新労働力市場2 (GURU.com)

SPONSORED LINK

Pocket

このGURUというサイト、まず「グル(導師)」という言葉の響きがその当時、社会的によくない、という理由で以前取り上げるのを止めたのだが、最近よくアメリカの友人などに聞くのであらためて取り上げてみたい。

人材不足である。多くの業界で企業のスピードが競争力に大きく影響するこの時代において、即戦力となる人材は企業にしてみれば喉から手が出るほど欲しい。そういった背景からGURUは生まれた。

GURUは、フリーランスとフリーランスを求む企業を結ぶ場を提供するサイトである。職を求めるフリーランスはGURUにて「GURU」として自分を登録し、職を求めている企業を検索したり、企業から声をかけられたりしてダイナミックに職さがしを行うことができる。一方フリーランスを求める企業はGURUに登録されているフリーランスを検索して適切な人材を発掘できる。

ただし、このGURU、なんだか個人的にはあまり好きになれない。企業とフリーランスの関係があまりにもドライでないか、と思う。終身雇用がいいとは一概には思えないが、ある程度長期的なコミットメントが企業を、そして個人を強くしていくような気がする。

自分の考えはもう古いのだろうか。

GURU

http://www.guru.com/

スキルを持つ個人と企業を結ぶ人材マッチングサイト。

管理人の独り言『購読者数』

サイトと同時にメールマガジンをしているが、おかげさまでまぐまぐは現在879人、PUBZINEは45人の購読者がいる。メールマガジン発行を通じて広告の効果などいろいろ勉強になった。次はアクセスログの分析など行ってみたい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.