模型と興味 (Paper Landmarks.com)

SPONSORED LINK

Pocket

小学生のころの趣味の一つがプラモデルであった。流行に流されてガンプラも作ったりしたが、一番興味のあったのは戦艦シリーズであった。思えばその戦艦プラモデルを通じていろいろなことを学んだような気がする。

戦艦大和と武蔵は同じ型の戦艦だったとか、巡洋艦とは何、だとかそういうことだ。そしてそんなことにはまっていたから、そのころの歴史には興味を持つことができた。

そう考えると模型を作る、という作業は学習に対する意識を喚起する手法として有効なのかもしれない。そしてそういった観点からすると、Paper Landmarksは地理の学習に対して有効だと思う。

このサイトでは世界の有名な建造物をペーパーモデルで販売している。これらは、耐久性の高い紙を使い、部品は既に切り抜いておくことにより、高品質のペーパーモデルを組み立てることができるようになっている。

実際にエッフェル等なんかを組み立ててみればパリの地理にも興味が湧くだろうし、結果として地理という教科に興味を持つことができる。

また学習に限らず、興味を持たせるために組立模型というメディアを使うのはおもしろいアプローチかもしれない。ただの映像や静止画による商品説明ではなくて、模型を提供することで商品説明を体験してもらい、購買意欲を喚起する。

そんな模型マーケティング、なんて考え方も可能なのかもしれない。模型、という仕掛けをあなたのサービスや商品にどのように活用できるか考えてみるといいだろう。

Paper Landmarks

http://www.paperlandmarks.com/

世界の建造物をペーパーモデルで。

管理人の独り言『一分映像』

昨日はミニッツムービーフェスティバルが開催されました。皆さんの暖かいサポートでじんわり楽しくなっています。いい感じ。ところで来週の百式ナイトの一分映像のテーマは「えん」です。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.