でもう一つ同じものを作るとしたらどういったものを作る?」と質問してみるといいのかもしれない。もしくはそれが複雑になりすぎる場合は「それをもう一度最初から作り直すとしたらどうなると思う?」でもいいのかもしれない。

たまには他の人にそんなチャレンジを浴びせてみるとなんらかの改善ポイントが浮かび上がってくるのかもしれない。

Invisible Library

http://www.invisiblelibrary.com/

小説の中に出てくる小説を紹介。

管理人の独り言『今週』

来週来るアメリカからの友人にちょっとお買い物を頼んだ。またしてもガジェット三昧な日々ですな。楽しみ、楽しみ。報告は後日。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.