辞書のよさ (Tech Encyclopedia.com)

SPONSORED LINK

Pocket

情報革命というが、それはとりもなおさず情報洪水でもあったりする。特にIT系の用語は常に勉強をしていないとあっという間にわからない言葉だらけになる。

Tech EncyclopediaではIT関連用語の「定義」を簡潔に説明してくれる。

このサイトの良いところは、ご丁寧に図解できるものは図解されていて、直感的な理解を促進してくれるところだ。またIT系の資料なんかを作っているときはそのまま流用できたりして便利だ(社内資料に限りましょう)。

また、さらに便利なのはそれぞれの語句説明の最後についているリンクである。このリンクでは、

・アルファベット順で前後に並んでいる語句へのリンク
・検索した用語を部分的に含む語句へのリンク

を表示してくれる。

思うに紙の事典・辞書の良かったところは、一つの用語を調べたらその前後に何が載ってい るかを無意識に見ていてついでにそれらも勉強してしまう、といったことだった。

今までのデジタルな事典・辞書は検索性に優れているが、その一語だけしか説明してくれなかったため、上述のような利点がなかったが、このサイトは上のように「紙の辞典・辞書」のよいところを引き継いでいる。

アナログのよいところは受け継ぎつつ、デジタル化をすすめている良い例である。

Tech Encyclopedia

http://www.techencyclopedia.com/

技術系用語を丁寧に解説。

管理人の独り言『合気道』

また合気道にいってきた。先生が行う簡単そうに見える動作一つも実は練習に練習を重ねないと習得できないものだと(ちょっと)悟り愕然とする。お、奥が深い。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.