共通アイテムを持て! (iPrint.com)

SPONSORED LINK

Pocket

人には集団帰属欲求というものがあるらしい。自分が集団に属していることでなんだか心地よい、とは誰もが感じるところであると思う。その気持ちを高めるための「共通アイテム」というのは結構重要であったりする。それは「チーム名」などの目に見えないものから新撰組の羽織のような肌身離さずつけているものだったりする。

前置きが長くなったが、iPRINTではそういった「共通アイテム」をオンラインで創ってくれる(上記のようにこの会社が考えているかは不明だが)。マグカップやTシャツ、ポストイットなどのアイテムに好きなメッセージや図、写真を印刷してくれるサービスである。アイテムの選択、デザインなどは全てWEB上で行われ、WEB上で完成イメージをみながら作成作業を進めることができる。完成したらその場で注文、あとはアイテムが配送されるのを待つだけである。このiPRINT、取り扱っているアイテムは結構豊富でデザインの自由度も高い。また、作業途中のアイテムを一時サイト上に保存できるところも評価できる。

ビジネス的な観点からいうと、アメリカではよくプロジェクトが立ち上がるたびにTシャツなどを作る。そのTシャツを身につけているだけで「よしがんばるぞ」と思ったり、チームメンバーとの一体感も強くなったりする。「共通アイテム」がビジネスの作業効率に与える影響って結構大きいのでは、などと思う。

日本のビジネスシーンではそういった「共通アイテム」といったものが見当たらない。あっても社名入りの封筒などである。常にチームとの一体感を感じられる、そういったアイテムの採用って離職率の高い昨今では結構必要かもしれない。

楽しいし。

iPrint

http://www.iprint.com/

印刷サービスに特化したサイト。

管理人の独り言『カシオの腕時計』

カシオから音楽プレイヤーのついた腕時計が発表されたが、その商品を企画した方の記事が日経に載っていた。彼の主張に「究極のウェアラブルコンピュータは時計。シャワーにはいるときに最後まで身に付けているのは時計と指輪ぐらいでしょ」とのことだった。それはそうなのだが、時計も指輪もデータの入出力を行う口や目、耳から遠すぎる。僕が思うに究極のウェアラブルコンピュータはめがね、だな。

今日の運動記録

腕立000回、腹筋000回、背筋000回やりました。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.