自分には関係なかったが (ProtecTV.com)

SPONSORED LINK

Pocket

アメリカの子供向けのテレビ番組では誰一人として死なないし、汚い言葉を使うキャラクターもいない。そんなことを誰かに聞いたことがある。

それだけ親や社会が気を使っているのだろう。しかし残念なことに子供はテレビだけを見ているわけではないし、テレビを見ていたとしても子供向けの番組だけを見ているわけではない。

そこで登場したのがProtecTVである。この機器をテレビにつなげば、内蔵された400ほどのNGワードが番組中に現れると音声がカットされ、かつ、字幕が出ている場合には「XXXX」でテキストが置き換えられる。

ただしこれが実現されるのは「クローズドキャプション」という技術に対応したテレビ番組やビデオのみである。このクローズドキャプションとはもともと耳の聞こえない人のために開発された、テレビやビデオのための字幕である。

この字幕をProtecTVは感知して、適当でない言葉を音声的にもビジュアル的にもカットする、という機能を実現している。

そう考えると、ある人のために準備された技術を、そもそもその技術の対象で無かった人に適用させるような新しい仕掛けは他にも考えられるのかもしれない。

自分にはまったく関係ない、そんな業界をたまには覗いてみるのもいいのかもしれない。

ProtecTV

http://www.protectv.com/

テレビに出てくるNGワードを自動的にカット。

管理人の独り言『NYC』

NYCでは友人とだらだらと過ごす。こういう休みも良いですね。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.