持ち主という視点 (Mandiberg.com)

SPONSORED LINK

Pocket

今日は土曜日でもあるので軽い話題で。

SHOP Mandibergは、ニューヨーク在住のアーティスト、MICHAEL Mandibergが開設した「自分が持っているものを全て売っぱらってしまうサイト」である。

サイトには本やら服やら、文房具やらがずらりと並ぶ。サイトを見た人は気に入ったものがあればそれをオンラインで購入することができる。

オークションサイトでもこういった個人の所有物を買えるが、「誰のもの」という視点を意識することはない。商品群を「所有者」という新しい切り口で提示したところがすばらしい。

このサイトを見ていると、あたかもMandibergの家にずかずかと入り込んで彼の持ち物を物色しているような奇妙な感覚に陥る。

試みは面白いけど、本当に売れるのか?と気になる人はトップページから「See everything sold」を見てほしい。結構いろんなものが売れていることがわかる。

B2Cはお金にならない、というのが業界の常識になりつつあるが、Mandibergのようにちょっとしたひねりを加えれば実際に売上がたつのだなぁ、と思ってみたりする。

Mandiberg

http://www.mandiberg.com/

MANDIBERGさんの持ち物がここで全て販売される。

管理人の独り言『悪寒』

通勤途中にやたら悪寒がするなぁ、と思ったら午後になってさらに悪化。予定されていた遊びをキャンセルして帰って寝たらすっかり良くなってしまった。昨日遊ぶ予定だった人、ごめんなさい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.