リアルなセキュリティ (Wherify Wireless.com)

SPONSORED LINK

Pocket

この前友人がこう言っていた。「夜道を一人で歩くときは携帯でしゃべりながらがいいよ。本当に電話をかけてもいいし、かけなくてもいい。誰かとしゃべっているとわかれば襲われる可能性は低くなるからさ」。

なるほど。しかしそんなに物騒な世の中になったのかと思うとちょっと悲しい。

Wherify Wirelessでは腕時計にGPSとPHSの機能を組み込んでの位置確認サービスを提供する。迷子になりやすい子供やペット、老人につけてもらっておけば、万が一の時に位置を確認できる、というわけだ。

おもしろいのはWherify Wirelessの腕時計には「緊急用ボタン」がついていることだ。この緊急用ボタンは夜道で襲われたときや誘拐されたときなどに押すとすぐ警察が駆けつけてくれる、という優れものだ。電話で警察を呼ぶと今どこにいるか伝えなくてはいけないが、この場合ボタンを押すだけでいい(ちなみにボタンは2つあるのでうっかり押してしまうことはない)。

この腕時計とサービス、2001年夏にサービス開始予定である。価格は腕時計が$300前後、あとは位置確認情報サービス及び緊急時対応サービスを組み合わせて月々の費用がいくばくかかかる(値段は未公開)。

認めたくはないが、物騒な世の中になっているのは事実である。リアルなセキュリティのビジネスに情報技術がどのように活用できるかもう一度考えてみたい。

Wherify Wireless

http://www.wherifywireless.com/

腕時計を使った位置確認情報サービス。

管理人の独り言『人に会う』

最近仲のよいaxiv.comの尾関さんとイベントすることにしてみました。どうなるかよくわかりませんが、まぁ、何もしないよりはやっちゃえ、という感じです。日常に刺激を求めてみたい方はこちらをどうぞ。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.