生き抜く (Worst Case Scenarios.com)

SPONSORED LINK

Pocket

先日自転車で走っていたら、なんか白いものが足元に!?なんて思った瞬間、自転車から投げ出されていた。

猫をひいてしまったのだ。

さすが猫、柔軟に体をひねってすばやく走り去っていったが、自分は道路の上に投げ出され、かなりカッコ悪い。ただ、手の平をちょっと切っただけで頭も打たなければその他の損傷はなかった。

これもやはり合気道や柔道をやっていたせいなのかな、と感謝してみたりする。受身ってすばらしい。

さて、その程度ならよいのだが、最近は物騒になってきたのであらゆる状況に対処できるようにしておきたい。Worst Case Scenariosは「最悪の状況におけるサバイバルの仕方」についての情報が満載である。

さめに教われたとき、高いところから飛び降りなくては行けないとき、どうしたらよいか?必ずしもベストではないがご参考までに、という但し書き付だが、その道のエキスパートからのアドバイスをこのサイトで読むことができる。

一度読んでおくと意外な時に役に立つかもしれない。そうでなくても、最悪の状況にいかに対処するかの身構えは生活、仕事のあらゆる面で必要である。緊張感をもって生きていきたい。

ただし、最悪の状況をいかに回避するか、が最も重要である。

Worst Case Scenarios

http://www.worstcasescenarios.com/

最悪の状況に陥ったときに生き残る方法を紹介。

管理人の独り言『日本でも』

この話題は日本でもTVや本などで取り上げられているからご存知の方も多いかもしれない。でも、この話題に関しては、より多くの方に知ってもらいたいと思いとりあげてみました。何が起こるかわからないですからね・・・。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.