ハードルを下げる (Power Ski.com)

SPONSORED LINK

Pocket

面白そうなんだけど、面白い!と感じられるまでちょいとハードルの高いものって結構ある。自分にとってサーフィンもその一つである。

過去一回だけ挑戦したことがあるが、高い波と前日の二日酔いに翻弄されあまりいい思い出がない。「サーフィンっていうのは(一息ついて)やり終えて陸に上がってくるときは誰もが平等だ」なんて苦し紛れの格言っぽいものをはいてみてもちっともかっこよくなかった。

しかしサーフボードがあたって目の下とか切ってでもやろうっていう輩がいるのだからきっと命をかけるほどスリリングかつエキサイティングなのだろう。ちょっとでもその面白さを感じることができていたなら今頃ははまっていたかもしれない。

そんなことをPower Skiを見ていて考えてしまった。Power Skiは動力内蔵のサーフボードだ。波があろうとなかろうと関係ない。ざぶざぶとサーフィン気分(あくまでも気分だろうが)を味わうことができる。

最高時速72km、重さ18kg、厚み16.5cmのこのサーフボード、サーフィンはちょっとハードル高いなぁ、でもやってみたいなぁ、なんて人は試してみてもいいかもしれない。

サーフィンに限らず、ちょっとハードルが高いなぁと思われる楽しみのそのハードルをちょっとだけ下げてあげられたら。そこらへんにビジネスのネタがあるのかもしれない。

Power Ski

http://www.powerski.com/

動力内蔵のサーフボード。

管理人の独り言『サーフィン』

サーフィンをしている人に聞くと本当に楽しいらしい。見ていてちょっとうらやましくなるぐらいだ。世の中はまだまだ広いなぁ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.