入力スピード (Handy Key.com)

SPONSORED LINK

Pocket

「なぜキーボードの配列は一見でたらめのように思えるQWER・・・となっているのか?」

正解はわざと遅く打たせるためである、と読んだことがある。タイプライターが商品化された当時、あまりに人が早く打ちすぎると機械の方が追いつかなくて故障してしまう、ということだったらしい。

結局その当時のキーボード配列が現在にまで受け継がれているのだが、すっかり普及してしまったために人はその配列でも充分早く打てるようになった。

が、迅速な入力方法への追求はとどまるところを知らない。

HANDKEYが開発したTWIDDLER2はそんな入力機器の中でもかなり独創的である。

TWIDDLER2は片手で入力ができるキーボード+マウスである。片手で握ったときに、人差し指から小指までを使ってアルファベットを入力し、親指はSHIFT/CTRL/ALTキーに当てる。

また、「マウスキー」なるものが存在し、そのキーを押しながらTWIDDLER2を空中で上下左右させるとマウスカーソルがそのように動く、といった驚きの機構だ。

思考の速さで入力、というのが究極の入力スピードなのだろうが、はて、そこまで到達するのに何年必要だろうか。

Handy Key

http://www.handykey.com/

キーボードとマウスが片手で扱える入力機器。

管理人の独り言『携帯電話』

現在P501iをt使っているが、すっかり古い機種になってしまった。今度発売の503iシリーズは速攻で購入しよう。今度のはiアプリ開発キットが公開されるため、かなりの便利さが期待できる。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.