Googleキラーの登場 (Teoma.com)

SPONSORED LINK

Pocket

さて、今回は気合を入れて説明に集中してみよう。ちょいと長くなるが、既に海外ではGoogleキラーの呼び名が高いTeomaは今後日本でも注目される可能性大!だからだ。

Google以上のヒット率を誇るだろうと言われているTeomaの仕組みを説明するにはGoogleの仕組みをまず説明したほうがわかりやすいだろう。

Googleの仕組みを知るためには「ページランク」の概念をまず理解する必要がある。ページランクとはGoogleの基本的な仮定である「より多くリンクされているサイトはより良いサイト」より算出される、WEBページの点数みたいなものである。より多くリンクされていればより高いページランクを持つ、ということだ。

さてそのページランクを理解した上でGoogleの仕組みを簡単に説明しよう。まずGoogleではWEB全体のリンク構造を解析して全部にページランクをつける。その後ユーザーが検索をかけたときに、検索語に合致するサイト群を抽出、ページランク順に表示する、というアプローチをとっている。

ただしTeomaのアプローチは逆である。Teomaでは「まず検索語にマッチするサイト群を抽出」する。その後にGoogleと同じように「その検索語に合致したサイト群だけで」リンク構造を解析し、その中で表示順を決める。

この方法だとより関連のあるページ群の中でのリンク構造を反映しているため、より検索精度が高くなる、というわけだ。ちょっとした発想の転換であるがこれだけで検索精度がぐっと高くなることは容易に想像がつくであろう。

また検索結果の表示方法においてもTeomaはユニークなアプローチをとっている。Teomaの検索結果は三つに分類される。まずは普通の検索結果リスト。そして検索結果を分野ごとに分類したグループリスト。そして最後は検索結果の中でもリンク構造のハブになっているサイトを抽出した「Expert Link」である。

この「Expert Link」がまた秀逸で、検索結果のサイト群の中でも特に「リンクが集まっているところ」のサイトを抽出してくれる。わかりやすくいうとそのトピックに関する「リンク集」が取り上げられているといえるだろう。よくわからない概念を調べるときは一つ一つのサイトより、リンク集をさっと眺めた方が効率的な場合がある。そんなときにExpert Linkは威力を発揮する。

今回はついつい熱くなって堅い文章で説明してしまったが、それだけ注目に値する久々の秀逸サイトである。

さてこのTeoma、今はまだベータテスト中であるが、Googleキラーになるかどうか、今後要注目!である。

Teoma

http://www.teoma.com/

Googleを超える?と噂される検索エンジン。

管理人の独り言『NetVenturesBK』

NetVenturesライブに行って来た。ライブ&ビジネスポエトリーリーディングのパフォーマンスはかなりやっちゃっていた。たまに飛び出すビジネス系のためになる話もなんだかずるくていい感じである。次回も行ってみよう。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.