逆検索でいこう (Who Built It?.com)

SPONSORED LINK

Pocket

WHOBUILTITではサイトのURLを入力するとそのサイトを作った人を教えてくれる。ネットをサーフしていると、「おっ、きれいなサイトだな」とか「わかりやすいサイトだな」と思うことがあるが、誰が作ったサイトかはわからないことが多い(たまにdesigned by …とあるときはそうでないが)。

また、WHOBUILTITではそうしたサイトとサイトの作成者がわかるデータベースを「REVERSE DIRECTORY」、サイト作成者を検索する行為を「REVERSE SEARCH」と呼んでいる。普通の検索サイトではURLを検索結果とするのに対し、このサイトではURLをもとに検索するからであろう。なんということはないがこういった「発想の逆転」系のアイデアは大好きである。やはり人と同じことをやっていてはしょうがない。

さて、WHOBUILTITのこのサービス、自分のようにサイトを運営している側にしては結構便利である。サイトの作成などしていると、往々にして他のサイトのデザインやコンテンツからインスピレーションをいただくことも多い(ぱくり、ともいわれる)。気に入ったサイトが見つかったときには、「このサイトを作った人の作品をもっと見てみたい」と思うことが多々ある。そういったときはWHOBUILTITでサイトデザイン会社のホームページを検索、そこからそのデザイン会社の他の作品が閲覧できる。

WHOBUILTITに登録されていなくてサイト作成者が検索できないサイトもまだ結構あるが、ちょっと気に入ったサイトがみつかった場合は試してみるとおもしろい。

Who Built It?

http://www.etour.com/

サイト製作者を検索できる。

管理人の独り言『ネットバブル』

日本のネットバブルたるやどう動いていくのだろうか?バブルでない、という人たちもいるが、株価が売上の1400倍という事態は結構異常でしょう・・・(最近下がってきたが)。バブルがはじけたときに本当に収益の生まれる体制にあるネット系の会社がいくつあるだろうか?起業ブームは大歓迎だが「儲かる仕組み」がわかりにくすぎるビジネスモデルは見ていてちょっとあぶなっかしい。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.