欲望を抑えるシーン (Stepcast.com)

SPONSORED LINK

Pocket

非効率性が潜むところには市場がある。効率化によって価値を提供できるからだ。そう考えると「贈り物」というシーンにはまだまだ市場が潜んでいるように思われる。

贈り物はなによりも気持ちが大事なのはいうまでもないが、贈る方にしてみればできるだけ相手が喜ぶようなものをあげたいし、贈られる方にしてもできるなら自分が欲しいものを贈られたい。このジレンマを解決する仕組みは市場価値を生み出せそうである。

Stepcastが提供する「WISHLIST」はそういった試みのうちの一つである。WISHLISTを使えば「自分がこれが欲しい!」というものをリストにしてウェブ上に公開することができる。この人に贈り物をしたい人はそのリストを見て確実にその人が欲しがるものを贈ることができる、というわけだ。

人はとかく「自分が欲しいものを自分から言い出すなんて図々しい・・・」と考えがちである。しかしWISHLISTのような仕掛けを使って自分の欲望に正直になってみることで万事丸く収まることも結構ある。

贈り物のように「欲望を抑えることが美徳」と思われているシーンにはまだまだいろいろな仕組みが考えられるかもしれない。

Stepcast

http://www.stepcast.com/

自分が欲しいものリストをウェブ上に公開。

管理人の独り言『にんじんケーキ』

友人の奥さんににんじんケーキを作ってもらって友人と三人で紅茶といっしょにいただいた。都会の喧騒を忘れることができた一時だった。感謝。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.