時間の軌跡 (Browse 3D.com)

SPONSORED LINK

Pocket

人はどこから来て、どこへ行くのか。そんな人類の命題にも似たものをBrowse 3Dを見ていて思い出した。

Browse 3Dはさっきまで見ていたサイト、今見ているサイト、これから見ることのできるサイトをざっと見渡すことの出来るソフトウェアを提供している。

このソフトウェアでは部屋のメタファーを使い、正面の壁には今見ているサイト、左側の壁には今まで見てきたサイト、右側には今見ているサイトからリンクの張られているサイトを画面のスクリーンショットで表示してくれる。

最近は「ウェブ体験」という言葉が一部で流行っているが、体験を時間軸で捉えるサービスはいまだ模索の段階である。BROWSE3Dもそのような試みの一つといえるが、今後ますますそういったサービスは増えていくのではないだろうか。

今までどのサイトを見てきたかの軌跡を自動的に録画して友達に送れるサービスとか、ひとしきり見たサイト群のサマリーを自動的に生成してメールで送ってくれる機能とか。

考えれば結構便利なサービスはあるように思われる。ちょっとブレストしてみるとおもしろいかもしれない。

Browse 3D

http://www.browse3d.com/

サイトを時間軸で見せてくれるブラウザを開発。

管理人の独り言『もんじゃ』

友人ともんじゃ焼きへ。ひさしぶりにもんじゃに行ったのだが、やはり楽しい。みんなで何かを作る、という雰囲気がよい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.