殺風景な景色 (Sub-media.com)

SPONSORED LINK

Pocket

「地下鉄を走る電車に窓がついているのはなぜだと思う?」

そんなことを小学生の時によく聞かれたような気がする。正解はたしか、地上で作る電車をそのまま持ってきただけだから、だったような気がする。

ふむ、なるほど、なんてその時は思ったものだが、今考えるとこれはチャンスではないかな、なんて思ってしまう。

つまり、地下鉄を走る電車の窓が今まったく使われていないので何かに活用できるはずだ、という発想である。

そしてそんなことを考えたのがSub-mediaである。この企業は地下鉄の窓に映る動画広告の開発をしている。実際にNYの地下鉄では同社の広告を見ることができる。

ただ地下鉄の窓に映るといっても電車の方に仕掛けがしているわけではなくて、地下鉄の構内の壁に静止画を連続して張り付ける手法をとっている。昔見たぱらぱら漫画の要領である。

そう考えると地下鉄の窓のように「殺風景だなぁ」なんて感じているところはまだまだ有効活用できるのかもしれない。「殺風景だなぁ」とか「見るものないなぁ」と思ったときにはそんなことを考えてみるといいのかもしれない。

Sub-media

http://www.sub-media.com/

地下鉄の窓に動画広告。

管理人の独り言『ナイト』

今月も百式ナイトは大盛況のうちに終わりました。金曜日の夜にあれだけ集まっていただけると圧巻でした。また次回もよろしくお願いいたします。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.