プロトタイピングの習慣 (Hunkin’s Experiments.com)

SPONSORED LINK

Pocket

先日Zopeでプログラミングをしていた時に「あー、こんなのわかんねー」と、ずっと思っていたものがやけに簡単に解決した。

解決したきっかけとなったのは単純で、プロトタイピングを行ったからだ。つまり最初から全体を作ることをせずに、単純な部品でまず動作確認をする、という手順だ。

言われてみれば当たり前である。最初からやればいいじゃないか、と思われるむきもあるだろうが、随分プログラミングから遠ざかっていたのですっかり忘れていた。

というわけでプロトタイピングは重要である。ものごとを単純化し、できるところから手をつける。そんな習慣はプログラミングに限らず日常生活においても心がけていたいものである。

そしてそんなプロトタイピングにも似た、日常生活における実験をまんがでわかりやすく紹介しているのがHUNKIN’S EXPERIMENTSである。

このサイトでは「人物のシルエットを正確に描く方法」とか「空中高く飛ぶ方法」だとかの実験が描かれている。こうした実験はすべてどこにでもある道具を使って行うことができるので非常に単純である。

こうした単純な仕掛けで何を達成することができるのか、そんなことを日々考えてみるとプロトタイピングの習慣をつけることができるのかもしれない。

Hunkin’s Experiments

http://www.hunkinsexperiments.com/

日常生活で出来る実験を紹介。

管理人の独り言『朝』

朝に走りにいくと日中眠くてしょうがないことに気が付いた。気合でなんとかなるかと思ったのだが・・・。が、いつも夜走っている道の明るい風景をみるのも悪くない。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.