二つの質問と発想の拡大と (joltage.com)

SPONSORED LINK

Pocket

「それは何をするためのものなのか」、「本当にそうだろうか、逆は考えられないだろうか」、という連続する二つの質問はよく使う。この二つの質問をすることによって製品なりサービスなりの本質がまず明確になり、そしてさらに発想を拡げることができるからだ。

例えば次のような会話の流れが考えられるだろう。

「このサービスは何をするためのものだろうか」
「このサービスは消費者にインターネットアクセスを与えるためのサービスです」
「本当にそうだろうか。逆に消費者がインターネットアクセスを与えられるようなサービスは考えられないだろうか」

といった具合である。そしてまさにそんな発想をしたのがjoltageである。このサイトでは無線LANを持っている人たちがプロバイダーになれるという画期的なサービスを提供しているのだ。

無線LANを持っていて、joltageのソフトウェアを使えば、あっという間に無線LANサービスを周りの人に提供することができる。周りの人はjoltageの会員になることによってそのサービスを享受することができる。そしてその接続料金の一部が無線LANを持っている人にキャッシュバックされる、といった仕組みだ。無線LANのアフィリエートプログラム、とでもいった具合である。

それが何のためのものなのか、その逆は考えられないだろうか。そんな二つの質問をいつもポケットにしまっておくと画期的なサービスなり製品なりが考えられるのかもしれない。

joltage

http://www.joltage.com/

無線LANを持っている人がプロバイダーになれる。

管理人の独り言『CATAN』

先日購入した「カタン」を友人とプレイ。午後1時から初めて「もうそろそろ食事に行こうか・・・」と疲労困憊してプレイ続行を断念したのが午後11時すぎ。実に10時間ぶっつづけで「も、もう一回やりますか」が続いた。こりゃ、おすすめです。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.