ウォー・フォー・タレント! (Employee Marketing.com)

SPONSORED LINK

Pocket

「War for Talent」という言葉がある。なぜか日本ではあまり聞かないが、欧米の経営者の間で現在最もホットな言葉である。「War for Talent」とは、その名のとおり、「才能ある人材を獲得するための競争」である。

昨今の技術革新は企業活動にも大きなインパクトを与え、その活動の高度化、迅速化が企業にとって急務である。そしてそのような活動を支えるのは今まで必要であった勤勉な社員だけではなく、アーティストのようなセンスも持つ人材であったり、ネットを自在に操れる知識をもった人材であったりする。これらの新しい人材は特にITの分野においては、持つものと持たざるものの差が激しい。才能の分野においても収穫逓増の理論が働いているのである。

いかに(ITの才能を)「持つもの」を獲得するかが急務である現在において、企業と社員の関係も変わりつつある。社員も顧客なみに「マーケティング」を駆使して確保する必要がある。

Employee Marketingではその名が示すとおり、社員の獲得、保持にもマーケティング理論を応用し、企業にそのためのコンサルティングサービスを提供する。

この時代、「持つもの」をいかに囲い込むか、そこに企業の生命線がかかっているといえよう。

Employee Marketing

http://www.employeemarketing.com/

従業員に対するマーケティングのサービス。

管理人の独り言『今日できること』

を明日に伸ばすような、そんないけていない習慣が最近ついていたように思う。いかん、そんなことでは!やれるときにやることは片付ける!

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.