広告と購買地点の距離 (Seen On TV.com)

SPONSORED LINK

Pocket

広告と、その広告から引き起こされる購買行動の間の「距離(時間的及び空間的)」は短ければ短いほど有効である。つまり、広告をみた瞬間に、その場で買うことができる、というのが理想だ。

テレビが優れた広告媒体であることは誰もが認めることであるが、その「距離」の点から言えば(テレフォンショッピングを除けば)、まだまだ改善の余地がある。

無論、次世代デジタル放送ではその「距離」はぐっと縮まるだろう。しかし、それまではSeen On TVが行っているサービスが素敵かもしれない。

Seen On TVはその名のとおり、「TVで見たもの」を検索し、購入することができるショッピングサイトである。「TVで見たもの」にフォーカスしているところがミソである。テレビで見て探しまわったけどどこにもなかった、という痛い経験を持った人にアピールするからである。

広告と購買地点(そんな言葉あるんかいな?)の距離に思いをめぐらせてみると新しいサービスが生まれてくるかもしれない。

Seen On TV

http://www.seenontv.com/

テレビで見た商品をWEB上で購入。

管理人の独り言『今日はいよいよ』

今日はいよいよ503iの発売日。いっとくかぁ。やはり狙いはP503iだな。うん。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.