ウェブ体験の出力 (Actuality-Systems.com)

SPONSORED LINK

Pocket

最近はウェブでさまざまな種類のデータが扱えるようになった。そんなデータのうち、見ていてわくわくするのはやはり3Dのデータである。特にアニメーションなんかが絡んでぐりぐりまわりまくるやつなどとても気分がいい。

しかしそんな気分もブラウザという表現上の制約があるため、どこか抑制された感じであることは否めない。そして、そんなフラストレーションを感じているならACTUALLY-SYSTEMSの3-Dディスプレイがおすすめだ。

水晶型のこのディスプレイは立体データを本当の立体にして表示してくれる。よくSF映画などで見る立体ホログラムのようなものを思い浮かべるといいだろう。また立体データはリアルタイムに送信されるので、立体データのアニメーションなんてのも表示可能だ。

このディスプレイを使えばウェブやゲーム、もしくは工業用デザインなどでより豊かな情報をやりとりすることができるだろう。考えただけでわくわくしてしまう。

立体データに限らず、データをよりリアルで豊かに表現するためにはどういった出力装置が必要か考えてみるとおもしろいだろう。もしかしたらウェブ体験などとよばれるウェブ上での心理的な体験も出力できる装置が開発可能なのかもしれない。

Actuality-Systems

http://www.actuality-systems.com/

水晶型立体ディスプレイを販売。

管理人の独り言『おめでとう!』

ビールだと思って勢いつけて飲んだらワインでした。ちょっとびびった。しかし楽しい結婚式でした。いずる、ちかちゃん、結婚おめでとう。末永くお幸せに。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.