マジカルな発想 (Kontiki.com)

SPONSORED LINK

Pocket

ブロードバンド時代到来!と騒がれつつあるが、そのような時代には「いかに効率的に大量のデータをクライアントまで配信するか」が一つの鍵であったりする。

Kontikiはその問題にP2Pの技術を活用して解決策を提示する。つまりAさん、Bさん、Cさんにデータを配信するのにサーバーから三人に向けて一括配信するのではなく、まずAさんに配信、配信された分のデータからAさんはBさんに配信、同様にBさんはCさんに配信する、というアプローチをとっている。この方法だとサーバーに負荷がかからずにより効率的に(速く)データを配信できる。

この技術を使ってKontikiでは消費者向けにはマルチメディアデータ管理ソフトを提供する予定である。従来よりずっと早く音楽や映画をダウンロードできるのが売りである。

しかしKontikiがビジネスとしてブレークしそうなのは対ビジネス向けのデータ配信サービスである。これを使えば今まで不可能だった「ある時間きっかりにデータを配信する」ことが可能になるからだ。

通常、インターネット上のデータの配信時間はネットワーク上のトラフィックに依存しているため未知数である。しかしKontikiの配信ネットワークではあらかじめデータを効率的に配信しておいて、ある時間が来たらそのデータへのアクセスを許可する、という方法をとっている。この技術は、音楽や映画など時間を指定して配信したいメディアにとって多大な需要が見込めるだろう。

時間どおりに配信するのではなくて、あらかじめ配信しておいて指定時間にロックを解除する、という発想の転換は、手品の発想に似ている。つねに聴衆の一歩先(One Step Ahead)を考えて今まで不可能だったことを可能にしているからだ。

手品のエッセンスはビジネスにも応用可能なのではないか、とKontikiを見ていて思ったりした。今度本屋にいったら手品の研究書を手にとってみてもいいかもしれない。

Kontiki

http://www.kontiki.com/

P2P技術を活用してデータ配信ネットワークを構築。

管理人の独り言『Inno-Lab』

キノトロープ社オン・ザ・エッジ社、パイナップルカンパニーが共同で立ち上げるWEBプロデューサー養成機関のイノベーションラボの開講記念セミナーに参加した。優れたWEBプロデューサーを多数輩出して日本のWEB文化を向上させてもらいたい、と切に願う。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.