出口を与えて迷わせる (Corn Field Maze.com)

SPONSORED LINK

Pocket

昔プログラミングを始めたばかりの頃に迷路プログラム作りにはまったことがある。作ったあとは20個ぐらい迷路を自動生成して印刷し、授業中にひたすら解く、なんてことをやっていたものだった。懐かしい。

右手法、なんてのもそのとき学んだ手法である。これは必ず迷路から抜け出すための手法で、壁に右手をつけるようにして歩いていくと必ずいつかは出口につける、という手法である。左手でもよいのだけれど。

他にも迷路を作るための効率的なアルゴリズム、迷路の解法作成のアルゴリズムなんてのも学んだような気がする。自分のプログラミングの歴史は迷路とともにあるといっても過言ではないだろう。

なんてことをCorn Field Mazeを見ながら思い出してしまった。このサイトを運営している企業はとうもろこし畑を使った巨大迷路の運営をしている。1996年以来200もの迷路を作ってきたというから驚きだ。

またおもしろいのはこの迷路を学校の教材としても活用している点だ。生徒は迷路のあるポイントでクラスで習った事柄について質問をされる。それに正解すると出口へのヒントをもらえる、といった仕組みになっている。なるほど。

効果的な学習には楽しみが必要である。そして迷路においては道に迷うことは出口を見つける楽しみでもある。出口を与えて意図的に迷わせること、ここらへんに新しいモチベーション手法が隠されているのでは、と思ってみたり。

Corn Field Maze

http://www.cornfieldmaze.com/

とうろもこし畑の巨大迷路を提供。

管理人の独り言『今年も』

今年ももう19日である。早かった、が、充実感もある。来年もがんばろう、なんて思ったりするがまだまだ年内に達成したいことがあるなり。さてがんばりますかね。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.