前向きに進む (I just got fired.com)

SPONSORED LINK

Pocket

大学を卒業して就職するときに「お前は就『職』するんだ、就『社』ではないぞ」とよくよく言われた。どの会社に入るかは重要ではなく、どの職業を身につけるかが重要なのだ。

アメリカの友人はそこらへんをかなりよく理解していると思う。「卒業後はどこそこの企業に」と言う人が日本人には多いが、彼ら/彼女らは「卒業後はこのスキルを身につけるためにこの企業に行く」と言う人が多い。勤める会社は人生の目的を達成する一つの手段でしかないのだ。

そういった意味でアメリカ人にとって企業を退職するとかクビになる、という事態はそれほど深刻ではないのであろう(あくまで比較論において)。

I just got firedでは退職やクビになった人のためにYOURNAME@I just got fired.comの転送メールアドレスを提供する。登録する際には退職時のコメントを投稿することもでき、そのコメントが公開されているのもご愛嬌だ。

「勤め先が変わりました。今後はXXXX@I just got fired.comまでメールをお願いします」なんてしゃれているではないか。退職やクビという一つのイベントを笑い飛ばし、前向きに進もうとする姿勢をそこには感じる。

I just got fired

http://www.ijustgotfired.com/

退職したときの転送メールアドレスを提供。

管理人の独り言『伊藤穰一さん』

ひょんなことからネオテニーの伊藤穰一さんの講演を聞く機会に恵まれた。Context、という言葉が妙に記憶に残った。Context。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.