局所的に通用する言葉 (Slanguage.com)

SPONSORED LINK

Pocket

有名な話であるが、マクドナルドは関東では「マック」で、関西では「マクド」である。伝統的な方言ではなくて、このような俗語的な方言をなんと言えばいいのだろうか。方言といえば方言のような気もするがなんだか違うような気もする。

そんなことを考えていたらSlanguageのサイトを見つけた。SLANG=俗語、LANGUAGE=言語、ということでこのサイトではアメリカ及びカナダのそうした俗語っぽい方言を掲載している。アメリカにも俗語的な方言があるらしい。

調べてみると確かにその地方の人にしか意味不明なんだろうなぁ、という俗語的方言が並ぶ。例えばオハイオ州のシンシナティ市では「ビックマックブリッジ」という言葉があるが、これはシンシナティ市からケンタッキー州へかけられた橋を意味する。他の都市から旅行してきて「そこへ行くならビックマックブリッジを渡るといいよ」と言われたとしてもきっと地図にはそんな橋は見つからないだろう。

他にもダラスで「テキサスキャデラック」といえば「トラック」のことだったり、ミネアポリスで「プリンス」といえば「ミネアポリス出身の歌手」だったり、なんて情報が掲載されている。その地方に旅行に行く時は見ておいて損はないだろう。

またこうした俗語的方言とはちょっと違うが「局所的にしか通じない言葉」といえば以前アメリカに行ったときに「そのハンバーガーチェーンでしか通じない頼み方」というのがあってそれはおもしろかった。メニューにはどこにも書かれていないのだが「○○バーガー、アニマルスタイルで」なんて頼み方をするのだ。

そのハンバーガーチェーンはその地方にしかないので、外国や他の地方から来た人はメニューにも書かれていない頼み方をしているローカルな人たちに驚く。そんな驚きからここでもう一回食べて見ようだとか、ここについてもっと調べて見ようとかの考えがわく。

そう考えてみると、局所的に通用する言葉を意図的に創り出し、マーケティングに活用してみるなんて考え方も可能なのかもしれない。

Slanguage

http://www.slanguage.com/

地方でしか通じない俗語的方言を掲載。

管理人の独り言『NURSERYPHOTOS』

こ、こいつはすげぇー!と思って記事をなかば書いたところでジョークサイトだということが判明。まじかいな。あまりに見事にだまされたのでしばらくやる気失ってしまいました。更新遅れてごめんなさい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.